地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)

コクハク編集部
更新日:2021-11-20 06:00
投稿日:2021-11-20 06:00

国産ブロッコリーのおいしい季節に…

映えるようなパスタではないけれども…(C)コクハク
映えるようなパスタではないけれども… (C)コクハク

 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけたら、ブロッコリーのラグー(煮込み)パスタ、作ってみませんか。

 港区にあった有名イタリアンの店主に教えてもらったレシピで、数あるパスタの中でも「ブロッコリーをくたくたに煮込んで合わせるのが一番おいしい」と断言していました。そして「栄養豊富なブロッコリーが1株ペロリと食べられちゃう」とも。

ブロッコリーのラグーパスタを作りましょう

ブロッコリーとパスタは一緒に茹でちゃいます(C)コクハク
ブロッコリーとパスタは一緒に茹でちゃいます (C)コクハク

【材料】
・ブロッコリー 1株(皮は厚めにむき取り除く)
・好みのパスタ 80~100グラム
・生クリーム、塩、にんにく、鷹の爪 各適量

【作り方】  

(1)ブロッコリーの花蕾は小房に分け、皮をむいた茎はさいの目切りに(写真左)。

(2)大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(水の分量に対し1.5%)とブロッコリー、パスタを入れる(写真右)。5分ほど経ったら一度火を止め、ヤケドしないようにブロッコリーだけ取り出す。ふたたび火をつけ、パスタは好みの硬さまで茹でる。

(C)コクハク
(C)コクハク

(3)フライパンにオリーブ油を引き、②のブロッコリー、パスタの茹で汁、鷹の爪、にんにくを入れる。軟らかくなったブロッコリーはフォークなどで潰す。にんにくは焦げやすいので、茹で汁などを入れてから投入します。このテクニックはまた別の人気イタリアンのシェフに教わりました。

(C)コクハク
(C)コクハク

(4)さらにくたくたにする。

(C)コクハク
(C)コクハク

(5)生クリームをひと回し入れ、塩・コショウで味をととのえる。茹で上がったパスタを加え、和えて出来上がり。

週末のパスタランチにいかが?

いただきまーす!(C)コクハク
いただきまーす! (C)コクハク

 今回はスパゲッティーを使いましたが、ショートパスタにすると、さらにおつまみ感が増して、白ワインが進む、進む(笑)。生クリームの代わりにアンチョビーでコクをプラスしてもよろしいかと。あるもので臨機応変に!

 ブロッコリー1株を丸ごと食べられちゃうくたくたパスタ。ものすごーく簡単ですので、週末のパスタランチにいかがですか。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...