ニベア青缶で美容効果を得たいなら?知っておきたい注意点

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 07:05
投稿日:2019-06-13 06:00
「美容効果がすごい!」と、美容界で注目されるニベア青缶。さまざまな使い方が検証され、美容家さんが愛用していることでも度々話題となっていますよね。とはいえ、注意点を知らずに使用すると、思わぬ肌トラブルが発生してしまう可能性があるんです。知っておいて損はないニベア青缶の豆知識!ぜひご覧ください。

ニベア青缶は確かに優秀!最大の3つのメリット!

ニベアは超優秀アイテム(写真:iStock)
ニベアは超優秀アイテム (写真:iStock)

「どの家庭にも1つは置いているのでは?」と思ってしまうほど、ポピュラーな「ニベア 青缶」。言わずとしれたロングセラー商品というだけで、信頼がおける商品でもありますね。

 まずは、ここまで愛されてきた最大の理由とも言える、3つのメリットをお伝えします。

抜群の保湿効果

 ニベア青缶の一番の効果は「保湿力」にあるでしょう。油分が多く含まれているため、肌内部の水分が蒸発するのを防いで、しっとりとした潤いのある肌を保ってくれるのです。

 肌がしっかり保湿されるということは、肌の水分&油分のバランスが整えられ、肌のターンオーバー(新陳代謝)の力がアップするということ。ハリのある美肌作りに役立ちます。

コスパ最強

 ニベア青缶はコスパ面でも優秀!一番大きなサイズの大缶(169g)でも、700〜800円で手に入ります。「もったいない感」が少ないため、思い切り使える。その結果、肌と手の間での摩擦が軽減され、肌負担が減らせるのもメリットでしょう。

 また、大抵の薬局やドラッグストアで手に入るのも嬉しいポイントですね。

全身に使える手軽さ

 ボディクリームとして知られるニベア青缶ですが、フェイスケア、ヘアケア、リップケアと、全身に使える手軽さもメリットの1つ。その他、ネイルケアやクレンジングとして軽いメイクオフに使用している方も多いようです。

 また、小さな子どもでも使えるほどの肌への優しさも魅力。世代を問わず、支持を得ている理由でしょう。

【あわせて読みたい】ひじ&ひざの黒ずみはニベアで消える?正しい角質ケア方法♪

ニベア青缶で美容効果を得たいなら?知っておきたい注意点

紫外線を通しやすくなるので対策は万全に(写真:iStock)
紫外線を通しやすくなるので対策は万全に (写真:iStock)

 メリットを見ると「すぐにでも、試してみたい!」と、思ってしまうニベア青缶。でも、ちょっと待って!ニベア青缶で美容効果を得たいのであれば、注意点についてもしっかり押さえておきましょう。

洗顔後にニベアだけスキンケアはダメ

 洗顔後の肌にニベアをたっぷり……そんな使い方をしている方もいるようですが、これはNG!なぜなら、ニベア青缶はクリームのため、水分を補ってくれる効果があまりないからです。

 肌内部に水分が少ないのに油分だけを補ってしまうと、肌表面に油分が多いだけの状態になってしまう、つまりは、オイリー肌寄りの状態になってしまうということ。油分(皮脂)が酸化して、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすくなる可能性も。

 ニベアをスキンケアに取り入れる場合には、必ず化粧水→(美容液)→ニベア(クリーム)の順番を守って使用することが肝心です。

たっぷり塗りはテカりや肌トラブルの元

 乾燥が気になるからといって、ニベアをたっぷり塗るのもNG!他の化粧品同様、塗れば塗るほど美容効果が得られるというものではないですし、過剰な油分が毛穴詰まりを引き起こし、ニキビやかぶれの原因になる可能性も考えられます。

 ちなみにニベア青缶の成分表や使用方法を確認したところ、「適量」についての記載はありませんでした。顔に塗る場合にはまずは少量ずつ手に取って、ベタつき過ぎないか、様子を見ながら使用するようにしましょう。

直接的な美白効果には期待できない

「ニベアに美白効果がある」という噂がありますが、ニベアの成分表を見ると、美白有効成分は配合されていませんでした。美白有効成分とは、厚生労働省が「シミやそばかすを防ぐ効果がある」と認めた成分のこと。つまり、ニベアは美白効果に期待ができないのです。

 ただし、ニベアを使用することで肌が保湿され、ターンオーバーが整い、メラニンなどをきちんと排出できた結果、肌のくすみが取れて見えるということはあるようです。直接的ではなくても、使い続けることで間接的に美白作用を得られる可能性はあるかもしれません。

紫外線対策は万全に

 ニベア青缶には紫外線防止剤など、要はUVカット効果がある成分が配合されていません。さらには、ホホバオイルが含まれているため、ニベアを塗った肌はサンオイルを塗った肌のように紫外線を通しやすい肌状態になってしまうのです。

 そのため、ニベア青缶は夜のスキンケアだけに使用する、もしも、日中使う場合には上から日焼け止めを塗って外出するなど、紫外線対策を万全に行うことも大切でしょう。

肌に合わない人もいる

 ニベア青缶に限ったことではないですが、どんな化粧品にも合う合わないがあります。どんなにニベアが肌に優しいといっても、あなたに合うとは限りません。

 特に顔に使う場合には、パッチテストを行ってからにするなど工夫が必要。万が一、肌に赤みや痒みを感じたらアレルギー反応である場合もあるため、速やかに使用を中止して医療機関を受診してくださいね。

【あわせて読みたい】化粧品が合わないかも? やめ時を見極める時の症状チェック

正しい情報を信じて!ニベア青缶で肌力を上げよう♪

ニベアを上手に活用して美肌を目指そう(写真:iStock)
ニベアを上手に活用して美肌を目指そう (写真:iStock)

 ニベア青缶について、たくさんの情報が出回っているようです。でも、噂だけを信じて間違ったケアを行い、その結果ニキビなどの肌トラブルが起こってしまったら元も子もありませんよね。

 ただ、ニベアを用いたシンプルなケアによって肌を休める→肌の力がアップする、この説には賛成!これが、美容効果だと言われる秘密ではないか?と思います。

 ぜひ、正しい情報を信じて、ニベア青缶を上手にスキンケアに使用してくださいね。

ビューティー 新着一覧


儚げメイクで守りたくなる♡ 色素薄い系モテ女子になる方法
 最近話題の「儚げメイク」をご存知ですか? 儚げメイクとは、気だるくどこか儚げで色素が薄く、つい守りたくなってしまう女性...
リモート&オンライン会議で映えるメイクの4つのポイント♡
 コロナ禍で、リモートワークをする機会が増えた昨今。ZOOMやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議が、もはや日常の風...
時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!
「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音で...
“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪...
三日坊主脱出! ウォーキングを続ける4つのコツ&メリット♡
 ウォーキングは、どこでも簡単にできる有酸素運動として人気のトレーニングのひとつ。継続して行うことで、美容面に嬉しい効果...
VIO脱毛で人気の形はどれ? アンダーヘアの形おすすめ3選♡
 最近、雑誌やSNSなどで、頻繁に話題にのぼることも多くなった「VIO脱毛」。まだ施術はしていないものの、ひそかに注目し...
“色素薄い系メイク”って? 特徴やメイク方法を徹底解説♡
 近年、SNSを中心に、さまざまなコンセプトのメイクが発信されていますよね。しかし、なかなかイメージできないのが、「色素...
グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バスト...
コラーゲン美容でお肌プルプルに♡ 美肌を作るケア方法5選
 コラーゲンが肌に良いというのは、多くの女性が知っている知識でしょう。実際、肌ケア目的で「コラーゲン配合」と書いてあるス...
クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲...
内巻き・外巻き・ミックス巻き…失敗ゼロ!な巻き髪のコツ♡
 ヘアアレンジの方法をインターネットで調べると、「まずは、ミックス巻きをしておきます」や「軽く巻いておいて」などの表現が...
肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレ...
着痩せコーデのコツ&太ってる人が5キロ痩せて見える服3選
「最近、太ってきたな」と、一生懸命ダイエットに挑戦しては挫折している人って多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、「...
安いけど…セルフ縮毛矯正の効果はある?頻度・値段・やり方
 やっかいなくせ毛の悩みを解決してくれる「縮毛矯正」。でも、美容院でやると値段も高いし、時間もかかってしまいますよね……...
2021年最新!雑誌の付録でおこもりケア♡ 自分磨きで美肌get
 冬休み中の自分磨きに、部屋も肌も大掃除してみてはいかがでしょうか? 旅行やパーティーなどができない今だからこそ、おこも...
正月太りはなぜ起こる?原因&誰でもできる6つの予防方法
 正月休みに入ると食べては寝て、食べては寝て……を繰り返してしまう人も多いはず。しかし、それゆえに太りやすい時期でもあり...