正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-06 06:00
投稿日:2021-06-06 06:00
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に自分で処理している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ヒゲが生えてしまうおもな原因や正しいケア方法、注意点などをご紹介します。密かにヒゲに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

女性でもヒゲが生えることがある! おもな原因

ヒゲが生えてきた……(写真:iStock)
ヒゲが生えてきた…… (写真:iStock)

 女性でもヒゲが生えてしまう原因はさまざま。たとえば、不規則な生活・食生活の乱れ・ストレス・長年毛抜きで鼻の下やあごの産毛を抜いている・ホルモンバランスの乱れなどが関係していると言われています。つまり、心と体にストレスフルな生活をしてしまうと、女性でもヒゲが生えてしまうことがあるようですね。

ヒゲや産毛を処理することで得られる3つのメリット

ヒゲがなくなると透明感がアップする♡(写真:iStock)
ヒゲがなくなると透明感がアップする♡ (写真:iStock)

「ヒゲが生えてきた」なんて、自分でも認めたくない事実かもしれません。でも、ヒゲや産毛処理を行うのは、女性の身だしなみの一環でもあります。まずは、ヒゲや産毛を処理することで得られる3つのメリットから見ていきましょう。

1. くすみがなくなって透明感が出る

 顔のヒゲや産毛を処理すると、肌に透明感を出すことができます。

 濃いヒゲはもちろん、1本1本が細い産毛はほかの毛と同様に黒色。遠目ではわかりづらいかもしれませんが、処理をしないでいると、肌の色そのものが黒っぽく見えてしまうことも。毛の処理をするだけで、肌のトーンアップにつながるのは大きなメリットでしょう。

 また、ヒゲや産毛を処理する時には古い角質も除去できるため、肌のくすみがなくなるのもポイントです。

2. メイクのノリが良くなる

 ヒゲや産毛を定期的に処理すると、メイクのノリやメイクもちが良くなるのも魅力です。その理由は、産毛をなくすことで肌とファンデーションとの間に障害物がなくなり、肌にピッタリ密着しやすくなるからです。

 また、普段のスキンケアで使用する化粧水や乳液も、ヒゲや産毛を処理することで浸透しやすくなるそうですよ。

3. ニキビができにくくなる

 顔は自分が思っている以上に、汗や皮脂の分泌が活発な場所。産毛があると、余分な汗や皮脂が産毛に絡まってしまい、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう原因になると言われます。

 定期的に正しく産毛を処理することで、関節的にニキビができにくい肌を手に入れることができるのも嬉しいですね。

電気シェーバーorカミソリでヒゲを正しくケアする方法

ヒゲ処理後は保湿ケアを忘れずに!(写真:iStock)
ヒゲ処理後は保湿ケアを忘れずに! (写真:iStock)

 ヒゲや産毛のセルフケアは、電気シェーバーかカミソリで行うのが一般的です。続いては、それぞれの正しいやり方の手順を詳しく見ていきましょう。

電気シェーバーでヒゲや産毛をケアする方法

 まずはじめに、電気シェーバーでの処理の手順をチェックしていきましょう。
1. ぬるま湯で丁寧に洗顔し、肌を冷水で冷やしましょう。
2. 電気シェーバーを使用する前に、肌へのダメージを最小限にするため、よく乾かしてからケアを始めます。
3. 電気シェーバーは、産毛の向きに逆らって使用します。
4. 顔全体の処理が終わったら、しっかり保湿ケアしましょう。

カミソリでヒゲや産毛をケアする方法

 続いては、カミソリでの処理の手順です。電気シェーバーの処理とは違う点もあるので、しっかりチェックしていきましょう。
1. ぬるま湯で丁寧に洗顔します。
2. 産毛の流れに逆らうように、顔全体にクリームを塗ります。
3. 肌を少し引っ張りながら、産毛の流れに逆らわないように剃ります。
4. クリームをぬるま湯で洗い流し、しっかり保湿ケアしましょう。

ヒゲや産毛を処理するときの3つの注意点

肌への負担は最小限に抑えて(写真:iStock)
肌への負担は最小限に抑えて (写真:iStock)

 最後に、ヒゲや産毛を処理するときの3つの注意点をご紹介します。しっかりとルールを守って行わないと肌のトラブルを招いてしまうこともあるので、確認していきましょう。

1. 肌がふやけているときの処理は避ける

 肌がふやけて柔らかくなっているときの処理は、避けるようにしましょう。肌への負担を最小限に抑えることができます。また、カミソリでの処理の場合、乾燥した状態では肌を傷つけてしまいますので、処理前にクリームを塗ることが必須ですよ。

2. 処理後の保湿ケアはいつもよりも念入りに

 電気シェーバーやカミソリでヒゲや産毛を処理した後は、いつもよりも肌がデリケートになっています。処理後にすぐに保湿ケアをしないと、乾燥して肌が突っ張ってしまうこともあるため、いつもよりも念入りに保湿ケアを行うことを心がけてみてください。

 特に、肌の弱い人はパックやマッサージをお休みした方が良いでしょう。

3. 脱毛サロンに通うのもあり

 しっかりとルールを守って行えば、自宅のセルフケアでヒゲや産毛を綺麗にケアすることはもちろん可能です。しかし、「自分でのケアが面倒」「永久脱毛したい」という人は、脱毛サロンに通うのもあり。

 最近では、定額制など自分の予算に合わせてサロンを選ぶことができます。「ヒゲの処理から解放されたい!」という人は、一度カウンセリングを受けてみましょう。

“ヒゲ女”を卒業して透明感のある美肌を手に入れよう♡

脱ヒゲ女で美肌をゲット♪(写真:iStock)
脱ヒゲ女で美肌をゲット♪ (写真:iStock)

 ヒゲや産毛の処理に悩んでいても、誰にも相談できずに一人で悩んでいる人も多いはず。しかし、正しいケアの方法がわからず「何となくこんな感じかな」と独自に処理してしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。

 今回ご紹介した方法を参考に、正しいケア方法で「ヒゲ女」を卒業して、透明感のある透き通った美肌を手に入れましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...
石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...