アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-27 06:00
投稿日:2021-09-27 06:00
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムですよね。とはいえ、ほかのスキンケアアイテムも含めて「塗る順番がわからない」と思っている人は多いようなんです。そこで今回は、アイクリームの効果を最大限に引き出す順番や、正しい塗り方をご紹介します。

アイクリームを塗る順番はいつ?

アイクリームを塗る順番は乳液のあと!(写真:iStock)
アイクリームを塗る順番は乳液のあと! (写真:iStock)

 アイクリームの製品の特徴によっても変わってくるのですが、基本的には「化粧水→美容液→乳液→アイクリーム→クリーム」の順番で塗るのが、一番効果的だといわれています。

 この順番は、みずみずしいテクスチャーのものから始まり、油性成分が多く含まれるアイテムが後半にくるようになっています。ただし、アイクリームの製品に使用順が記載されている場合は、その指示に従ってくださいね。

効果絶大♡ アイクリームの正しい塗り方&マッサージ

アイクリームの正しい塗り方は?(写真:iStock)
アイクリームの正しい塗り方は? (写真:iStock)

 続いては、アイクリームの効果をより実感できる正しい塗り方をチェックしていきましょう!

1. アイクリームをのせる

 まずは、アイクリームを手の平にとって人肌程度に温めていきます。次に、温まったアイクリームを指先につけて、両目の上瞼、下まぶたに点々とのせていきましょう。

 温めることでアイクリームが馴染みやすくなり、点置きすることで、肌の上で伸ばす時の負担を軽減できます。

2. 薬指で優しく伸ばす

 目元は、顔のほかの部位に比べて、非常に皮膚が薄いです。そのため、基本はあまり力が入りづらい薬指を使って塗るのがベスト。塗る順番はこちらです。

1. アイクリームを塗らないほうの手でこめかみを軽く押さえ、皮膚を引き上げます。
2. 上まぶたの目尻から目頭に向かって、トントンと馴染ませます。
3. 下まぶたの目尻から目頭に向かって、同じように馴染ませます。

 塗る時に皮膚を強くこすってしまうと、シワやたるみの原因を作ってしまいます。特に、上まぶたは皮膚が薄い部位なので、優しく塗るようにしましょう。

3. 目元をマッサージする

 アイクリームを塗り終わったら、次はマッサージを取り入れるのが効果的。マッサージは、以下の部位を優しく3秒程度押し込んでいく方法がおすすめです。

・眉頭のくぼんだ部分……くすみ、小ジワ改善
・目頭のくぼんだ部分……ハリ&弾力アップ
・目尻から1cm外側にあるくぼんだ部分……乾燥、たるみ、小ジワ改善 

 ツボ押しを習慣にすることで、目元をより明るくハリのある印象に変えることができますよ。

アイクリームに関するよくある疑問を解消!

よくある疑問を解消!(写真:iStock)
よくある疑問を解消! (写真:iStock)

 最後に、アイクリームに関する気になる疑問にお答えしていきます!

Q1:アイクリームは朝も塗ったほうがいいの?

 アイクリームは、毎日朝と夜に使うと、より効果を実感しやすいでしょう。ただし、朝にアイクリームを使うと、アイクリームに含まれる油分でメイクが崩れやすくなってしまいます。

 メイク崩れが気になる人は、塗った後にティッシュオフする、ベタつかないテクスチャーのものを選ぶ、夜のみ使用するなど、工夫してみてくださいね。

Q2:アイクリームはほかの部位に使ってもいい?

 アイクリームは、デリケートな目元用に低刺激&高保湿で作られているため、顔のほかの部位に使ってもまったく問題ありません。特に、敏感肌の人には嬉しいですよね。

 おすすめの部位としては、乾燥しやすいおでこや口元に使うこと。乾燥することで、小ジワやほうれい線が目立ちやすくなるので、こまめにケアしましょう。

アイクリームを塗る順番は大事! 効果を最大限アップさせて♡

アイクリームを塗る順番を間違えずに♪(写真:iStock)
アイクリームを塗る順番を間違えずに♪ (写真:iStock)

 アイクリームを使う順番の違いなんて、ほんの些細なことに感じるかもしれません。でも、スキンケアは日々積み重ねて効果が出るもの。それは、小さな差も積み重ねると大きな差になるということです。

 ぜひ、今日からアイクリームの効果を最大限引き出す正しい使い方をしてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...