勘違い? 恋愛で“脈あり”と思ってしまいがちな男性の行動5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-03 06:00
投稿日:2021-06-03 06:00
 好きな人との距離が縮まると、「もしかして彼も私に気があるのかも?」と嬉しくなるものです。でも、中には「勘違いだった」というケースもあるのが現実。そんな悲しい思いをしないために、脈ありだと勘違いしてしまいがちな男性の行動や、脈なしサインを見極めるポイントをご紹介します。男性の行動をよく観察して、恋愛での勘違いを防ぎましょう。

恋愛で“脈あり”だと勘違いしてしまいがちな男性の5つの行動

もしかして私のこと好きなの?(写真:iStock)
もしかして私のこと好きなの? (写真:iStock)

 恋愛すると、できるだけ勘違いしないように注意する人も多いはず。しかし、どんなに注意していても、好きな人ができると前のめりになってしまうのはよくある話です。まずはじめに、恋愛でつい勘違いしてしまう男性の5つの行動を見ていきましょう。

1. 何度も二人きりで会おうと誘われる

 気になる男性から「二人きりで会おう」と何度も誘われたら、どんな女性でも「自分が好意があるのでは?」と勘違いしてしまうでしょう。しかし、残念ながら二人きりで会うからと言っても、相手に必ずしも好意があるとは限りません。

 男性は女性に好意がなくても、「一緒にいて気楽だから」「単に女性と遊びたいから」という理由で、女性を誘って来ることがあります。

2. 会話中のボディタッチが多い

 会話中の距離が近かったり、ボディタッチが多かったりすると、つい勘違いしてしまいますよね。でも、男性は好意を持っている女性以外にも、体の関係を目的にボディタッチしてくることがあります。

 女性慣れしている男性は女性との距離を縮めるのが得意なので、こちらが注意していてもうっかり勘違いしてしまいます。たとえ気になる男性だったとしても、過度に馴れ馴れしい場合は注意が必要だと言えるでしょう。

3. 恋愛事情を詳しく聞いてくる

 好みの男性のタイプや彼氏がいるかどうかなど、男性に恋愛事情を詳しく聞かれると「私のことが気になっているのかな?」と思ってしまうもの。

 確かに、男性は好意を抱いている女性に対しても同じように質問をする傾向があるので、見極めがとても難しいシチュエーションです。たくさん質問してくるのに彼がアプローチして来ないなら、単なる興味本位で聞いているのかもしれません。

4. マメに連絡をくれる&LINEの返信が早い

 特に用事がなくてもマメに連絡をくれたり、LINEの返信が早い場合も、女性が恋愛でつい勘違いしてしまう男性の行動のひとつです。

 たとえ「おはよう」や「今仕事終わったよ」など、他愛もない内容の連絡だったとしても、毎日のように連絡が来たら、誰だって勘違いしてしまいますよね。

5. 「◯◯ちゃんだけ」と言ってくる

 会話の節々に「二人で会うのは◯◯ちゃんだけ」「こんな話できるのは◯◯ちゃんだから」など、特別感を出してくるのも女性が勘違いしてしまう男性の行動です。

 本当に心からそう思っていてくれれば嬉しいのですが、男性は好意を持っていない女性にも平気で特別感を感じさせるようなことを言って来る場合があるので気を付けましょう。

恋愛での勘違いで失敗しないためには? 注意したい脈なしサイン

どうして電話に出ないの?(写真:iStock)
どうして電話に出ないの? (写真:iStock)

 恋愛での勘違いで失敗しないためには、男性の脈なしサインをしっかりチェックしておくことが大事でしょう。たとえ今、彼といい感じだったとしても、これからご紹介する4つの項目に当てはまる場合は脈なしの可能性も。彼のいつもの行動をよく思い出しながら、チェックしてくださいね。

1. 自分のプライベートな話をしてくれない

 あなたは彼のプライベートをどのくらい知っていますか? 男性は本命の女性が相手だと自分のことをよく知ってもらいたいと思うので、当然プライベートな話を多くする傾向にあります。

 もしも彼が、家族の話や親しい友達の話など、自分のプライベートな話をしてくれないなら、脈なしの可能性が高いと言えるでしょう。

2. 恋愛に興味がない素振りをする

 男性は脈なしの女性に対して、「仕事が忙しいから、今は彼女はいらない」「俺は生涯独身でいるつもり」など、あれこれ理由をつけて恋愛に発展しないようにすることがあります。

 いい感じになりそうなのに、直前で恋愛に興味がない素振りを見せてくるのであれば、それは彼からの脈なしサインです。

3. 連絡が取れない曜日や時間帯がある

 どんな男性でも好きな女性とはいつでもつながっていたいと思うので、マメに連絡をしたり、彼女からの連絡にはできる限り早く返信しようと思います。

 反対に、脈なしの女性には自分のタイミングで連絡することが多いので、こちらから連絡をしても連絡が取れない曜日や時間帯がある場合には、脈なしだと思って良いかもしれません。

4. 自宅に入れてくれない

 気になる彼と距離が縮まって「このまま彼女になれるかも」と思っていても、彼が自分の自宅にあなたを招き入れてくれない場合は要注意。

 彼の部屋には、あなたに見られると都合が悪いものが隠されているのかもしれません。何度かデートを重ねたり、体の関係を持っても彼の自宅に入れてくれない場合は、少し距離を置いた方が無難でしょう。

恋愛で勘違いしないように男性心理をしっかり理解しよう!

脈なしサインを見極めよう(写真:iStock)
脈なしサインを見極めよう (写真:iStock)

 どんなに注意していても、恋愛中には勘違いしてしまうことがあります。そんな勘違いで失敗しないためには、男性心理をしっかり理解することが大事なポイントになります。

 今回ご紹介したような、男性の脈ありに見えるような行動&脈なしサインを把握しておけば、勘違いで傷つくことも防げるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ