ファンデーションがマスクにつかなくなる♡ 8つのメイク術!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-12 06:00
投稿日:2021-02-12 06:00
 コロナ禍が始まってから、私たちの生活に欠かせなくなった「マスク」。そんなマスクは、気になる肌悩みをカバーしてくれるというメリットがありますが、その反面、ファンデーションをはじめとしたメイクがついてしまうのが難点。特に不織布マスクは汚れるたびに替えるため、経済的にも負担が大きくなりますよね。そこで今回は、ファンデーションがマスクにつきにくくなるメイク方法や、試してみるべきテクニックをご紹介します。

ファンデーションがマスクにつかなくなる6つのメイク術

マスクにファンデがついていないか心配…(写真:iStock)
マスクにファンデがついていないか心配… (写真:iStock)

 自分のマスクとはいっても、ファンデーションがついたマスクをまた使うのは気持ちがいいものではありません。でも実は、マスクにつくファンデーション汚れは、メイク方法を工夫することで防ぐことができるんですよ。

1. スキンケアで乾燥対策する

 そもそもファンデーションの崩れやヨレがおこるのは、肌の乾燥も原因のひとつ。マスクの中はいつもしっとりとして湿度が高いと思われがちですが、マスクを取ると、それまでこもっていた湿気が蒸発するため、肌が乾燥しやすいんです。

 そのため、スキンケアでしっかりと乾燥対策をしておくことが必須! 水分と油分をしっかりと補いましょう。

2. 化粧下地は皮脂や汗に強いものを選ぶ

 ファンデーションをつける前には化粧下地を用いていると思いますが、化粧崩れを防ぐためには下地選びも重要です。

 皮脂や汗に強い化粧下地を用いていれば、ファンデーションの持ちもアップし、マスク汚れ予防にもつながります。また、カバー力は落ちるものの、ファンデーションを使わずに色付き下地の上にパウダーを乗せることで、マスク汚れを激減させることができるでしょう。

3. ファンデーションはリキッドタイプがおすすめ

 マスクにファンデーションがつくと聞くと、「リキッドタイプの方が、落ちやすそう」と、思っている人が多いでしょう。

 しかし実は、肌に密着しやすいリキッドタイプのファンデーションのほうが、マスクへのファンデ移りは少ないんですよ。対して、パウダーファンデーションは、残ったパウダーがマスクにつきやすくなるので要注意です。

4. ファンデーションは薄付きにする

 ファンデーションがマスクにつくのを防ぐためには、ファンデーションを薄付きにすることも必要です。どんなに落ちにくいと言われるリキッドファンデーションでも、厚塗りをすればマスクにつく可能性は高くなるでしょう。

 気になる肌悩みはコンシーラーなどで部分的にカバーして、できるだけ薄づきになるようにメイクを行いましょう。

5. パウダーは気になる部分だけカバー

 メイク崩れを防ぐため、仕上げにパウダーを使っている人が多いでしょう。でも、マスクをする時には、顔全体ではなく、気になる部分だけ使うのがおすすめ。

 皮脂が気になる部分だけに使用することで、マスクへのメイク移りを減らすことができます。さらに、パウダーはブラシでつけることで、より効果を高めることができるでしょう。

6. メイク後はティッシュで軽くオフする

 マスクにファンデーションがつくのを防ぐためには、メイク後に軽くティッシュでオフするのも効果的です。

 メイク崩れ防止のために行っている人も多いと思いますが、メイクが崩れにくくなるということは、マスクにも汚れがつかないということ。一手間かかりますが、ぜひ試してみてください。

マスクへのファンデ移りを防ぐのプラスαのテクニック2選

ベビーパウダーを仕込むのもおすすめ(写真:iStock)
ベビーパウダーを仕込むのもおすすめ (写真:iStock)

 メイク方法を工夫することで、マスクへのファンデ移りを防ぐことができますが、実はちょっとしたテクニックやアイテムを加えることでも、マスク汚れを格段に減らすことができます。プラスαのテクニックをご紹介します。

1. マスクの下にティッシュやガーゼをプラスする

 マスクをする際、ほとんどの人は肌に直接マスクが当たっているでしょう。だからこそ、ファンデーションがつきやすくなってしまうのです。

 これを防ぐためには、マスクの下にティッシュやガーゼをプラスするのがおすすめ! 肌に直接マスクが当たらないため、マスクにファンデーションがついてしまうのを簡単に防ぐことができます。

 ガーゼ素材であれば、洗って何度も使うことができるため、マスク寿命を延ばしてコスパアップにもつながりますね。

2. マスクの内側にベビーパウダーをプラスする

 マスクにファンデーションがつくのは、メイク方法だけではなく、マスクに工夫をすることでも防ぐことができます。

 その方法とは、マスクの裏側にうっすらとベビーパウダーをはたいておくだけ。クッション替わりになり、汚れがつきにくくなるんですよ。また、ベビーパウダーは肌負担も少ないですから、肌がデリケートな人でも安心ですね。

ファンデーションのマスク汚れを防いで、メイクもちもアップしよう

いつでも清潔なマスクを使いたい♪(写真:iStock)
いつでも清潔なマスクを使いたい♪ (写真:iStock)

 マスクを頻繁に使っている今、「マスク代ってバカにならないな」と思っている人も多いでしょう。当然、マスクは清潔なものを使いたいですから、ファンデーションがついてしまったものは処分するしかありません。

 しかし、ファンデーションがマスクにつくのを防ぐことができれば、マスクの寿命を延ばすことができます。ちょっとした工夫で汚れを防ぐことができるため、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ビューティー 新着一覧


デスクワークの合間にできる“座ったままストレッチ”5選♡
 コロナ禍で、自宅でデスクワークをする人が増えていますよね。そんな中、肩こりや背中、首の痛みを感じている人も多いようです...
お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その...
「ティントリップ」を簡単にオフするならワセリンが最高!
 長引くマスク生活に便利な「ティントリップ」。マスクをつけたり、食事をしたりしても落ちにくいと人気ですが、逆にいえば「落...
合わないシャンプー&リンスの捨て方は?便利な活用法6選♪
 みなさんは、髪や肌に合わないシャンプーやリンスをどうやって捨てていますか?「捨て方がわからない」「気づけば家にたくさん...
マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」に...
カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリ...
「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...