乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-18 06:00
投稿日:2021-02-18 06:00
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細かいシワができるため、慌てて保湿ケアを始める人も多いでしょう。でも、乾燥小ジワ対策はその場での保湿だけでなく、日々のスキンケアこそが重要! そこで今回は、乾燥小ジワの原因やメイク方法、正しいスキンケアまでをご紹介します。

20代でも要注意!? 乾燥小ジワとは

20代でも油断しちゃダメ!(写真:iStock)
20代でも油断しちゃダメ! (写真:iStock)

 乾燥小ジワとは、ちりめんジワとも呼ばれていますが、その名の通り“乾燥することによってできる細かいシワ”のこと。加齢によって肌の深い部分にある真皮に深いシワが入る「真皮ジワ」などとは違い、肌の一番上の表皮がシワになるため、20代でも油断できない肌トラブルです。

乾燥小ジワができる3つの原因

冬でも紫外線には気をつけて(写真:iStock)
冬でも紫外線には気をつけて (写真:iStock)

 まずは、乾燥小ジワができてしまう原因をチェックしてみましょう!

1. 肌の乾燥

 乾燥小ジワの一番大きな原因は、肌の乾燥です。健康な肌の表面には水分や皮脂、セラミドといった保湿因子がバリアとなって潤いを守っていますが、肌が乾燥すると、このバリア機能が弱まり、肌内部の水分が蒸発して乾燥小ジワができてしまいます。

2. 紫外線によるバリア機能の低下

 紫外線が肌にダメージを与えるのは、ご存知の通り。ダメージが蓄積した肌はバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすくなって乾燥を引き起こします。

 さらに、紫外線は肌内部でハリや弾力を支えているコラーゲンなどにもダメージを与えるため、ハリがなくなり、乾燥小ジワができやすくなります。

3. 間違ったスキンケア

 長時間のクレンジングや過度な洗顔で水分や油分を取り過ぎてしまうと、肌は潤いを保てなくなり、乾燥しやすくなります。また、洗顔後の保湿ケア不足も乾燥小ジワの原因。

 日々の正しいスキンケアこそ、乾燥小ジワを治す最大のポイントだと言えるでしょう。

乾燥小ジワ対策に! 保湿重視のスキンケア方法

洗顔は泡でこすらず優しく(写真:iStock)
洗顔は泡でこすらず優しく (写真:iStock)

 続いては、乾燥小ジワを撃退するための日々のスキンケアをご紹介しましょう!

クレンジングはポイントメイクリムーバーで手短に行う

 クレンジングをする際には、40秒程度の短時間で行うこと&こすらないことが重要。落ちにくいアイメイクやリップメイクは、洗顔で何回もこするよりも、ポイントメイクリムーバーを使って短時間で落としたほうが、肌負担が少なくなります。

洗顔はふわふわ泡でこすらずに行う

 洗顔時は肌に刺激を与えないために、指と肌の間でたっぷりの泡を転がすようにしましょう。泡立てネットなどを利用してきめ細かくふわふわに泡立てると、優しく汚れを落とすことができます。

保湿ケアの仕上げはオイルやクリームで油分のフタをする

 保湿の基本は、水分の多いアイテムから油分の多いアイテムの順番でつけること。オイルやクリーム、ワセリンなどで水分にフタをすることが重要です。より長く、保湿効果を持続させることができますよ。

一年中日焼け対策をして紫外線をカット

 紫外線は一年中降り注いでいます。できれば、季節関係なく毎日日焼け止めを利用して、できるだけ紫外線が肌に当たる時間を短くしましょう。こうすれば、乾燥小ジワだけでなく、将来できるかもしれない深いシワやシミなどの肌トラブルまで予防することができます。

できてしまった乾燥小ジワを目立たせないメイク方法♡

いつものファンデにオイルをプラス(写真:iStock)
いつものファンデにオイルをプラス (写真:iStock)

 続いては、できてしまった乾燥小ジワを目立たせないようにするメイク方法をチェックしてみましょう。

ファンデーションにオイルを混ぜる

 乾燥小ジワが気になる時には、ファンデーションにオイルを混ぜてみましょう。パウダーファンデーションの場合は手のひらに2滴くらいのオイルを垂らし、薄く顔全体に塗り広げてからファンデーションを押し込むように塗っていきます。

 リキッドファンデーションの場合は、オイルを直接ファンデーションに混ぜてから塗るのがおすすめ。肌のうるおいを保って、乾燥小ジワを目立たなくしてくれます。

目元や口元などはファンデーションを薄く塗る

 顔の中でも目元や口元はよく動くパーツ。ファンデーションがよれやすく、乾燥小ジワが目立ちやすい場所ですので、薄塗りにしてみてください。ちょっとした工夫ですが、乾燥小ジワを目立たなくさせるのに効果的です。

乾燥小ジワを作らない! 家でできる対策

加湿器で部屋をうるうるに(写真:iStock)
加湿器で部屋をうるうるに (写真:iStock)

 在宅ワークなどが増えた今、家にいる時間が長くなり、冷暖房による乾燥肌に悩む人も多いようです。そこで最後に、家でできる乾燥小ジワ対策をご紹介します。

部屋の湿度を60〜70度にする

 部屋の空気が乾燥していると、当然肌も乾燥してしまいます。できれば湿度計などを購入し、部屋の湿度を60〜70度に保ちましょう。加湿器がない場合は濡れたタオルを室内干ししたり、観葉植物に霧吹きをするだけでも効果があります。

エアコンよりもヒーターやストーブを使う

 寒い季節には、エアコンを1日中つけっぱなしにする人も多いでしょう。でも実は、エアコンで室内温度が上がると部屋の湿度は下がります。できれば、温度と湿度を同時に上げるファンヒーターや、石油を燃やす時に水蒸気も発生させる石油ストーブなどがおすすめです。

毎日の乾燥小ジワ対策でもっちり肌を手に入れよう♡

もちもち肌だから至近距離も怖くない!(写真:iStock)
もちもち肌だから至近距離も怖くない! (写真:iStock)

 乾燥小ジワのできた顔は、一気に老け込んで見えますよね。しかし、ハリがあり、もっちりと潤った肌は、一朝一夕では手に入りません。ぜひ、保湿を意識しながら、将来の肌のために正しいスキンケアを心がけてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...