“こすらない洗顔”が大人気! でも…毛穴汚れって取れるの?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-09-10 06:00
投稿日:2020-09-10 06:00
 毎日行うスキンケアのひとつに「洗顔」がありますが、誰かに習うものでもないので、自己流で行っている人も多いのではないでしょうか? 自分の洗顔方法にイマイチ自信がない……そんなあなたにおすすめしたいのが、今話題の“こすらない洗顔”です。“目から鱗”の洗顔方法、ぜひ試してみてくださいね!

“こすらない洗顔”が大人気! 一週間で肌が変わる美容法って?

洗顔で肌が変わる?(写真:iStock)
洗顔で肌が変わる? (写真:iStock)

 洗顔は、肌に不要な皮脂やメイクなどによる汚れを取り除く大切なもの。しかし、少なからず肌への負担となるため、間違ったやり方をしてしまうと将来の肌に悪影響を及ぼす可能性があるんです。そんな肌負担を最低限に留めるという、“こすらない洗顔”とは、どのようなものなのでしょうか?

摩擦ゼロ! “こすらない洗顔”とは

 “こすらない洗顔”とは、その名の通り洗顔時に肌をこすらない洗顔方法のこと。とはいえ、洗顔時に「普段からたっぷりの泡で洗顔してるよ!」という人も多いと思います。

 でも、おそらくそういった人は、「泡を使って指の腹でくるくると優しく洗いあげている」のではないでしょうか? 実は、“こすらない洗顔”では、この刺激すら与えない画期的な洗顔方法なんです。

普段の洗顔が肌負担の原因になっている

 “摩擦ゼロ洗顔”の考案者、美容家の石井美保さんはじめ、洗顔による肌負担を懸念する美容家さんはたくさんいるようです。

 肌は摩擦などの刺激から肌を守ろうとして、肌を硬くしたり、メラニン色素を分泌させます。要は、今まで良いとされていた「たっぷりの泡を使って、くるくると指の腹で洗う洗顔」だけでも少なからず刺激となり、将来のシミやシワ、くすみなどの原因になるかもしれないということ。

 “こすらない洗顔”は、この負担を最低限まで減らすことができる方法。なんと、「一週間で肌の調子がよくなった」という声もたくさんあるようです。

今日から実践!3STEP“こすらない洗顔”のやり方

ポイントは濃密な泡で洗うこと(写真:iStock)
ポイントは濃密な泡で洗うこと (写真:iStock)

 “こすらない洗顔”には特別なアイテムも必要ありません。普段使っている洗顔料、そして、自分の手があれば行えるため、今日からでも実践可能! さっそく、3STEPでできるやり方をチェックしていきましょう。

STEP1:濃密な泡を作る

 まずは、普段お使いの洗顔料を泡立てます。もちもちとした濃密な泡を作りましょう。

 手だけで泡立てると時間がかかってしまいますので、泡立てネットはあった方が楽ですね。もちろん、ポンプ式の泡洗顔料を使うのもありです。

 洗顔料はケチらず、適量を使うことがポイント。必要な泡の目安はピンポン玉3つ分ほどですので、足りない場合には洗顔料を調整してください。

STEP2:両手に泡を乗せ、肌に垂直に押し当てる

 両手に作った泡を乗せて、顔全体にまんべんなく広げましょう。そして、ここからがポイント! 濃密な泡をクッションの代わりにして、肌に垂直に押し当てるように手を動かして洗いあげていきます。

 注意点は、この時手を横に滑らせたり、指でくるくると細かく洗わないこと。凹凸がある目や小鼻脇なども、同じように洗っていきます。必ず、手と顔の間に泡がある状態を意識してください。

STEP3:ぬるま湯でしっかり洗い流す

 最後に、すすぎです。せっかく肌負担が減っても、洗顔料が肌に残ってしまうと肌トラブルの原因になるため、念入りに行うことが必須!

 ぬるま湯を手にすくって、洗顔時と同じように肌に優しく当てるようなイメージで洗い流していきましょう。30〜50回ほどこの動作を繰り返すと、綺麗に泡が落とせるはずです。

 フェイスラインや髪の生え際は泡が残りやすい部分ですので、きちんと落とせているか、鏡などで確認しながら行うことをおすすめします。

“こすらない洗顔”への素朴な疑問! 毛穴汚れはどうなるの?

朝の洗顔も理由がある(写真:iStock)
朝の洗顔も理由がある (写真:iStock)

 最後に、“こすらない洗顔”への素朴な疑問を解消していきましょう。

こすらずに毛穴汚れは取れる?

 こすらない洗顔だけでもしっかり毛穴汚れは落とせるそうですが、気になる方は、こすらなくても毛穴汚れをしっかり落とせるクレンジングや洗顔料を使用してみるのもひとつの手。

 こすらない洗顔を続けることで毛穴悩みは徐々に減ってくるそうですので、未来の肌に期待して日々のケアを淡々と行うことが大切でしょう。

1日に行う洗顔は何回?

 “こすらない洗顔”は、朝晩2回がおすすめです。朝は何かと忙しいため、「ぬるま湯で洗い流すだけ」という人も多いようですが、就寝時に分泌された皮脂は水だけの洗顔だけでは落とせません。皮脂が残っているとメイクもちにも影響しますので、朝も洗顔習慣をつけることをおすすめします。

クレンジングはどうしたら良い?

 “こすらない洗顔”をしたからといって、メイクや皮脂などの油性の汚れは落ちません。そのため、メイクを行う限り、クレンジングをすることは必須。

 適量のクレンジング料を使用して、洗顔と同様、肌をこすらないように優しくメイクを落としていきましょう。落ちにくいアイメイクは、ついゴシゴシとこすってしまいがちですので、要注意。どうしても指に力が入ってしまうという人は、力が入りづらい薬指と小指を使うと、適度な力加減でクレンジングを行うことができます。

 すすぎは、“こすらない洗顔”と同じく、ぬるま湯で優しく洗い流すようにしましょう。

“こすらない洗顔で”肌が変わる! 美肌習慣はじめませんか?

洗顔後のスキンケアや化粧のりに変化も!(写真:iStock)
洗顔後のスキンケアや化粧のりに変化も! (写真:iStock)

 いかがでしょうか? 新しい美容法である、“こすらない洗顔”。私も、「ちゃんと洗えるのかな?」と試してみたところ、普段と変わらずちゃんと洗顔できました。また、洗顔したあと、タオルで水気を押さえた後にはいつも顔が赤くなるのですが、洗い上がりの肌に赤みもありません。

 実は、洗顔後の赤みは肌をこすることによって起こる反応だそうです。今まで、肌に負担をかけていたことに、気づけた次第……。正直、今までの洗顔よりも少々手間は増えますが、(笑)しばらく続けてみたいと思います♪

 誰でも簡単に試せる“こすらない洗顔”、ぜひ実践して効果を実感してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 コロナ禍でサウナに行きたくても行けない……という方に、オススメのアイテムがあります。オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが...
FILM
 コロナ禍でお出かけの必需品がマスクとなっている今、スキンケアやメイクがおろそかになってきてはいませんか? 今回は、夏の...
FILM
 最近は、おうちデートを充実させているカップルも多いですよね。家で過ごすデートは、のんびりとリラックスできる反面、それば...
FILM
 みなさんは、残暑に特別な美容や肌ケアをしていますか? 紫外線をたくさん浴びて疲れ切った肌は、毛穴の開きや日焼けによる黒...
FILM
 今、話題の「チャイボーグメイク」ってご存知ですか? 近年人気となっていた韓国のオルチャンの次に話題となっているメイク方...
FILM
 バストアップグッズで本当に胸が大きくなるのか、半信半疑の人は多いでしょう。確かに、胸のサイズを1カ月でAカップからEカ...
FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...