顔の産毛処理は必要なの?4つの処理方法&得られるメリット

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-04-01 06:00
投稿日:2020-04-01 06:00
 スキンケアやメイクの際、「顔のくすみが気になる」と悩む人は少なくありません。「しっかりケアやメイクをしているはずなのに」と思う人は、もしかすると“顔の産毛”が原因かもしれませんよ?そこで今回は、顔の産毛処理の方法&処理後のメリットについてご紹介します。 

顔の産毛処理ってどうやるの?4つの方法

顔の産毛どうしてる?(写真:iStock)
顔の産毛どうしてる? (写真:iStock)

 あなたは、顔の産毛処理をしていますか?産毛があまり気にならない人の中には、「一度も処理をしたことがない」という人もいるかもしれませんね。

 しかし、顔には意外とたくさんの産毛が生えています。明るい場所でチェックすると、「こんなに産毛が生えているなんて!」とびっくりする人もいるかも。ここでは、そんな産毛の処理方法についてご紹介します。

1. T字カミソリで剃る

 もっとも一般的な産毛処理の方法は、カミソリを使用する処理。T字カミソリ、I字カミソリなどを使って剃っていきます。

 ただし、少なからず肌に負担がかかってしまうため、事前に蒸しタオルやスチーマーを使って毛穴を開き、産毛を立たせ、クリームを使うなど、肌をいたわりながら剃ることが肝心です。

2. 電動シェーバーで剃る

 産毛処理初心者にとって、「カミソリで剃るのは怖い」と感じる人もいるでしょう。そんな人におすすめなのは、電動シェーバー。

 電動シェーバーはカミソリとは異なり、間違って肌に触れても切れる恐れがありません。肌への負担も少ないため、初心者でも比較的簡単に処理を行うことができます。

3. 脱毛クリームで処理する

 カミソリや電動シェーバーでの産毛処理は、角質などをはがして傷つけてしまうこともあるため、どうしても肌ダメージが気になってしまいます。肌が弱い人にとっては、抵抗のある方法といえるでしょう。

 そんな人には、脱毛クリームでの処理がおすすめ。脱毛クリームの中には、顔にも使用できるタイプがあります。天然成分など肌に優しい成分で作られたクリームであれば、肌に優しく処理を行うことができるでしょう。

4. プロにお願いする

「自分で処理をする自信がない」という人は、プロにお願いするのも一つの方法です。

 最近では、エステサロンや美容室などでも「顔剃り」を行っているところがあります。コストはかかってしまいますが、肌ダメージも少ないため、こういったところでプロにケアしてもらうというのも一案です。

産毛処理って必要?処理後の4つのメリット

メイクのノリが格段にUP(写真:iStock)
メイクのノリが格段にUP (写真:iStock)

 顔の産毛は、よっぽど濃くなければ気にならないもの。そのため、「産毛処理って、必要なの?」と思う人も多いかもしれませんね。しかし、顔の産毛処理には嬉しいメリットがあるんですよ。

1. くすみがなくなり、顔色がワントーン明るくなる

 産毛がそれほど目立っていない人でも、顔には多くの産毛が生えています。1本1本は細くて目立たない産毛ですが、顔全体に生えているとどうしても肌色がワントーン暗く見えてしまいがち。

 顔の産毛処理後には、顔色がパッと明るくなります。気になるくすみがなくなり、ワントーン明るい肌色をすぐに実感することができますよ。

2. メイクノリがアップ、崩れにくくなる

 産毛は1本1本がとても細いため、メイクをする時などもあまり気にならないものです。 しかし、産毛が生えているということは、肌表面ではなく産毛の上からメイクをしているということ。

 産毛処理を行うと、肌表面に直接メイクを乗せることができるため、メイクノリが格段に良くなります。また、肌に直接メイクを乗せることで、メイク崩れも起こりにくくなるでしょう。

3. 毛穴が気にならなくなる

「毛穴が目立つ」とお悩みの方にも、顔の産毛処理は有効です。産毛は、当然毛穴から生えているもの。産毛がなくなることで毛穴が引き締まったように見せたり、毛穴詰まりも解消しやすくなるでしょう。

 ただし、毛穴詰まりによるニキビなどができている時に産毛処理を行うのはNG。刺激となって悪化させてしまう可能性があるため、肌の調子が落ち着いてからにしましょう。

4. スキンケアがしやすくなる

 毎日行うスキンケアですが、お使いのアイテムの効果は実感できていますか?古い角質や汚れで毛穴詰まりを起こしていると、せっかくの化粧水や美容液の成分を肌の奥まで届けることができず、効果を得づらくなってしまいます。

 産毛処理は、そんなスキンケアアイテムの浸透もサポートしてくれます。古い角質を落としてくれるため、効果を実感しやすくなりますし、スキンケアの際の手触りなども良くなります。

顔の産毛処理は安全に!ワントーン明るい肌色を手に入れて♪

産毛処理でワントーン明るい肌を(写真:iStock)
産毛処理でワントーン明るい肌を (写真:iStock)

 ついつい見落としがちな、顔の産毛処理。意外なメリットがたくさんあるため、今日からでも取り入れたくなる人もいるのではないでしょうか?

 しかし、どんなにメリットが多くても、間違った方法で行えば、肌トラブルなどのデメリットが起こる可能性があります。頻繁なケアは肌への負担が大きくなってしまうため、処理後は保湿ケアをしっかりと行うことが大切ですよ。

 ぜひ、正しく安全な産毛処理で、ワントーン明るい肌色を手に入れてくださいね♪ 

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...
驚愕!ずぼらな“口腔ケア”がアナタの人生を残酷に変える…!
 口腔ケアを怠ってしまうと、認知症をはじめ、さまざまな病気が起こると問題視されるようになった昨今。しかし、その受け止め方...
ファンデーションがマスクにつかなくなる♡ 8つのメイク術!
 コロナ禍が始まってから、私たちの生活に欠かせなくなった「マスク」。そんなマスクは、気になる肌悩みをカバーしてくれるとい...
お風呂上がりスキンケアの順番♪ ボディケアはいつがいい?
 お風呂上がりに行うケアって、やることが多いですよね。顔につける化粧水や美容液のほかにも、髪につけるトリートメントオイル...
パサパサ髪がつらい…ドライヘアになる原因&5つの改善方法
 髪の毛が乾燥して“ドライヘア”になってしまうと、見た目もパサパサになりますし、ヘアセットもなかなかうまく決まらないもの...