“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-02-21 06:46
投稿日:2021-02-21 06:00
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい」など、 朝のスキンケア方法には諸説ありますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、朝洗顔の必要性や、知っておきたい時短ケアをお伝えします。

【基礎知識】朝洗顔はしたほうがいい! その理由は?

朝洗顔にはメリットがいっぱい!(写真:iStock)
朝洗顔にはメリットがいっぱい! (写真:iStock)

 結論から言うと、基本的に「朝洗顔はしたほうがいい」と言われています。まずは、その理由を見ていきましょう。

朝の肌は思ったよりも汚れている

 朝、顔を触ってみると、ベタついていることって多いですよね。それもそのはず、肌は寝ている間にも皮脂を分泌していますし、夜のスキンケアの成分が残っていたり、ホコリなどの汚れが肌の上に残っていることもあります。

 これらの物質が酸化すると肌トラブルの原因になるため、朝はきちんと洗顔料を使って洗顔をして、スキンケアで保湿を行うのがベストです。

メイクのり&メイクもちが良くなる

 朝洗顔をせずにメイクをするということは、酸化した皮脂や汚れの上にメイクをしてしまうということ。これだと、メイクのり&メイクもちが悪くなってしまいますし、肌負担も大きくなってしまいます。綺麗なメイクを保つためにも、朝洗顔を行ったほうが良いでしょう。

乾燥が気になるなら、ぬるま湯or拭き取り化粧水だけでもOK

 朝起きた時に肌がカサついている人は、乾燥肌である可能性が高いでしょう。このような肌質の方の場合、洗顔料を使って朝洗顔をすると肌に必要な水分&油分が奪われてしまい、乾燥が悪化してしまうこともあります。

 ぬるま湯で肌表面の汚れだけを洗い流すor拭き取り化粧水で前日のスキンケア成分を取り除くなど、肌状態に合わせてケアを考えてみましょう。

朝洗顔についてのよくある疑問を解消!

肌負担が少ない洗顔料を使って♪(写真:iStock)
肌負担が少ない洗顔料を使って♪ (写真:iStock)

「朝洗顔」とあらためて聞くと、なにか特別なことをしたほうがいいの?と、思ってしまいますよね。そこで、朝洗顔についてのよくある疑問を解消していきましょう。

Q1. 洗顔料を使ったほうがいい?

 基本的に、洗顔料は使うようにしましょう。ただし、洗顔料によって汚れとともに肌に必要な皮脂なども洗い流されてしまうため、肌に優しく洗浄力が低めのアイテムを使うのがおすすめ。

 肌がデリケートな方は肌負担が少ない「敏感肌用」のものを、乾燥が気になる方は「保湿成分入り」のものを使用するなど、肌に合わせたアイテムを使うことも大切です。

Q2. 冷たい水で洗ったほうがスッキリする?

 冷たい水で顔を洗うと、毛穴が引き締まるようなイメージってありますよね。でも、皮脂など油性の汚れは冷たい水では落ちにくいため、あまりおすすめできません。

 また、逆に熱いお湯もNG。肌に必要な水分や油分が、洗い流されてしまいます。夜洗顔の時と同じく、朝洗顔もぬるま湯で洗うのがベストです。

Q3. 朝洗顔は起きてからすぐにしないとダメ?

「朝洗顔」だからといって、朝一番に行わなければならないというわけではありません。ただし、洗顔後すぐに保湿ケアを行うことは必須。保湿が不十分だと、乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

 朝いつもバタバタして余裕がないという方は、この機会に少しだけ起床時間を見直してみると良いかもしれませんね。

Q4. 夜にする洗顔&スキンケア方法と変える必要はある?

 朝洗顔と夜洗顔の違いは、特にありません。ただ、夜の洗顔時、クレンジングと洗顔が同時にできる洗浄力が強い「W洗顔不要のクレンジング&洗顔料」を使っている方は、肌の水分と油分を洗い流しすぎてしまう恐れがあります。朝だけ洗浄力が弱いアイテムに変えてみても良いでしょう。

朝洗顔がどうしてもめんどくさい……知っておきたい時短ケア&アイテム

拭き取りシートで手軽にケアもあり(写真:iStock)
拭き取りシートで手軽にケアもあり (写真:iStock)

 朝洗顔をしたほうがいいとはわかっていても、めんどくさかったり、時間がないことだってありますよね。そこで、朝洗顔ができない時、代わりにできる時短ケアをお伝えします!

「蒸しタオル洗顔」をする

 テレビで紹介されて話題の「蒸しタオル洗顔」とは、蒸しタオルを顔に当てて洗顔代わりにする美容方法です。タオルに40〜50度くらいのお湯をかけて絞った後に肌に乗せ、しばらくしてから優しく顔を拭き取るだけですので簡単なのが魅力。

 肌の血行が良くなりますし、肌が柔らかくなることで、その後のスキンケアの浸透力も高まりますよ。

「泡洗顔料」を使う

 洗顔時、地味に時間がかかってしまうのが「泡立て」。泡立てネットを使う手間さえ面倒だと思う方は、ポンプを押すと泡が出てくる「泡洗顔料」を使ってみましょう。

 泡洗顔料はドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、豊かな泡で洗い上げることができる「濃密泡タイプ」や、毛穴汚れにもアプローチしてくれる「炭酸泡タイプ」など、自分に合ったアイテムを取り入れましょう。

「拭き取りシート」を使う

 あまりおすすめはできませんが、どうしても時間がない時には、朝洗顔の代わりに「拭き取りシート」を使うのもありでしょう。拭き取りシートは洗顔とスキンケアの両方ができるタイプのものもあり、とにかく手軽で便利なのが特徴。

 ただし、シート系のアイテムは、摩擦による肌負担が少なからず起こります。とにかくこすらずに、優しく拭き取ることが肝心です。

自分の肌状態に合わせて朝洗顔をはじめよう♪

自分の肌状態を知ることからはじめよう(写真:iStock)
自分の肌状態を知ることからはじめよう (写真:iStock)

 朝洗顔にはさまざまなメリットがありますが、一番大切なのは、自分の肌状態に合わせてケアを行うこと! 人気のスキンケアアイテムや美容法の流行りはあれど、一般的に「良い」と言われているからといって、必ずしも自分の肌質に合うとは限りません。

 乾燥が気になる時はぬるま湯洗顔のみにする、毛穴が気になるなら夜の角質ケアでカバーするなど、自分の肌状態をきちんと把握してスキンケアができたらそれがベストだと思います。ぜひ、もっと自分の肌を知って、上手に美肌をキープしてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...