乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-18 06:00
投稿日:2021-02-18 06:00
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細かいシワができるため、慌てて保湿ケアを始める人も多いでしょう。でも、乾燥小ジワ対策はその場での保湿だけでなく、日々のスキンケアこそが重要! そこで今回は、乾燥小ジワの原因やメイク方法、正しいスキンケアまでをご紹介します。

20代でも要注意!? 乾燥小ジワとは

20代でも油断しちゃダメ!(写真:iStock)
20代でも油断しちゃダメ! (写真:iStock)

 乾燥小ジワとは、ちりめんジワとも呼ばれていますが、その名の通り“乾燥することによってできる細かいシワ”のこと。加齢によって肌の深い部分にある真皮に深いシワが入る「真皮ジワ」などとは違い、肌の一番上の表皮がシワになるため、20代でも油断できない肌トラブルです。

乾燥小ジワができる3つの原因

冬でも紫外線には気をつけて(写真:iStock)
冬でも紫外線には気をつけて (写真:iStock)

 まずは、乾燥小ジワができてしまう原因をチェックしてみましょう!

1. 肌の乾燥

 乾燥小ジワの一番大きな原因は、肌の乾燥です。健康な肌の表面には水分や皮脂、セラミドといった保湿因子がバリアとなって潤いを守っていますが、肌が乾燥すると、このバリア機能が弱まり、肌内部の水分が蒸発して乾燥小ジワができてしまいます。

2. 紫外線によるバリア機能の低下

 紫外線が肌にダメージを与えるのは、ご存知の通り。ダメージが蓄積した肌はバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすくなって乾燥を引き起こします。

 さらに、紫外線は肌内部でハリや弾力を支えているコラーゲンなどにもダメージを与えるため、ハリがなくなり、乾燥小ジワができやすくなります。

3. 間違ったスキンケア

 長時間のクレンジングや過度な洗顔で水分や油分を取り過ぎてしまうと、肌は潤いを保てなくなり、乾燥しやすくなります。また、洗顔後の保湿ケア不足も乾燥小ジワの原因。

 日々の正しいスキンケアこそ、乾燥小ジワを治す最大のポイントだと言えるでしょう。

乾燥小ジワ対策に! 保湿重視のスキンケア方法

洗顔は泡でこすらず優しく(写真:iStock)
洗顔は泡でこすらず優しく (写真:iStock)

 続いては、乾燥小ジワを撃退するための日々のスキンケアをご紹介しましょう!

クレンジングはポイントメイクリムーバーで手短に行う

 クレンジングをする際には、40秒程度の短時間で行うこと&こすらないことが重要。落ちにくいアイメイクやリップメイクは、洗顔で何回もこするよりも、ポイントメイクリムーバーを使って短時間で落としたほうが、肌負担が少なくなります。

洗顔はふわふわ泡でこすらずに行う

 洗顔時は肌に刺激を与えないために、指と肌の間でたっぷりの泡を転がすようにしましょう。泡立てネットなどを利用してきめ細かくふわふわに泡立てると、優しく汚れを落とすことができます。

保湿ケアの仕上げはオイルやクリームで油分のフタをする

 保湿の基本は、水分の多いアイテムから油分の多いアイテムの順番でつけること。オイルやクリーム、ワセリンなどで水分にフタをすることが重要です。より長く、保湿効果を持続させることができますよ。

一年中日焼け対策をして紫外線をカット

 紫外線は一年中降り注いでいます。できれば、季節関係なく毎日日焼け止めを利用して、できるだけ紫外線が肌に当たる時間を短くしましょう。こうすれば、乾燥小ジワだけでなく、将来できるかもしれない深いシワやシミなどの肌トラブルまで予防することができます。

できてしまった乾燥小ジワを目立たせないメイク方法♡

いつものファンデにオイルをプラス(写真:iStock)
いつものファンデにオイルをプラス (写真:iStock)

 続いては、できてしまった乾燥小ジワを目立たせないようにするメイク方法をチェックしてみましょう。

ファンデーションにオイルを混ぜる

 乾燥小ジワが気になる時には、ファンデーションにオイルを混ぜてみましょう。パウダーファンデーションの場合は手のひらに2滴くらいのオイルを垂らし、薄く顔全体に塗り広げてからファンデーションを押し込むように塗っていきます。

 リキッドファンデーションの場合は、オイルを直接ファンデーションに混ぜてから塗るのがおすすめ。肌のうるおいを保って、乾燥小ジワを目立たなくしてくれます。

目元や口元などはファンデーションを薄く塗る

 顔の中でも目元や口元はよく動くパーツ。ファンデーションがよれやすく、乾燥小ジワが目立ちやすい場所ですので、薄塗りにしてみてください。ちょっとした工夫ですが、乾燥小ジワを目立たなくさせるのに効果的です。

乾燥小ジワを作らない! 家でできる対策

加湿器で部屋をうるうるに(写真:iStock)
加湿器で部屋をうるうるに (写真:iStock)

 在宅ワークなどが増えた今、家にいる時間が長くなり、冷暖房による乾燥肌に悩む人も多いようです。そこで最後に、家でできる乾燥小ジワ対策をご紹介します。

部屋の湿度を60〜70度にする

 部屋の空気が乾燥していると、当然肌も乾燥してしまいます。できれば湿度計などを購入し、部屋の湿度を60〜70度に保ちましょう。加湿器がない場合は濡れたタオルを室内干ししたり、観葉植物に霧吹きをするだけでも効果があります。

エアコンよりもヒーターやストーブを使う

 寒い季節には、エアコンを1日中つけっぱなしにする人も多いでしょう。でも実は、エアコンで室内温度が上がると部屋の湿度は下がります。できれば、温度と湿度を同時に上げるファンヒーターや、石油を燃やす時に水蒸気も発生させる石油ストーブなどがおすすめです。

毎日の乾燥小ジワ対策でもっちり肌を手に入れよう♡

もちもち肌だから至近距離も怖くない!(写真:iStock)
もちもち肌だから至近距離も怖くない! (写真:iStock)

 乾燥小ジワのできた顔は、一気に老け込んで見えますよね。しかし、ハリがあり、もっちりと潤った肌は、一朝一夕では手に入りません。ぜひ、保湿を意識しながら、将来の肌のために正しいスキンケアを心がけてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...