「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!

コクハク編集部
更新日:2021-10-11 06:00
投稿日:2021-10-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さんに、「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」のレシピを教えていただきました。

イワシ蒲焼き風はご飯のおかずにもピッタリ

合うお酒=日本酒、焼酎、ワイン(C)コクハク
合うお酒=日本酒、焼酎、ワイン (C)コクハク

 イワシはネット動画を参考にすれば、慣れない人でも簡単に「手開き」ができます。

「残ったつけ汁は、キンピラやちょっとした煮炊きにも使える万能調味料です」

 見かけも味もまさに蒲焼き。アテはもちろん、ご飯のおかずにもピッタリ。身は薄いのに、歯ごたえ十分です。

 奈良漬クリームチーズは、レーズンバターの奈良漬版といったところでしょうか。クリームチーズと生クリームをゼラチンで固めています。

「お酒と卵黄を使うことで、味がまろやかになっています。クラッカーにのせて食べてもおいしいですよ」

 奈良漬だけを食べるとやや味が濃いですが、これはデザート感覚でイケます。

イワシ蒲焼き風

材料

・イワシ 適量
・濃い口醤油 100㏄
・みりん 100㏄
・砂糖 100グラム
・山椒粉 適量
・片栗粉 適量
・サラダ油 適量

レシピ

(1)イワシを洗い、頭を包丁で落とし、手開きする
(2)水気をペーパーで切り、イワシの両面に片栗粉をまぶす
(3)濃い口醤油、みりん、砂糖をボウルに入れ、混ぜ合わせる
(4)フライパンにサラダ油を入れ、イワシを焼く
(5)両面が焼き上がったら、混ぜた調味料をお好みで少しずつ入れていく
(6)最後に皿に盛り付けて山椒を振りかける

奈良漬クリームチーズ

材料

・奈良漬 80グラム
・生クリーム 100㏄
・クリームチーズ 100グラム
・板ゼラチン 4グラム
・日本酒 大2

レシピ

(1)奈良漬を洗い、皮を取り、水気をペーパーできれいに拭き取り、みじん切りに
(2)生クリーム、クリームチーズをボウルで練り合わせる
(3)鍋に日本酒を入れ、超熱燗ぐらいになったら火を止め、水で戻したゼラチンを入れて、よく溶かす
(4)クリームチーズに奈良漬とゼラチンを入れ、よく混ぜる
(5)タッパーに入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし、固まったら食べやすい大きさに切り、盛り付ける

本日のダンツマ達人…仲島宏明さん

▽仲島宏明(なかじま・ひろあき)
 1977年、大阪府豊中市生まれ。もともと料理人志望ではなかったが、大学中退後、カニ料理で有名な老舗日本料理店「西村屋」に中途入社。初めて厨房に入る。以来、イタリアンや和食など、計7店舗で腕を磨き、2010年、独立。酒のアテが次々と思い浮かぶという左党だ。

▽仲島
 ミシュラン1つ星を獲得した。北新地駅から徒歩2分の立地にある本格的な割烹料理店だ。四季折々の旬の素材を生かした料理の品々は、味はもちろん、見た目も美しい。店内は落ち着いた雰囲気で、笑顔のすてきなご主人と気配り上手の女将の接客が何とも心地いい。時間を忘れて長居してしまうほど。大阪市北区曽根崎新地1―3―1 大橋ビル2階。

(日刊ゲンダイ2021年10月2日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...