“彼が会いに来る女性”と“彼が会いに来ない女性”の違いとは?

内藤みか 作家
更新日:2021-07-01 06:00
投稿日:2021-07-01 06:00
「彼がなかなか会ってくれない……」。これがコロナ禍での女性の大きな悩みとなっています。コロナ禍前は週1で会っていたのに、コロナ禍以降は月1以下にペースが落ち込むカップルも珍しくはありません。及び腰の彼に「今すぐ会いたい」と思ってもらうためには、どんなことをすればいいのでしょうか。

彼はどうして会ってくれないの?

彼に会いたいのに…(写真:iStock)
彼に会いたいのに… (写真:iStock)

 コロナ以降、彼が全然会ってくれない。そう嘆く女性が大勢います。けれど、その一方で、彼が前にも増して会いに来る、という女性も一部には存在しています。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

 実は「彼が会いに来てくれない」と言っている女性たちは、ほとんどが、彼に「今度いつ会える?」という催促をしています。そして彼がなかなか日程を決めないと「もう何日も会ってないのに!」と怒り出すのです。たとえ緊急事態宣言下であっても怒るのです。

会う回数=愛情ではない

 緊急事態宣言も出ているので、少しデートも控えたほうがいいだろう。むやみに出歩いて感染したら仕事にも支障が出てしまうし……。多くの真面目な男性は、このように考えています。そして恋人のことが大切だからこそ、感染が落ち着くまでは濃厚接触はリスクもあるし、と思っているのです。

 けれど女性たちは、男性が会わなくなると「愛情が薄れてしまったのでは?」と不安にとらわれてしまいがち。「私と会っていない時に、他の女性と会っているのでは?」という妄想に駆られて、彼に何度も「会いたい」を連呼してしまいます。その結果、彼から「交際を考え直したい」とフられてしまった女性も大勢います。

ひとりを楽しめる女性になろう

料理が得意な女性に男性は惹かれる(写真:iStock)
料理が得意な女性に男性は惹かれる (写真:iStock)

 では、このような状況下でも彼が「会いたい」「会わなくては」と感じ、実際に会いに行く女性がいます。いったいどのような人なのでしょうか。それは、実は、彼と会えなくても全然さみしそうに見えない女性たち、ひとりの日々を楽しそうに暮らしている女性たち、なのです。

 ひとりで過ごす部屋の中でも、趣味に没頭したり、何かの勉強を始めてみたり。生活を充実させて生き生きとしている女性を見ると、男性は「あれ?僕のことを忘れちゃったの?」「ひょっとして他に親しいができたのかな?」と心配になり、会いたくなってしまうのです。

料理画像は黄門様のご印籠

 そして、男性がとても会いたくなるのは、料理上手な女性です。SNSや彼へのメッセージに手作りの美味しそうな食事の画像をアップするだけで「美味しそう! 食べたい!」と感じてしまうのです。特にひとり暮らしの男性ほど、料理が得意な女性への憧れは強いようです。

 ひとり暮らしを始めたら、彼がしばしばやって来るようになったという報告もあります。ゆっくりお家デートができれば密ではないので安全だし、手作り料理もついてくるので、彼も大満足なのです。何度もお泊まりするうちに、自然と同棲や結婚の話も出てきているのだとか。

「今はしかたないよね」と割り切る

こういう時期だから仕方ない!(写真:iStock)
こういう時期だから仕方ない! (写真:iStock)

 なにより大切なのは、社会が大きく変化しても、どっしりと構える勇気です。「どうしようどうしよう」と彼に助けを求めるだけでは、彼も負担に感じてしまうのです。「こういう時期だからしかたないよね」と言える女性、「私は大丈夫だから、あなたもがんばってね」と言える女性に、男性は芯の強さを感じ、こういう女性と一緒に生きていきたいと考えるのです。

 世界が大きく変動しているなか、しっかりと自分の足で立てている女性に、男性は魅力を感じます。自分らしさを失わずに過ごしている女性の姿はとても美しいものです。面白いものでこういう女性ほど彼が会いに行くと伝えても「ウイルスが心配だから無理しないでいいよ」と断ったりしているのです。会いたいとアピールするよりは「会わなくても大丈夫だよ」と伝えられる女性を目指したほうが、男性には愛されるのかもしれません。

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...