男性がグッとくる…守ってあげたくなる可愛い女性の特徴4つ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-29 06:00
投稿日:2021-05-29 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。女性側が母性を出しすぎて尽くすと、意外に愛されないものです。男性がグッとくる女性、守ってあげたいと思う女性とはできる限りそばにいたいと思うものです。今回はそんな男性心理について具体的に解説したいと思います。

男性は頼られて伸びる

守ってあげたいと思わせる女性って?(写真:iStock)
守ってあげたいと思わせる女性って? (写真:iStock)

 相手に尽くすから愛されるわけではありません。

 男性はほっとけないと思う女性に父性本能が湧き出てくるのです。何でも余裕で出来てしまう女性とは、最初はいいのですが段々と関係性に気合いが入らなくなるものです。

 男性は頼られ感謝されて伸びる。男性の持つ承認欲求のひとつに“大切な人を守る”があります。

 あるキャリアウーマンの美オトナ女子が、全てのスペックで自分より劣る男性に振られた最後の言葉が「君は僕がいなくても大丈夫」でした。

 浮気していた元カレはその後、下積みのフリーターの舞台女優さんと結婚しました。

守りたくなる女性が持つ4つの特徴

頼ってくる=甘える

「パソコンの設定教えて♡」でもOK(写真:iStock)
「パソコンの設定教えて♡」でもOK (写真:iStock)

 甘えるってどういうようにすればいいんですか? とよく質問されますが、甘えること=頼ること=お願いすることです。

 言い方を変えるとできそうな気がしますよね!「道がわかりにくいから教えて~」といった初歩から始めてみて、まずは相手が簡単にクリアできそうなことから甘える練習をしましょう。

一生懸命頑張っている

 何事にも一生懸命取り組んでいる姿、できれば余裕で颯爽とこなしているよりも、“無理している感”といいましょうか、少しやつれながらでも頑張る姿に男性は手を差し伸べたくなるのです。

自分にしか見せない弱さ

 誰にでもいつでもダメな面、弱い面を見せる人は、少しうざったい印象になりますし、重たい女だと思われて守りたい人にはなりません。

 元気な人がふと見せる寂し気な顔、悩んでいる顔……。行き詰まった時に、思わず涙ぐんでしまう感じこそ、父性本能がマックスになる瞬間なんです。

 男性は誰かを守るヒーローになりたいんです。オトコは頼られてなんぼだとお覚えておいてください。

感情を無邪気に表現する

喜び上手は愛され上手(写真:iStock)
喜び上手は愛され上手 (写真:iStock)

 ペットを飼っている方ならわかりやすいかもしれません。ワンちゃんや猫ちゃんは当然、飼い主の食事の世話など一切してくれませんね。

 私たちは一方的に愛情をささげ、面倒を見て可愛がっています。ペットたちの喜ぶ姿が嬉しいし、自分の癒しになります。散歩に行けずふくれているワンちゃんを見て、疲れていても願いをかなえてあげたいと思えるのは、身体を使って喜びを表現するからです。

 喜ぶ姿がたまらなく可愛いわけなんです。幼い子供も同じく、喜びを力いっぱい表現します。

 私の娘は今年27歳ですが非常に喜び上手です。「明日お肉食べに行こうか?」と言うと「行くー! やったあ!」と大きな声で表現します。そんな時、可愛いやっちゃと、どこかへまた連れて行ってあげたいと思ってしまうものです。

 ここ、すごくツボですよ!

まとめ

相手が落ち込んでいる時は癒してあげて(写真:iStock)
相手が落ち込んでいる時は癒してあげて (写真:iStock)

 約85%の男性が女性を守ってあげたいと回答しているそうです。(マイナビウーマン調べ)

 お世話をしてもらうことって、ちっとも迷惑ではありません。しかし、女性も場面によって甘えを一時中止する気遣いは必要です。その見極めはとても大切。

 相手が落ち込んでいる大変な時には、美味しい手料理やほっとする笑顔、何があっても私は大丈夫という、芯の強さだけで十分男性は癒されます。

 何でも頼って「ありがとう」「嬉しい」と、ややオーバー気味に表現するだけで男性は自信がつきます!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ