5分で完成♡マスクによく合う“ゴム&ピンだけの前髪アレンジ”

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2021-05-16 06:00
投稿日:2021-05-16 06:00
 マスクを付けて外出することが当たり前になった現在、ワンパターンなヘアスタイルになっていませんか? 今回は、短時間でできるうえ、簡単なのに凝って見える前髪アレンジをご紹介します。
 用意するものは、なんとヘアゴム2本だけ! 前髪が短い人は、ヘアピンも用意してください。ゴールドやシルバーのものだと華やかになるので、なお良いですよ。ではさっそく、手順をご紹介します。

1. 分け目をきっちりつくる!

分け目はきっちりと
分け目はきっちりと

 今回ご紹介する簡単ヘアアレンジを成功させるためには、分け目をはっきりさせておくことが必要。ここが重要ポイントです。

 前髪があってもなくても、写真のようにラインが出るまで、きっちり分けていきましょう。筆者は、今回センター分けですが、7:3でも8:2でもお好みの分け目でOK。ゆるさを出したい人は、後れ毛も出していきましょう。

2. 三つ編みor編み込みをする!

後ろの髪まで編み過ぎないように
後ろの髪まで編み過ぎないように

 続いては、三つ編みor編み込みをしていきます。編み込みができるなら、表編みの編み込みをすると凝って見えやすいですよ。

 三つ編みや編み込みをするのは、表面の髪の毛のみです。編む髪の毛のボリュームは、上の写真を参考にしてみてください。編み込んだ部分に髪の毛が覆い被さるようにしたいので、手前の髪の毛のみで仕上げるイメージで作っていきましょう。

 このとき、後ろの髪の毛まで編みすぎないようにするのが、美しく仕上げるコツです。

 また、前髪が短い人は、無理に編み込まなくても大丈夫。編めずに邪魔になってしまう前髪は、用意したピンでとめていきましょう。

 もしも髪の毛の量が少なく、細い三つ編みや編み込みになってしまっても大丈夫です。編んだ後にゆるっとほぐせば、細い三つ編みや編み込みも存在感のある“編みヘア”に変化します。

ほぐし加減はお好みで
ほぐし加減はお好みで

 こちらは、筆者の編んだ髪をほぐした写真です。ほぐす加減は、もちろんお好みで構いません。

 三つ編みの場合には、ゆるゆるとほぐした方が編み込みに近い見た目になるので、大胆にほぐしてしまいましょう。あまり派手にしたくないときには、少量だけとり、細かくほぐしていくといいですよ。

【番外編】さらに可愛くしたいときの裏ワザ

 よりおしゃれな髪型にしたい人は、毛先をワンカールするか、または、ゆるく全体を巻いてみましょう。このほか、ヘアピンやクリップを使って飾り付けるのも最高のアレンジになります。うまく三つ編みをほぐせなかった場合には、ボサボサになった箇所にアクセサリーをつけることでカバーもできます。これで、単なる編み込みヘアが、さらに可愛くなりますよ♡

 今回ご紹介したアレンジは、マスクによく合うスタイル。慣れれば、5分でできます。「前髪アレンジは、顔が大きく見えるから」という理由でアレンジをしないのは、筆者から言わせれば、とってももったいないです!

 おでこを出すだけでイメチェン効果も狙えますし、編み込みとマスクのコントラストは写真でも“映え”ますから、お気に入りのマスクがより可愛くなること間違いなしですよ!

<文・社〉時短美容協会所属/鈴木友香〉

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...