アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-27 06:00
投稿日:2021-09-27 06:00
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムですよね。とはいえ、ほかのスキンケアアイテムも含めて「塗る順番がわからない」と思っている人は多いようなんです。そこで今回は、アイクリームの効果を最大限に引き出す順番や、正しい塗り方をご紹介します。

アイクリームを塗る順番はいつ?

アイクリームを塗る順番は乳液のあと!(写真:iStock)
アイクリームを塗る順番は乳液のあと! (写真:iStock)

 アイクリームの製品の特徴によっても変わってくるのですが、基本的には「化粧水→美容液→乳液→アイクリーム→クリーム」の順番で塗るのが、一番効果的だといわれています。

 この順番は、みずみずしいテクスチャーのものから始まり、油性成分が多く含まれるアイテムが後半にくるようになっています。ただし、アイクリームの製品に使用順が記載されている場合は、その指示に従ってくださいね。

効果絶大♡ アイクリームの正しい塗り方&マッサージ

アイクリームの正しい塗り方は?(写真:iStock)
アイクリームの正しい塗り方は? (写真:iStock)

 続いては、アイクリームの効果をより実感できる正しい塗り方をチェックしていきましょう!

1. アイクリームをのせる

 まずは、アイクリームを手の平にとって人肌程度に温めていきます。次に、温まったアイクリームを指先につけて、両目の上瞼、下まぶたに点々とのせていきましょう。

 温めることでアイクリームが馴染みやすくなり、点置きすることで、肌の上で伸ばす時の負担を軽減できます。

2. 薬指で優しく伸ばす

 目元は、顔のほかの部位に比べて、非常に皮膚が薄いです。そのため、基本はあまり力が入りづらい薬指を使って塗るのがベスト。塗る順番はこちらです。

1. アイクリームを塗らないほうの手でこめかみを軽く押さえ、皮膚を引き上げます。
2. 上まぶたの目尻から目頭に向かって、トントンと馴染ませます。
3. 下まぶたの目尻から目頭に向かって、同じように馴染ませます。

 塗る時に皮膚を強くこすってしまうと、シワやたるみの原因を作ってしまいます。特に、上まぶたは皮膚が薄い部位なので、優しく塗るようにしましょう。

3. 目元をマッサージする

 アイクリームを塗り終わったら、次はマッサージを取り入れるのが効果的。マッサージは、以下の部位を優しく3秒程度押し込んでいく方法がおすすめです。

・眉頭のくぼんだ部分……くすみ、小ジワ改善
・目頭のくぼんだ部分……ハリ&弾力アップ
・目尻から1cm外側にあるくぼんだ部分……乾燥、たるみ、小ジワ改善 

 ツボ押しを習慣にすることで、目元をより明るくハリのある印象に変えることができますよ。

アイクリームに関するよくある疑問を解消!

よくある疑問を解消!(写真:iStock)
よくある疑問を解消! (写真:iStock)

 最後に、アイクリームに関する気になる疑問にお答えしていきます!

Q1:アイクリームは朝も塗ったほうがいいの?

 アイクリームは、毎日朝と夜に使うと、より効果を実感しやすいでしょう。ただし、朝にアイクリームを使うと、アイクリームに含まれる油分でメイクが崩れやすくなってしまいます。

 メイク崩れが気になる人は、塗った後にティッシュオフする、ベタつかないテクスチャーのものを選ぶ、夜のみ使用するなど、工夫してみてくださいね。

Q2:アイクリームはほかの部位に使ってもいい?

 アイクリームは、デリケートな目元用に低刺激&高保湿で作られているため、顔のほかの部位に使ってもまったく問題ありません。特に、敏感肌の人には嬉しいですよね。

 おすすめの部位としては、乾燥しやすいおでこや口元に使うこと。乾燥することで、小ジワやほうれい線が目立ちやすくなるので、こまめにケアしましょう。

アイクリームを塗る順番は大事! 効果を最大限アップさせて♡

アイクリームを塗る順番を間違えずに♪(写真:iStock)
アイクリームを塗る順番を間違えずに♪ (写真:iStock)

 アイクリームを使う順番の違いなんて、ほんの些細なことに感じるかもしれません。でも、スキンケアは日々積み重ねて効果が出るもの。それは、小さな差も積み重ねると大きな差になるということです。

 ぜひ、今日からアイクリームの効果を最大限引き出す正しい使い方をしてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...