お風呂上がりスキンケアの順番♪ ボディケアはいつがいい?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-11 06:00
投稿日:2021-02-11 06:00
 お風呂上がりに行うケアって、やることが多いですよね。顔につける化粧水や美容液のほかにも、髪につけるトリートメントオイルや体に塗るボディクリームもあります。これらは一体、どんな順番でつければいいのでしょうか? この記事では、お風呂上がりのスキンケアの順番についてご紹介します。

スキンケア(顔につける化粧品)の基本の順番について

 まずは、お顔のスキンケアの順番について。水分の多いアイテムをはじめに使い、油分の多いアイテムを後に使うというのが、一般的です。

1. 導入化粧水or導入美容液 
2. 化粧水
3. 美容液orパック
4. 乳液
5. クリーム

 基本的には、この順番でケアを行えばOK。ただし、商品によっては推奨している順番が違うこともあるので、必ずパッケージの記載を確認しましょう。同様に、ボディケアの場合も、水分タイプのものははじめに、クリームタイプなど油分の多いものは後から使うといいでしょう。

スキンケア・ヘアケア・ボディケアのおすすめの順番

 では、スキンケアやヘアケア、ボディケアを同時に行う場合はどうでしょう。こちらは、特に決まった順番があるわけではないので、人によってかなり差があるようです。

 ただ、忙しい毎日の限られた時間の中で保湿ケアをするなら、先ほどの基本を踏まえつつも効率的な順番がいいですよね。そこでご提案したいのはこちらの順番です。

1. 髪を包んでタオルドライ
2. 体の水分を拭き取る
3. 導入化粧水or導入美容液→化粧水
4. ボディクリーム
5. 美容液orパック
6. ヘアオイル→ドライヤー
7. 乳液(必要に応じてクリーム)

 それでは、順番に詳細を解説します。

1. 浴室を出る直前に髪を包んでタオルドライ

 まず、はじめに行いたいのがタオルドライ。トリートメントが終わった後、もしくは浴室から出る前のタイミングで、髪を包んでしまいましょう。

 一般的なタオルドライは髪を揉み込むように行われていますが、吸水性の高いタオルを使えば、髪を包むだけでも水分がしっかり吸収されますよ。

2. バスタオルで体の水分を拭き取る

 浴室から出たら、事前にバスタオルで体の水分を手早く拭き取ります。これで、後から使う化粧品と、浴槽のお湯の水滴が混ざらなくて済みますね。

 ちなみに、タオルは清潔なものを使いましょう。不衛生なタオルを使うと、ニキビなど肌トラブルの原因になるので要注意です!

3. 顔に導入化粧水・導入美容液・化粧水を塗る

 体の水分を拭いたら、顔に導入化粧水または導入美容液を塗り、その後、化粧水をつけましょう。

 肌の温度が高い入浴後は水分が蒸散しやすく、とても肌が乾燥しやすい状態。2.のタオルで水分を拭く過程はパパッと済ませ、早めに肌を保湿できるといいですね。

4. 体にボディクリームを塗ってパジャマを着る

 次に、体にボディローションまたはボディクリームを塗っていきます。とくにパジャマやルームウェアで隠れてしまう部分を中心に、丁寧かつ手早く済ませましょう。

 もしもこの段階で顔の乾燥を感じるようであれば、洗顔やクレンジングの洗浄力が強すぎるかもしれません。皮脂の落としすぎは乾燥につながるので、洗浄力がマイルドなアイテムに切り替えてみましょう。

5. 美容液またはパックをつける

 そのあとは、顔に美容液をつけ、パックをしましょう。まだ髪がタオルに包まれている状態なので、首の裏側のケアもしやすいですよ。

 ただし、肌のコンディションによっては、美容液を化粧水の前に使ったほうが良い場合もあります。特に肌の乾燥が気になる方は、保湿用のセラムやオイルを早めにつけてもOK。その日の自分の状態をよく見て、柔軟にケアしましょう。

6. タオルをほどいてヘアオイルをつけてドライヤー

 顔にフェイス用シートマスク(パック)をつけている状態で、タオルをほどいて髪をブラシで整えます。必要に応じて、ヘアオイルやアウトバストリートメントをつけ、ドライヤーで髪を乾かしましょう。ちなみに、温風→冷風の順にかけることで、キューティクルが引き締まり、髪にツヤを出すことができますよ。

 もしも、シートマスクを使わない場合は、ドライヤーの前に7.の乳液やクリームを先に行うようにしましょう。

7. パックを剥がして乳液・クリームを塗る

 最後に、フェイス用シートマスクを剥がして、乳液やクリームなどの油分の多いアイテムで仕上げていきます。こってりした質感が苦手な方は、油性タイプのジェルもおすすめです。

 そして、パジャマやルームウェアから露出する部分にもボディクリームを塗りましょう。

効率のいい順番で、肌の水分を逃がさない♡

 お風呂上がりのスキンケアは、やることが多くてうんざりしますよね。しかし、今回ご紹介した順番なら、効率よく保湿ケアができるはず。毎日のルーティンに組み込んで習慣化してしまえば、めんどくささも感じにくくなるかも! この記事を参考に、お肌をいたわるスキンケアをしてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...