平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


渡部建TV復帰への敵は身内にあり? 日テレに“アンチ”暗躍で疑心暗鬼に…トイレ不倫発覚から1年3カ月
 多目的トイレ不倫が発覚した昨年6月には47歳だったが、今月23日には49歳に。アンジャッシュの渡部建は、復帰説が浮かん...
2021-09-16 17:03 エンタメ
昭和の爆笑王・中田ダイマル・ラケット ラケット師匠が見せてくれたダイマル師匠の直筆台本
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#66  中田ダイマル・ラケットの巻  ◇  ◇  ◇ 「ダイラケ」の愛称で「昭...
2021-09-16 17:03 エンタメ
コロナ禍でビールCM激増、出演するのは一流俳優の証し キリンが長谷川博己と染谷将太を起用し話題
 CMは時代を映す鏡と言われる。コロナ禍で「宅飲み」が増えたこともあって最近、目立つのがビールのCMだ。連日、画面からこ...
2021-09-16 17:03 エンタメ
飯野矢住代誕生秘話<11>バンド活動費を矢住代が捻出してもジョニー吉長との同棲は幸せだった
【芸能界と格闘技界 その深淵】#48  売れないバンドマン「ジョニー」こと吉長信喜と、原宿のマンションで同棲生活を始め...
2021-09-16 17:03 エンタメ
野口五郎が50周年記念ツアー! 前期高齢者でもはつらつステージの秘訣
 新ご三家のひとり、野口五郎(65)が50周年記念コンサートツアー「I can sing here~今ここで歌える奇跡~...
2021-09-16 17:03 エンタメ
「コムドット」迷惑行為でヒカキン株また上昇も…登録者数1000万人で頭打ち、「UUUM」も成長鈍化
 YouTuber集団「コムドット」が住宅街のコンビニで深夜、連日に渡り大声を出すなどして住民から警察に通報されていたと...
2021-09-16 17:03 エンタメ
宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン
 8月に「雨上がり決死隊」を解散した宮迫博之(51)が、9月6日に都内で行われた脱毛サロンの新商品発表会に登場した。 ...
2021-09-16 17:03 エンタメ
吉田栄作が内山理名と再婚秒読み! 50代でも“枯れないバツイチ男”の現役バリバリ感
 50代のバツイチ俳優の熱愛報道が続いている。  バブル絶頂の90年代前半、白Tシャツにジーンズ姿で一世を風靡した元“...
2021-09-15 17:03 エンタメ
<50>愛犬イブの葬儀のため東京駅で待ち合わせ…ドン・ファンは「ミス・ワールド」と現れた
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#50  野崎幸助さんと電話でしゃべっていると、鼻がツーンとして目頭が...
2021-09-15 17:03 エンタメ
鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動
 喜多村緑郎(52)との「ラブホ不倫」を昨年2月に報じられ、仕事が減っていた鈴木杏樹(51)。そろそろ女優として本格再始...
2021-09-15 17:03 エンタメ
玉三郎&仁左衛門の38年ぶり「四谷怪談」は呆然の演劇体験…勘三郎とは異なる“静けさの怨念”
 コロナ禍、歌舞伎座が客席を半分にし、上演時間も短くするなど、変則的ながらも興行を再開したのは去年の8月だったので、この...
2021-09-16 17:28 エンタメ
NHK「古見さんは、コミュ症です。」異色の学園コメディーが示す他者とのつながり方
【テレビ 見るべきものは!!】  先週、NHKよるドラ「古見さんは、コミュ症です。」が始まった。  この「コミュ症」...
2021-09-15 17:03 エンタメ
飯野矢住代誕生秘話<10>「私にはジョニーが必要なの。ジョニーにも私が必要だと思うの」
【芸能界と格闘技界 その深淵】#47  飯野矢住代誕生秘話(10)  ◇  ◇  ◇  ジョニー吉長。本名・吉長信...
2021-09-15 17:03 エンタメ
沢口靖子サマサマ!テレ朝社屋に“榊マリコ”の銅像が建つ日…「科捜研の女」劇場版も好調
 五十路とは思えぬ美貌で人気の女優、沢口靖子(56)が注目を集めている。今月3日、全国の映画館で封切られた沢口主演の人気...
2021-09-15 17:03 エンタメ
八代英輝弁護士の共産党めぐる発言いまだ炎上中…実は2年前にも「ひるおび!」で“事実誤認”の物議
「法廷に立つ時間よりもスタジオ滞在時間の方が長い電波弁護士」――。ネット上でこうささやかれているイケメン弁護士の八代英輝...
2021-09-15 17:03 エンタメ
Sexy Zone中島健人「かのきれ」最終回では脇役の赤楚衛二に食われちゃう?
 中島健人(27=Sexy Zone)と小芝風花(24)W主演の「彼女はキレイだった」(カンテレ、フジテレビ系=火曜夜9...
2021-09-14 17:03 エンタメ