“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)

コクハク編集部
更新日:2021-11-18 06:00
投稿日:2021-11-18 06:00
ふわふわ系グミを食べ比べてみた!(C)コクハク
ふわふわ系グミを食べ比べてみた! (C)コクハク

 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象です。様々な店舗のグミ棚をチェックしてみると、“ふわふわ食感”がトレンドであることが分かりました! さっそくチェックしていきたいと思います♪

もちふわフェットチーネグミ(メロンソーダ味/マツキヨ限定商品)108円(税込み=以下同)

開封するとメロンソーダの香りがお部屋に広がります♪(C)コクハク
開封するとメロンソーダの香りがお部屋に広がります♪ (C)コクハク

 甘酸っぱいパウダーが口いっぱいに広がったあと、もちもちかつふんわりとした嚙み心地が癖になります! いつものアルデンテなフェットチーネグミとは少し違う、“もちふわ食感”を楽しむことができます。

Marosh(マロッシュ)151円

新感覚すぎて、もはや不思議!(C)コクハク
新感覚すぎて、もはや不思議! (C)コクハク

 雫型の形状が、かわいらしいマロッシュ。グミのような弾力のあるマシュマロで、固さはグミとマシュマロのあいだぐらいでしょうか。新感覚の食感で、初めて食べたときの衝撃が忘れられません! 爽やかなグレープソーダ味で、口に入れると、シュワシュワパウダーを感じます。噛み心地はもちっとしていて、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ……。ギモーヴとも微妙に違う、体験したことのない不思議な食感。ついつい人にオススメしたくなるおいしさです。

ふわもちかちグミ マスカット 216円

3種類の食感が楽しめる(C)コクハク
3種類の食感が楽しめる (C)コクハク

 デザインオフィスnendoとカンロがコラボレーションした「ふわもちかちグミ マスカット」。一袋で“3つの異なる食感”を体験できます。そのときの気分で食感が選べて、より自由な感覚でグミを楽しめます。

【〇型】
 ふんわり食感で、マロッシュ(上記)に似ていました。ふわふわかつ、ほのかな酸味を感じます。甘くておいしいマシュマログミ。

【□型】
 小粒ですが、しっかりとした固さで噛みごたえのあるハードグミ。

【△型】
 サクもち食感。噛むとサクッ、中はもちっとしています。柔らかくて、ジェリーっぽい質感が楽しいです。

ピュアラルグミ 108円

ジューシーな果物フレーバーでリラックス♪(C)コクハク
ジューシーな果物フレーバーでリラックス♪ (C)コクハク

 空気を含ませたふわふわのグミの中に、ゼリーのようなプルプル食感のグミが入っています。「そとフワ、なかプル」のキャッチコピーのとおり、新食感のグミです! 蜜入りりんごをイメージしたフレーバーは、本物に近い味わいでした。ふわふわとした食感で、自然と心もゆるめてくれます♪

Fit's BIGグミ<コーラ&ソーダ>218円

コーラ×ソーダはテッパンの組み合わせ!(C)コクハク
コーラ×ソーダはテッパンの組み合わせ! (C)コクハク

 コーラ味とソーダ味の2種類のグミが入っています。一粒が大きく、大容量のアソートグミです。ハード系のゴツゴツしたコーラ味と、ふにゃんふにゃんの柔らかいソーダ味、両方の食感を楽しめます。

【番外編】ふにゃふにゃミルキーバター味 140円

グミかと思ったらミルキーでした!(C)コクハク
グミかと思ったらミルキーでした! (C)コクハク

 こちらはグミではありません!「ふにゃふにゃ」な食感に特化したミルキーなんです。食べた途端にとろけて、ふにゃふにゃに……。鼻に抜けるバターの匂いが香ばしく、おいしいです。ここにも“ふわふわ”食感ブームが到来していました♪

まとめ

 本来は、子供の顎を鍛えるためにドイツで生まれたお菓子(グミ=ゴム)。中には、ふわふわすぎて「本当にグミ?」と思う商品もあり、グミ界の多様性もだいぶ進んでいると感じました。「グミは固くて顎が疲れる」というそこのアナタ! 小腹が減ったときに試してみては?

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...