正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-06 06:00
投稿日:2021-06-06 06:00
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に自分で処理している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ヒゲが生えてしまうおもな原因や正しいケア方法、注意点などをご紹介します。密かにヒゲに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

女性でもヒゲが生えることがある! おもな原因

ヒゲが生えてきた……(写真:iStock)
ヒゲが生えてきた…… (写真:iStock)

 女性でもヒゲが生えてしまう原因はさまざま。たとえば、不規則な生活・食生活の乱れ・ストレス・長年毛抜きで鼻の下やあごの産毛を抜いている・ホルモンバランスの乱れなどが関係していると言われています。つまり、心と体にストレスフルな生活をしてしまうと、女性でもヒゲが生えてしまうことがあるようですね。

ヒゲや産毛を処理することで得られる3つのメリット

ヒゲがなくなると透明感がアップする♡(写真:iStock)
ヒゲがなくなると透明感がアップする♡ (写真:iStock)

「ヒゲが生えてきた」なんて、自分でも認めたくない事実かもしれません。でも、ヒゲや産毛処理を行うのは、女性の身だしなみの一環でもあります。まずは、ヒゲや産毛を処理することで得られる3つのメリットから見ていきましょう。

1. くすみがなくなって透明感が出る

 顔のヒゲや産毛を処理すると、肌に透明感を出すことができます。

 濃いヒゲはもちろん、1本1本が細い産毛はほかの毛と同様に黒色。遠目ではわかりづらいかもしれませんが、処理をしないでいると、肌の色そのものが黒っぽく見えてしまうことも。毛の処理をするだけで、肌のトーンアップにつながるのは大きなメリットでしょう。

 また、ヒゲや産毛を処理する時には古い角質も除去できるため、肌のくすみがなくなるのもポイントです。

2. メイクのノリが良くなる

 ヒゲや産毛を定期的に処理すると、メイクのノリやメイクもちが良くなるのも魅力です。その理由は、産毛をなくすことで肌とファンデーションとの間に障害物がなくなり、肌にピッタリ密着しやすくなるからです。

 また、普段のスキンケアで使用する化粧水や乳液も、ヒゲや産毛を処理することで浸透しやすくなるそうですよ。

3. ニキビができにくくなる

 顔は自分が思っている以上に、汗や皮脂の分泌が活発な場所。産毛があると、余分な汗や皮脂が産毛に絡まってしまい、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう原因になると言われます。

 定期的に正しく産毛を処理することで、関節的にニキビができにくい肌を手に入れることができるのも嬉しいですね。

電気シェーバーorカミソリでヒゲを正しくケアする方法

ヒゲ処理後は保湿ケアを忘れずに!(写真:iStock)
ヒゲ処理後は保湿ケアを忘れずに! (写真:iStock)

 ヒゲや産毛のセルフケアは、電気シェーバーかカミソリで行うのが一般的です。続いては、それぞれの正しいやり方の手順を詳しく見ていきましょう。

電気シェーバーでヒゲや産毛をケアする方法

 まずはじめに、電気シェーバーでの処理の手順をチェックしていきましょう。
1. ぬるま湯で丁寧に洗顔し、肌を冷水で冷やしましょう。
2. 電気シェーバーを使用する前に、肌へのダメージを最小限にするため、よく乾かしてからケアを始めます。
3. 電気シェーバーは、産毛の向きに逆らって使用します。
4. 顔全体の処理が終わったら、しっかり保湿ケアしましょう。

カミソリでヒゲや産毛をケアする方法

 続いては、カミソリでの処理の手順です。電気シェーバーの処理とは違う点もあるので、しっかりチェックしていきましょう。
1. ぬるま湯で丁寧に洗顔します。
2. 産毛の流れに逆らうように、顔全体にクリームを塗ります。
3. 肌を少し引っ張りながら、産毛の流れに逆らわないように剃ります。
4. クリームをぬるま湯で洗い流し、しっかり保湿ケアしましょう。

ヒゲや産毛を処理するときの3つの注意点

肌への負担は最小限に抑えて(写真:iStock)
肌への負担は最小限に抑えて (写真:iStock)

 最後に、ヒゲや産毛を処理するときの3つの注意点をご紹介します。しっかりとルールを守って行わないと肌のトラブルを招いてしまうこともあるので、確認していきましょう。

1. 肌がふやけているときの処理は避ける

 肌がふやけて柔らかくなっているときの処理は、避けるようにしましょう。肌への負担を最小限に抑えることができます。また、カミソリでの処理の場合、乾燥した状態では肌を傷つけてしまいますので、処理前にクリームを塗ることが必須ですよ。

2. 処理後の保湿ケアはいつもよりも念入りに

 電気シェーバーやカミソリでヒゲや産毛を処理した後は、いつもよりも肌がデリケートになっています。処理後にすぐに保湿ケアをしないと、乾燥して肌が突っ張ってしまうこともあるため、いつもよりも念入りに保湿ケアを行うことを心がけてみてください。

 特に、肌の弱い人はパックやマッサージをお休みした方が良いでしょう。

3. 脱毛サロンに通うのもあり

 しっかりとルールを守って行えば、自宅のセルフケアでヒゲや産毛を綺麗にケアすることはもちろん可能です。しかし、「自分でのケアが面倒」「永久脱毛したい」という人は、脱毛サロンに通うのもあり。

 最近では、定額制など自分の予算に合わせてサロンを選ぶことができます。「ヒゲの処理から解放されたい!」という人は、一度カウンセリングを受けてみましょう。

“ヒゲ女”を卒業して透明感のある美肌を手に入れよう♡

脱ヒゲ女で美肌をゲット♪(写真:iStock)
脱ヒゲ女で美肌をゲット♪ (写真:iStock)

 ヒゲや産毛の処理に悩んでいても、誰にも相談できずに一人で悩んでいる人も多いはず。しかし、正しいケアの方法がわからず「何となくこんな感じかな」と独自に処理してしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。

 今回ご紹介した方法を参考に、正しいケア方法で「ヒゲ女」を卒業して、透明感のある透き通った美肌を手に入れましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...