誰もが“美味しい”と感じる味!「ポテサラ風スパイスサブジ」

コクハク編集部
更新日:2021-11-07 06:00
投稿日:2021-11-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一也さんに、誰もが絶対に好きな味「ポテサラ風スパイスサブジ」のレシピを教えていただきました。

料理名の「サブジ」は野菜の蒸し煮のこと

合うお酒=ビール(C)コクハク
合うお酒=ビール (C)コクハク

 昨今人気の「大阪スパイスカレー」をご存じでしょうか? 日本人の料理人がスパイスを独自に調合し、ダシを利かせた、ご飯に合わせるカレー。2000年代に入り大阪で出す店が増え始め、最近は新たな大阪名物に。「スパイスカレー店巡り」を目的に大阪を訪れる人も少なくないようです。

 タコムマサラダイナーの藤田さんは、スパイスカレーブームの火付け役ともいわれる「旧ヤム邸」出身。2017年、東京1号店が下北沢にオープンするのに合わせて上京。20年、満を持して独立、開業しました。

 しかしなぜカレーではなく、たこ焼き? それは次回以降で触れるとして、紹介するレシピは誰もが絶対「おいしい」と感じるであろうおつまみ。お店でも出しています。料理名の「サブジ」は、野菜の蒸し煮のこと。ビールが止まりません!

材料

・ジャガイモ 中サイズ4個
・卵Lサイズ 2個
・玉ネギ 2分の1個
・ピーマン 1個
・マヨネーズ 200グラム

ホールスパイス
・アジョワン 1グラム
・フェンネル 1・5グラム
・ニゲラ 2グラム

パウダースパイス
・ターメリック 小さじ1
・パプリカ 小さじ1
・チリ 小さじ2
・コリアンダー 小さじ2
・クミン 小さじ2
(手に入らないスパイスは省いてもいい)

レシピ

(1)ジャガイモを皮付きのままゆでる。別の工程でジャガイモを蒸し煮にするので、ここでは半分くらい火が通ればいい。火が通ったら、皮をむいて乱切りする。同時進行でゆで卵を作り、殻をむく
(2)フライパンにホールスパイスと多めの油(分量外)を入れ火にかける。スパイスが焦げ付かないように火加減に気を付ける。油は「想像より多め」が吉
(3)ホールスパイスの香りが立ってきたら、粗めにみじん切りした玉ネギを入れ、炒める。しんなりしたら、同じく粗みじん切りのピーマンを入れ、炒める
(4)パウダースパイス、ジャガイモを③に投入。蓋をして蒸し煮にする。この段階でジャガイモに完全に火を通す
(5)粗熱が取れたらジャガイモをつぶし、つぶした卵と混ぜ合わせ、マヨネーズで味付け。塩コショウ(分量外)で味を調える。好みでパクチーを添える

本日のダンツマ達人…藤田一也さん

▽藤田一也(ふじた・かずや)
 1980年、愛媛県生まれ。進学先の大阪でカレーとスパイスに興味を持ち、ゲーム制作会社就職後は仕事の合間にカレーを自作。2005年「ヤムカレー」(現・旧ヤム邸)代表の植竹大介氏と出会い、13年に「旧ヤム邸」へ転職。17年「旧ヤム邸シモキタ荘」開店のため東京進出。20年に退社し、植竹大介氏、「薬膳和鍋 Lotus Pot」(大阪・西天満)代表の小松佳苗氏の3人で「㈱ビーキュウ」を創業。翌21年、諸店舗「タコムマサラダイナー下北沢」を開業。

▽タコムマサラダイナー下北沢
 スパイスとダシが香る「スパイスたこ焼き」が主商品。「インドにないアチャール」「スパイス冷菜」「ポテサラ風スパイスサブジ」など、酒に合うつまみや、藤田さんならではのスパイスカレーも必食。今年8月30日には旧ヤム邸とのコラボ店「タコムマサラ日比谷」を日比谷フォートタワー1階に開店した。東京都世田谷区北沢2―32―8 SSビル2階A店舗。

(日刊ゲンダイ2021年10月26日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード