「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!

コクハク編集部
更新日:2021-10-11 06:00
投稿日:2021-10-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さんに、「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」のレシピを教えていただきました。

イワシ蒲焼き風はご飯のおかずにもピッタリ

合うお酒=日本酒、焼酎、ワイン(C)コクハク
合うお酒=日本酒、焼酎、ワイン (C)コクハク

 イワシはネット動画を参考にすれば、慣れない人でも簡単に「手開き」ができます。

「残ったつけ汁は、キンピラやちょっとした煮炊きにも使える万能調味料です」

 見かけも味もまさに蒲焼き。アテはもちろん、ご飯のおかずにもピッタリ。身は薄いのに、歯ごたえ十分です。

 奈良漬クリームチーズは、レーズンバターの奈良漬版といったところでしょうか。クリームチーズと生クリームをゼラチンで固めています。

「お酒と卵黄を使うことで、味がまろやかになっています。クラッカーにのせて食べてもおいしいですよ」

 奈良漬だけを食べるとやや味が濃いですが、これはデザート感覚でイケます。

イワシ蒲焼き風

材料

・イワシ 適量
・濃い口醤油 100㏄
・みりん 100㏄
・砂糖 100グラム
・山椒粉 適量
・片栗粉 適量
・サラダ油 適量

レシピ

(1)イワシを洗い、頭を包丁で落とし、手開きする
(2)水気をペーパーで切り、イワシの両面に片栗粉をまぶす
(3)濃い口醤油、みりん、砂糖をボウルに入れ、混ぜ合わせる
(4)フライパンにサラダ油を入れ、イワシを焼く
(5)両面が焼き上がったら、混ぜた調味料をお好みで少しずつ入れていく
(6)最後に皿に盛り付けて山椒を振りかける

奈良漬クリームチーズ

材料

・奈良漬 80グラム
・生クリーム 100㏄
・クリームチーズ 100グラム
・板ゼラチン 4グラム
・日本酒 大2

レシピ

(1)奈良漬を洗い、皮を取り、水気をペーパーできれいに拭き取り、みじん切りに
(2)生クリーム、クリームチーズをボウルで練り合わせる
(3)鍋に日本酒を入れ、超熱燗ぐらいになったら火を止め、水で戻したゼラチンを入れて、よく溶かす
(4)クリームチーズに奈良漬とゼラチンを入れ、よく混ぜる
(5)タッパーに入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし、固まったら食べやすい大きさに切り、盛り付ける

本日のダンツマ達人…仲島宏明さん

▽仲島宏明(なかじま・ひろあき)
 1977年、大阪府豊中市生まれ。もともと料理人志望ではなかったが、大学中退後、カニ料理で有名な老舗日本料理店「西村屋」に中途入社。初めて厨房に入る。以来、イタリアンや和食など、計7店舗で腕を磨き、2010年、独立。酒のアテが次々と思い浮かぶという左党だ。

▽仲島
 ミシュラン1つ星を獲得した。北新地駅から徒歩2分の立地にある本格的な割烹料理店だ。四季折々の旬の素材を生かした料理の品々は、味はもちろん、見た目も美しい。店内は落ち着いた雰囲気で、笑顔のすてきなご主人と気配り上手の女将の接客が何とも心地いい。時間を忘れて長居してしまうほど。大阪市北区曽根崎新地1―3―1 大橋ビル2階。

(日刊ゲンダイ2021年10月2日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...
「鶏そぼろ豆腐」プロの仕上がりに少しでも近づける技とは?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の人気焼き鳥店「鳥田中」の田中惣一...