スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに

コクハク編集部
更新日:2021-07-25 06:00
投稿日:2021-07-25 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶや」の藪晋伍さんに、スーパーで手に入る食材で作れる「鰻カリー」のレシピを教えていただきました。

ロティのような味わいのお燗が料理を引き立てる

合うお酒=「英君山廃純米」のお燗(C)コクハク
合うお酒=「英君山廃純米」のお燗 (C)コクハク

 スパイス料理のレシピというと、不安が先に立つ人も多いのではないでしょうか。「スパイスをいろいろ揃えなければならないんじゃないか」「難しいテクニックが必要なんじゃないか」……など、思ってしまいますよね。

「今回紹介したレシピはすべて、スーパーで手に入れられるものでできるもの。だれでも簡単にできるはずです!」

 鰻のかば焼きも、藪さんの手にかかれば一気に異国モードただよう一皿に。でも、レシピを見れば、ほとんどが自宅のキッチンにある材料ばかりです。ぜひトライしてみてください。

 合わせる「英君山廃純米」は、開栓して1カ月以上常温熟成させたもの。お燗することで全粒粉パン(ロティ)のような味わいが出てきます。それがこの料理のおいしさを一層引き立てるのです。

材料

・バター 50グラム
・鰻かば焼き 1匹
・玉ねぎ(スライス) 1個
・トマト缶 200グラム
・ししとう(小口切り) 4本
・おろしニンニク 小さじ1
・おろしショウガ 小さじ1
・ココナツミルク 200ミリリットル
・水 100ミリリットル
・カレー粉 大さじ1
・唐辛子粉 小さじ1
・ガラムマサラパウダー 小さじ半分
・かば焼きのたれ 10グラム
・山椒 お好みで
・ヨーグルト 30グラム
・塩 少々

レシピ

(1)小さい鍋でバターを熱し、溶けたら玉ねぎ、塩を入れ、しんなりするまで炒める
(2)ニンニク、ショウガを入れ、ニンニクのツンとした香りが飛んだら、ししとう、トマト缶を入れる
(3)全体がなじんで沸いたら、カレー粉、唐辛子粉、ガラムマサラパウダーを入れ30秒ほど炒め、ヨーグルトを加える
(4)全体がなじんだらココナツミルクと水、鰻を入れ蓋をし、時々かき混ぜながら10分煮込む
(5)蓋を開けて、たれを入れ、さらに5分煮込みトロッとしたら完成。仕上げにお好みで山椒を振ってどうぞ

本日のダンツマ達人…藪晋伍さん

▽藪晋伍(やぶ・しんご)
 大阪府生まれ。プロボクサー時代、「減量にいいかな」と思って働いた薬膳料理屋がスリランカ人だらけ。彼らが作る料理を食べ、スパイスの世界にハマった。南インド料理屋「エリックサウス」で料理を学び、本場パキスタン料理店の集まる、埼玉・八潮の人気店「カラチの空」で日本人として初めて厨房へ入り修業を積んだ。

▽Spice Drunker やぶや
 2018年に浅草で間借り営業を開始。瞬く間に人気店となったが、当初の予定通り約5カ月で閉め、料理のブラッシュアップと経営の勉強に費やした。満を持して今年1月30日オープン。完全予約制で、スパイス料理と日本酒(燗酒)のペアリングコース税抜き8000円(ノンアルペアリング、または日本酒とノンアルの行ったり来たりもOK)のみ。神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1―3―7 沼田ビル3階。※予約はFacebookのDMで。

(日刊ゲンダイ2021年7月17日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...