“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-02-21 06:46
投稿日:2021-02-21 06:00
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい」など、 朝のスキンケア方法には諸説ありますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、朝洗顔の必要性や、知っておきたい時短ケアをお伝えします。

【基礎知識】朝洗顔はしたほうがいい! その理由は?

朝洗顔にはメリットがいっぱい!(写真:iStock)
朝洗顔にはメリットがいっぱい! (写真:iStock)

 結論から言うと、基本的に「朝洗顔はしたほうがいい」と言われています。まずは、その理由を見ていきましょう。

朝の肌は思ったよりも汚れている

 朝、顔を触ってみると、ベタついていることって多いですよね。それもそのはず、肌は寝ている間にも皮脂を分泌していますし、夜のスキンケアの成分が残っていたり、ホコリなどの汚れが肌の上に残っていることもあります。

 これらの物質が酸化すると肌トラブルの原因になるため、朝はきちんと洗顔料を使って洗顔をして、スキンケアで保湿を行うのがベストです。

メイクのり&メイクもちが良くなる

 朝洗顔をせずにメイクをするということは、酸化した皮脂や汚れの上にメイクをしてしまうということ。これだと、メイクのり&メイクもちが悪くなってしまいますし、肌負担も大きくなってしまいます。綺麗なメイクを保つためにも、朝洗顔を行ったほうが良いでしょう。

乾燥が気になるなら、ぬるま湯or拭き取り化粧水だけでもOK

 朝起きた時に肌がカサついている人は、乾燥肌である可能性が高いでしょう。このような肌質の方の場合、洗顔料を使って朝洗顔をすると肌に必要な水分&油分が奪われてしまい、乾燥が悪化してしまうこともあります。

 ぬるま湯で肌表面の汚れだけを洗い流すor拭き取り化粧水で前日のスキンケア成分を取り除くなど、肌状態に合わせてケアを考えてみましょう。

朝洗顔についてのよくある疑問を解消!

肌負担が少ない洗顔料を使って♪(写真:iStock)
肌負担が少ない洗顔料を使って♪ (写真:iStock)

「朝洗顔」とあらためて聞くと、なにか特別なことをしたほうがいいの?と、思ってしまいますよね。そこで、朝洗顔についてのよくある疑問を解消していきましょう。

Q1. 洗顔料を使ったほうがいい?

 基本的に、洗顔料は使うようにしましょう。ただし、洗顔料によって汚れとともに肌に必要な皮脂なども洗い流されてしまうため、肌に優しく洗浄力が低めのアイテムを使うのがおすすめ。

 肌がデリケートな方は肌負担が少ない「敏感肌用」のものを、乾燥が気になる方は「保湿成分入り」のものを使用するなど、肌に合わせたアイテムを使うことも大切です。

Q2. 冷たい水で洗ったほうがスッキリする?

 冷たい水で顔を洗うと、毛穴が引き締まるようなイメージってありますよね。でも、皮脂など油性の汚れは冷たい水では落ちにくいため、あまりおすすめできません。

 また、逆に熱いお湯もNG。肌に必要な水分や油分が、洗い流されてしまいます。夜洗顔の時と同じく、朝洗顔もぬるま湯で洗うのがベストです。

Q3. 朝洗顔は起きてからすぐにしないとダメ?

「朝洗顔」だからといって、朝一番に行わなければならないというわけではありません。ただし、洗顔後すぐに保湿ケアを行うことは必須。保湿が不十分だと、乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

 朝いつもバタバタして余裕がないという方は、この機会に少しだけ起床時間を見直してみると良いかもしれませんね。

Q4. 夜にする洗顔&スキンケア方法と変える必要はある?

 朝洗顔と夜洗顔の違いは、特にありません。ただ、夜の洗顔時、クレンジングと洗顔が同時にできる洗浄力が強い「W洗顔不要のクレンジング&洗顔料」を使っている方は、肌の水分と油分を洗い流しすぎてしまう恐れがあります。朝だけ洗浄力が弱いアイテムに変えてみても良いでしょう。

朝洗顔がどうしてもめんどくさい……知っておきたい時短ケア&アイテム

拭き取りシートで手軽にケアもあり(写真:iStock)
拭き取りシートで手軽にケアもあり (写真:iStock)

 朝洗顔をしたほうがいいとはわかっていても、めんどくさかったり、時間がないことだってありますよね。そこで、朝洗顔ができない時、代わりにできる時短ケアをお伝えします!

「蒸しタオル洗顔」をする

 テレビで紹介されて話題の「蒸しタオル洗顔」とは、蒸しタオルを顔に当てて洗顔代わりにする美容方法です。タオルに40〜50度くらいのお湯をかけて絞った後に肌に乗せ、しばらくしてから優しく顔を拭き取るだけですので簡単なのが魅力。

 肌の血行が良くなりますし、肌が柔らかくなることで、その後のスキンケアの浸透力も高まりますよ。

「泡洗顔料」を使う

 洗顔時、地味に時間がかかってしまうのが「泡立て」。泡立てネットを使う手間さえ面倒だと思う方は、ポンプを押すと泡が出てくる「泡洗顔料」を使ってみましょう。

 泡洗顔料はドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、豊かな泡で洗い上げることができる「濃密泡タイプ」や、毛穴汚れにもアプローチしてくれる「炭酸泡タイプ」など、自分に合ったアイテムを取り入れましょう。

「拭き取りシート」を使う

 あまりおすすめはできませんが、どうしても時間がない時には、朝洗顔の代わりに「拭き取りシート」を使うのもありでしょう。拭き取りシートは洗顔とスキンケアの両方ができるタイプのものもあり、とにかく手軽で便利なのが特徴。

 ただし、シート系のアイテムは、摩擦による肌負担が少なからず起こります。とにかくこすらずに、優しく拭き取ることが肝心です。

自分の肌状態に合わせて朝洗顔をはじめよう♪

自分の肌状態を知ることからはじめよう(写真:iStock)
自分の肌状態を知ることからはじめよう (写真:iStock)

 朝洗顔にはさまざまなメリットがありますが、一番大切なのは、自分の肌状態に合わせてケアを行うこと! 人気のスキンケアアイテムや美容法の流行りはあれど、一般的に「良い」と言われているからといって、必ずしも自分の肌質に合うとは限りません。

 乾燥が気になる時はぬるま湯洗顔のみにする、毛穴が気になるなら夜の角質ケアでカバーするなど、自分の肌状態をきちんと把握してスキンケアができたらそれがベストだと思います。ぜひ、もっと自分の肌を知って、上手に美肌をキープしてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...