誰もが“美味しい”と感じる味!「ポテサラ風スパイスサブジ」

コクハク編集部
更新日:2021-11-07 06:00
投稿日:2021-11-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一也さんに、誰もが絶対に好きな味「ポテサラ風スパイスサブジ」のレシピを教えていただきました。

料理名の「サブジ」は野菜の蒸し煮のこと

合うお酒=ビール(C)コクハク
合うお酒=ビール (C)コクハク

 昨今人気の「大阪スパイスカレー」をご存じでしょうか? 日本人の料理人がスパイスを独自に調合し、ダシを利かせた、ご飯に合わせるカレー。2000年代に入り大阪で出す店が増え始め、最近は新たな大阪名物に。「スパイスカレー店巡り」を目的に大阪を訪れる人も少なくないようです。

 タコムマサラダイナーの藤田さんは、スパイスカレーブームの火付け役ともいわれる「旧ヤム邸」出身。2017年、東京1号店が下北沢にオープンするのに合わせて上京。20年、満を持して独立、開業しました。

 しかしなぜカレーではなく、たこ焼き? それは次回以降で触れるとして、紹介するレシピは誰もが絶対「おいしい」と感じるであろうおつまみ。お店でも出しています。料理名の「サブジ」は、野菜の蒸し煮のこと。ビールが止まりません!

材料

・ジャガイモ 中サイズ4個
・卵Lサイズ 2個
・玉ネギ 2分の1個
・ピーマン 1個
・マヨネーズ 200グラム

ホールスパイス
・アジョワン 1グラム
・フェンネル 1・5グラム
・ニゲラ 2グラム

パウダースパイス
・ターメリック 小さじ1
・パプリカ 小さじ1
・チリ 小さじ2
・コリアンダー 小さじ2
・クミン 小さじ2
(手に入らないスパイスは省いてもいい)

レシピ

(1)ジャガイモを皮付きのままゆでる。別の工程でジャガイモを蒸し煮にするので、ここでは半分くらい火が通ればいい。火が通ったら、皮をむいて乱切りする。同時進行でゆで卵を作り、殻をむく
(2)フライパンにホールスパイスと多めの油(分量外)を入れ火にかける。スパイスが焦げ付かないように火加減に気を付ける。油は「想像より多め」が吉
(3)ホールスパイスの香りが立ってきたら、粗めにみじん切りした玉ネギを入れ、炒める。しんなりしたら、同じく粗みじん切りのピーマンを入れ、炒める
(4)パウダースパイス、ジャガイモを③に投入。蓋をして蒸し煮にする。この段階でジャガイモに完全に火を通す
(5)粗熱が取れたらジャガイモをつぶし、つぶした卵と混ぜ合わせ、マヨネーズで味付け。塩コショウ(分量外)で味を調える。好みでパクチーを添える

本日のダンツマ達人…藤田一也さん

▽藤田一也(ふじた・かずや)
 1980年、愛媛県生まれ。進学先の大阪でカレーとスパイスに興味を持ち、ゲーム制作会社就職後は仕事の合間にカレーを自作。2005年「ヤムカレー」(現・旧ヤム邸)代表の植竹大介氏と出会い、13年に「旧ヤム邸」へ転職。17年「旧ヤム邸シモキタ荘」開店のため東京進出。20年に退社し、植竹大介氏、「薬膳和鍋 Lotus Pot」(大阪・西天満)代表の小松佳苗氏の3人で「㈱ビーキュウ」を創業。翌21年、諸店舗「タコムマサラダイナー下北沢」を開業。

▽タコムマサラダイナー下北沢
 スパイスとダシが香る「スパイスたこ焼き」が主商品。「インドにないアチャール」「スパイス冷菜」「ポテサラ風スパイスサブジ」など、酒に合うつまみや、藤田さんならではのスパイスカレーも必食。今年8月30日には旧ヤム邸とのコラボ店「タコムマサラ日比谷」を日比谷フォートタワー1階に開店した。東京都世田谷区北沢2―32―8 SSビル2階A店舗。

(日刊ゲンダイ2021年10月26日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...
「鶏むね肉のケイジャン風味揚げ」やば、ビールが止まらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...