平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


May J.さん 1年ぶりのライブは1曲目のイントロから涙が…
May J.さん(シンガー/32歳)  アニメ映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌(2014年)が大ヒット、今年はデビ...
2021-06-07 18:43 エンタメ
「博多っ子純情」長谷川法世さん 地元福岡でライフワーク
【あの人は今こうしている】  長谷川法世さん(75歳・漫画家、脚本家)  チューリップ、海援隊、長渕剛ら福岡出身のミ...
2021-06-07 17:03 エンタメ
PANTAさんは71年の三田祭で“ステージ・ジャック”をやった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#48  5月29日に「新型コロナワクチン」の1回目の接種を済ませた。「蚊に刺...
2021-06-07 17:03 エンタメ
夏目&有吉、新垣&星野…BIGカップルは婚活市場も動かした
 “逃げ恥婚”で世間を賑わせた新垣結衣(32)星野源(40)と。ドラマの共演時から〈お似合い〉〈付き合っちゃえばいいのに...
2021-06-07 17:03 エンタメ
愛子さま“推し”はジャニーズWEST重岡大毅 期待の超有望株
【芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」】  ジャニーズWESTの重岡大毅(28)が、7月期に待望の連ドラ初主演を務める。TB...
2021-06-07 17:03 エンタメ
中尾ミエさん「北の富士親方との約束が65歳の時に実現」
【私の秘蔵写真】  中尾ミエさん(歌手・女優)  ◇  ◇  ◇  歌手で女優の中尾ミエさんはあるパーティーで第5...
2021-06-07 17:03 エンタメ
眞子さまで再び注目 皇族の自由恋愛が始まったのはいつ?
 眞子さまが小室さんに出会ったのは、国際基督教大学(ICU)が交換留学生のために行った説明会だった。小室さんのすぐうしろ...
2021-06-06 17:03 エンタメ
サンドが「ギャラクシー賞 個人賞」笑福亭鶴瓶以来の快挙
 2日、優れた放送番組に贈られる「第58回ギャラクシー賞」(放送批評懇談会主催)の贈賞式が都内で行われた。  注目はテ...
2021-06-06 17:03 エンタメ
クック井上。さん ニンニクのパンチが効いた自家製オニオンソースのステーキ
クック井上。さん(芸人・46歳)  芸人でありながら、料理上手芸人として「ZIP!」や「あさイチ」に出演してMCをうな...
2021-06-06 17:03 エンタメ
中村アン、桜井ユキ…春の連ドラは「2番手女優」が面白い
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  春の連ドラは王道あり挑戦ありで結構楽しめているが、視聴率はあまり芳しくないようだ...
2021-06-06 17:03 エンタメ
憧れの先輩芸人の「心と技」を受け継ぐ有吉弘行のトーク術
【今週グサッときた名言珍言】 「だって一番カッコいいんだから、この人たちが」(有吉弘行/TBS「櫻井・有吉THE夜会」...
2021-06-06 17:03 エンタメ
鷲見玲奈“ポストみな実”から脱落 「バンキシャ」MC消えた
【芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」】  “ポスト田中みな実”の最右翼と目されていた鷲見玲奈(31)が急失速しつつある。原...
2021-06-06 17:03 エンタメ
富田望生ってどんな女優 広瀬すず絶賛、清原果耶とも親友
 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロイン・清原果耶(19)と、2019年の「なつぞら」でヒロインを務めた広瀬すず...
2021-06-06 17:03 エンタメ
稽古場でデビュー前の松田聖子さんを見て固まった俺
【ダンカンの笑撃回顧録】#95  サンミュージックの秘話(3)  現在、大手芸能プロダクション「サンミュージック」の...
2021-06-06 17:03 エンタメ
コロナ対策で一番緩んでいるのがお笑いバラエティー番組
 日本で新型コロナウイルス感染が蔓延して1年半、おそらく今が最も危機的な状況だ。緊急事態宣言を2カ月近く出しっぱなしにし...
2021-06-06 17:03 エンタメ
コロナ禍とシネコン 要請緩和も公開作渋滞でテンヤワンヤ
【伊藤さとり「シネマの出来事、シネマな人たち」】  2021年4月末から3度目の緊急事態宣言で休業要請・協力依頼を出さ...
2021-06-05 17:03 エンタメ