お風呂上がりスキンケアの順番♪ ボディケアはいつがいい?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-11 06:00
投稿日:2021-02-11 06:00
 お風呂上がりに行うケアって、やることが多いですよね。顔につける化粧水や美容液のほかにも、髪につけるトリートメントオイルや体に塗るボディクリームもあります。これらは一体、どんな順番でつければいいのでしょうか? この記事では、お風呂上がりのスキンケアの順番についてご紹介します。

スキンケア(顔につける化粧品)の基本の順番について

お風呂上りのスキンケア。まず何からすべき?(写真:iStock)
お風呂上りのスキンケア。まず何からすべき? (写真:iStock)

 まずは、お顔のスキンケアの順番について。水分の多いアイテムをはじめに使い、油分の多いアイテムを後に使うというのが、一般的です。

1. 導入化粧水or導入美容液 
2. 化粧水
3. 美容液orパック
4. 乳液
5. クリーム

 基本的には、この順番でケアを行えばOK。ただし、商品によっては推奨している順番が違うこともあるので、必ずパッケージの記載を確認しましょう。同様に、ボディケアの場合も、水分タイプのものははじめに、クリームタイプなど油分の多いものは後から使うといいでしょう。

スキンケア・ヘアケア・ボディケアのおすすめの順番

まずは髪の毛をしっかりタオルドライ(写真:iStock)
まずは髪の毛をしっかりタオルドライ (写真:iStock)

 では、スキンケアやヘアケア、ボディケアを同時に行う場合はどうでしょう。こちらは、特に決まった順番があるわけではないので、人によってかなり差があるようです。

 ただ、忙しい毎日の限られた時間の中で保湿ケアをするなら、先ほどの基本を踏まえつつも効率的な順番がいいですよね。そこでご提案したいのはこちらの順番です。

1. 髪を包んでタオルドライ
2. 体の水分を拭き取る
3. 導入化粧水or導入美容液→化粧水
4. ボディクリーム
5. 美容液orパック
6. ヘアオイル→ドライヤー
7. 乳液(必要に応じてクリーム)

 それでは、順番に詳細を解説します。

1. 浴室を出る直前に髪を包んでタオルドライ

 まず、はじめに行いたいのがタオルドライ。トリートメントが終わった後、もしくは浴室から出る前のタイミングで、髪を包んでしまいましょう。

 一般的なタオルドライは髪を揉み込むように行われていますが、吸水性の高いタオルを使えば、髪を包むだけでも水分がしっかり吸収されますよ。

2. バスタオルで体の水分を拭き取る

 浴室から出たら、事前にバスタオルで体の水分を手早く拭き取ります。これで、後から使う化粧品と、浴槽のお湯の水滴が混ざらなくて済みますね。

 ちなみに、タオルは清潔なものを使いましょう。不衛生なタオルを使うと、ニキビなど肌トラブルの原因になるので要注意です!

3. 顔に導入化粧水・導入美容液・化粧水を塗る

 体の水分を拭いたら、顔に導入化粧水または導入美容液を塗り、その後、化粧水をつけましょう。

 肌の温度が高い入浴後は水分が蒸散しやすく、とても肌が乾燥しやすい状態。2.のタオルで水分を拭く過程はパパッと済ませ、早めに肌を保湿できるといいですね。

4. 体にボディクリームを塗ってパジャマを着る

 次に、体にボディローションまたはボディクリームを塗っていきます。とくにパジャマやルームウェアで隠れてしまう部分を中心に、丁寧かつ手早く済ませましょう。

 もしもこの段階で顔の乾燥を感じるようであれば、洗顔やクレンジングの洗浄力が強すぎるかもしれません。皮脂の落としすぎは乾燥につながるので、洗浄力がマイルドなアイテムに切り替えてみましょう。

5. 美容液またはパックをつける

 そのあとは、顔に美容液をつけ、パックをしましょう。まだ髪がタオルに包まれている状態なので、首の裏側のケアもしやすいですよ。

 ただし、肌のコンディションによっては、美容液を化粧水の前に使ったほうが良い場合もあります。特に肌の乾燥が気になる方は、保湿用のセラムやオイルを早めにつけてもOK。その日の自分の状態をよく見て、柔軟にケアしましょう。

パックで肌をいたわってあげよう(写真:iStock)
パックで肌をいたわってあげよう (写真:iStock)

6. タオルをほどいてヘアオイルをつけてドライヤー

 顔にフェイス用シートマスク(パック)をつけている状態で、タオルをほどいて髪をブラシで整えます。必要に応じて、ヘアオイルやアウトバストリートメントをつけ、ドライヤーで髪を乾かしましょう。ちなみに、温風→冷風の順にかけることで、キューティクルが引き締まり、髪にツヤを出すことができますよ。

 もしも、シートマスクを使わない場合は、ドライヤーの前に7.の乳液やクリームを先に行うようにしましょう。

7. パックを剥がして乳液・クリームを塗る

 最後に、フェイス用シートマスクを剥がして、乳液やクリームなどの油分の多いアイテムで仕上げていきます。こってりした質感が苦手な方は、油性タイプのジェルもおすすめです。

 そして、パジャマやルームウェアから露出する部分にもボディクリームを塗りましょう。

効率のいい順番で、肌の水分を逃がさない♡

朝起きるのが楽しみ(写真:iStock)
朝起きるのが楽しみ (写真:iStock)

 お風呂上がりのスキンケアは、やることが多くてうんざりしますよね。しかし、今回ご紹介した順番なら、効率よく保湿ケアができるはず。毎日のルーティンに組み込んで習慣化してしまえば、めんどくささも感じにくくなるかも! この記事を参考に、お肌をいたわるスキンケアをしてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...
二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こ...
プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合...
甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”...
グラデーションリップのやり方♡ 失敗なし&男ウケUPのコツ
 唇の外側に向かって色が薄くなる「グラデーションリップ」は、全体に均一に色をのせるよりも色っぽさや可愛さを演出できると人...
歯のホームホワイトニングデビューした話 2021.6.1(火)
 前回、市販のホワイトニング商品をご紹介しました。色々と試した結果、歯の着色汚れを防いで歯の色を何段階か明るくすることは...
バスタイムケアで全身つるつる♡ おすすめアイテム&ケア方法
 仕事や家事などで、なかなか美容に手が回らないとお悩みの人は多いですよね。そんな時には、ぜひ毎日のバスタイムを活用してみ...
じゅわっと血色感アップ♪ 練りチークの4つの魅力&使い方
 メイクはファッション同様に流行りがあり、そして、メイクアイテムも日々進化しています。慣れたアイテムを使い続けるのも良い...