“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-02-21 06:46
投稿日:2021-02-21 06:00
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい」など、 朝のスキンケア方法には諸説ありますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、朝洗顔の必要性や、知っておきたい時短ケアをお伝えします。

【基礎知識】朝洗顔はしたほうがいい! その理由は?

朝洗顔にはメリットがいっぱい!(写真:iStock)
朝洗顔にはメリットがいっぱい! (写真:iStock)

 結論から言うと、基本的に「朝洗顔はしたほうがいい」と言われています。まずは、その理由を見ていきましょう。

朝の肌は思ったよりも汚れている

 朝、顔を触ってみると、ベタついていることって多いですよね。それもそのはず、肌は寝ている間にも皮脂を分泌していますし、夜のスキンケアの成分が残っていたり、ホコリなどの汚れが肌の上に残っていることもあります。

 これらの物質が酸化すると肌トラブルの原因になるため、朝はきちんと洗顔料を使って洗顔をして、スキンケアで保湿を行うのがベストです。

メイクのり&メイクもちが良くなる

 朝洗顔をせずにメイクをするということは、酸化した皮脂や汚れの上にメイクをしてしまうということ。これだと、メイクのり&メイクもちが悪くなってしまいますし、肌負担も大きくなってしまいます。綺麗なメイクを保つためにも、朝洗顔を行ったほうが良いでしょう。

乾燥が気になるなら、ぬるま湯or拭き取り化粧水だけでもOK

 朝起きた時に肌がカサついている人は、乾燥肌である可能性が高いでしょう。このような肌質の方の場合、洗顔料を使って朝洗顔をすると肌に必要な水分&油分が奪われてしまい、乾燥が悪化してしまうこともあります。

 ぬるま湯で肌表面の汚れだけを洗い流すor拭き取り化粧水で前日のスキンケア成分を取り除くなど、肌状態に合わせてケアを考えてみましょう。

朝洗顔についてのよくある疑問を解消!

肌負担が少ない洗顔料を使って♪(写真:iStock)
肌負担が少ない洗顔料を使って♪ (写真:iStock)

「朝洗顔」とあらためて聞くと、なにか特別なことをしたほうがいいの?と、思ってしまいますよね。そこで、朝洗顔についてのよくある疑問を解消していきましょう。

Q1. 洗顔料を使ったほうがいい?

 基本的に、洗顔料は使うようにしましょう。ただし、洗顔料によって汚れとともに肌に必要な皮脂なども洗い流されてしまうため、肌に優しく洗浄力が低めのアイテムを使うのがおすすめ。

 肌がデリケートな方は肌負担が少ない「敏感肌用」のものを、乾燥が気になる方は「保湿成分入り」のものを使用するなど、肌に合わせたアイテムを使うことも大切です。

Q2. 冷たい水で洗ったほうがスッキリする?

 冷たい水で顔を洗うと、毛穴が引き締まるようなイメージってありますよね。でも、皮脂など油性の汚れは冷たい水では落ちにくいため、あまりおすすめできません。

 また、逆に熱いお湯もNG。肌に必要な水分や油分が、洗い流されてしまいます。夜洗顔の時と同じく、朝洗顔もぬるま湯で洗うのがベストです。

Q3. 朝洗顔は起きてからすぐにしないとダメ?

「朝洗顔」だからといって、朝一番に行わなければならないというわけではありません。ただし、洗顔後すぐに保湿ケアを行うことは必須。保湿が不十分だと、乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

 朝いつもバタバタして余裕がないという方は、この機会に少しだけ起床時間を見直してみると良いかもしれませんね。

Q4. 夜にする洗顔&スキンケア方法と変える必要はある?

 朝洗顔と夜洗顔の違いは、特にありません。ただ、夜の洗顔時、クレンジングと洗顔が同時にできる洗浄力が強い「W洗顔不要のクレンジング&洗顔料」を使っている方は、肌の水分と油分を洗い流しすぎてしまう恐れがあります。朝だけ洗浄力が弱いアイテムに変えてみても良いでしょう。

朝洗顔がどうしてもめんどくさい……知っておきたい時短ケア&アイテム

拭き取りシートで手軽にケアもあり(写真:iStock)
拭き取りシートで手軽にケアもあり (写真:iStock)

 朝洗顔をしたほうがいいとはわかっていても、めんどくさかったり、時間がないことだってありますよね。そこで、朝洗顔ができない時、代わりにできる時短ケアをお伝えします!

「蒸しタオル洗顔」をする

 テレビで紹介されて話題の「蒸しタオル洗顔」とは、蒸しタオルを顔に当てて洗顔代わりにする美容方法です。タオルに40〜50度くらいのお湯をかけて絞った後に肌に乗せ、しばらくしてから優しく顔を拭き取るだけですので簡単なのが魅力。

 肌の血行が良くなりますし、肌が柔らかくなることで、その後のスキンケアの浸透力も高まりますよ。

「泡洗顔料」を使う

 洗顔時、地味に時間がかかってしまうのが「泡立て」。泡立てネットを使う手間さえ面倒だと思う方は、ポンプを押すと泡が出てくる「泡洗顔料」を使ってみましょう。

 泡洗顔料はドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、豊かな泡で洗い上げることができる「濃密泡タイプ」や、毛穴汚れにもアプローチしてくれる「炭酸泡タイプ」など、自分に合ったアイテムを取り入れましょう。

「拭き取りシート」を使う

 あまりおすすめはできませんが、どうしても時間がない時には、朝洗顔の代わりに「拭き取りシート」を使うのもありでしょう。拭き取りシートは洗顔とスキンケアの両方ができるタイプのものもあり、とにかく手軽で便利なのが特徴。

 ただし、シート系のアイテムは、摩擦による肌負担が少なからず起こります。とにかくこすらずに、優しく拭き取ることが肝心です。

自分の肌状態に合わせて朝洗顔をはじめよう♪

自分の肌状態を知ることからはじめよう(写真:iStock)
自分の肌状態を知ることからはじめよう (写真:iStock)

 朝洗顔にはさまざまなメリットがありますが、一番大切なのは、自分の肌状態に合わせてケアを行うこと! 人気のスキンケアアイテムや美容法の流行りはあれど、一般的に「良い」と言われているからといって、必ずしも自分の肌質に合うとは限りません。

 乾燥が気になる時はぬるま湯洗顔のみにする、毛穴が気になるなら夜の角質ケアでカバーするなど、自分の肌状態をきちんと把握してスキンケアができたらそれがベストだと思います。ぜひ、もっと自分の肌を知って、上手に美肌をキープしてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、...
夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...