パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-07-26 06:00
投稿日:2021-07-26 06:00
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っているという人は多いかもしれません。でも実は、パフやスポンジを「水あり」に変えるだけで、たくさんの嬉しい効果があるんです。今回は、パフやスポンジを「水あり」で使うメリットや、使い方、お手入れ方法などをご紹介します!

パフ&スポンジを「水あり」で使うって?

「水あり」パフ&スポンジって何?(写真:iStock)
「水あり」パフ&スポンジって何? (写真:iStock)

 ファンデーションの表記を良く見てみると、「水あり対応」「水なし専用」「水あり水なし兼用」などと書かれていることがあります。これは、パフやスポンジを水に濡らして使うか、乾いた状態で使うか、どちらに対応しているのかの違いです。

 たとえば、水なし専用ファンデーションを使う際、「水あり」のパフやスポンジを使うと、ファンデーションが固まったり、水がファンデーションに染み込んで質が悪くなったりすることがあります。

 そのため、パフやスポンジを水ありで使う際には、「水あり」「水あり水なし兼用」と記載のファンデーションを使うようにしましょう。

パフ&スポンジを「水あり」で使う際の5つのメリット♡

肌に透明感が(写真:iStock)
肌に透明感が (写真:iStock)

 続いては、パフやスポンジを水ありで使うと得られる嬉しいメリットをチェックしていきましょう!

1. ファンデーションの密着感が高まる

 パフやスポンジを水ありで使うと、ファンデーションに含まれるパウダーと油分がパフやスポンジに含まれた水分によって馴染み、より肌にフィットします。そのため、肌への密着感が高まり、より素肌っぽいナチュラルな仕上がりになります。

2. 薄づきでつけられるので透明感が出る

 水ありのパフやスポンジを使うと、水なしよりもファンデーションを薄づきでつけられます。密着感はありながらも、ほどよく肌が透けて見えるため、透明感が出るのもメリットです。

3. ムラなく均一につけることができる

 指や手を使ってファンデーションを塗るよりも、水ありのパフやスポンジを使ったほうが、肌にスムーズに伸ばすことができます。また、パフやスポンジの形状も意識すると、塗りにくい小鼻や目の周りの部分まで均一にムラなくつけられます。

4. ベースメイクが崩れにくい

 ファンデーションはパウダーの状態で塗るよりも、水ありのパフやスポンジで塗ることで密着感が高まり、ベースメイクが崩れにくくなります。また、ひんやりしたつけ心地なので、暑い季節でも気持ち良く使えます。

5. ツヤが出る

 パフやスポンジを水ありで使うと、水分によって自然で美しいツヤを出すことができます。ツヤでハイライト効果も得られるので、肌が綺麗に見えますよ♡

 ふんわりした仕上がりにしたいなら水なしのパフやスポンジを、ツヤを出したいなら水ありで使用するなど使い分けると良いでしょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...