寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-30 06:00
投稿日:2021-11-30 06:00
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレスになりますよね。そこで今回は、静電気が起こる原因&防ぐ方法をご紹介します。ほんの少しの工夫で簡単に静電気を逃すことができるので、知っておいて損はないですよ♡

服がまとわりつくのを防ぐ前に…静電気が起こる原因とは?

いやーな静電気、対策は?(写真:iStock)
いやーな静電気、対策は? (写真:iStock)

 冬に静電気が起こりやすくなるのは、「乾燥」と「摩擦」の2つが原因。

 そもそも、静電気は物同士に摩擦が起こることで発生します。さらに、冬は空気中の水分量が少なく、乾燥で電気が溜まりやすくなっているため、その状態でドアノブや手などに触れると一気に放電してしまい、バチっと痛い思いをすることに……。

 また、服の素材にはマイナス帯電のものとプラス帯電のものがあり、静電気が起こるとプラスとマイナスの素材の組み合わせでお互いがくっつき、体にまとわりついてしまうのです。

少しの工夫でOK! 服の静電気を防ぐ3つのコツ

「静電気防止加工をお願いします」(写真:iStock)
「静電気防止加工をお願いします」 (写真:iStock)

 それではさっそく、服に静電気が起こることを防ぐコツをチェックしてみましょう!

1. 静電気の起きにくい服を着る

「静電気」を防ぐには、洋服の素材の組み合わせに注目することがポイント。服の素材が、「マイナス帯電同士」か「プラス帯電同士」のものを組み合わせてみましょう。静電気で服同士がくっつくのを防ぐことができます。

 具体的には、綿とポリエステル、アクリルとポリエステル、ウールと綿などです。タイツとボトムス、トップスとマフラーなど、摩擦しやすいアイテムにこの組み合わせを選ぶと、静電気が起きにくくなりますよ。

2. 湿度を上げる

 乾燥しやすい時期には、部屋の湿度を60%程度に加湿することも、静電気を防ぐのに有効です。静電気は、水分や湿気によって逃しやすくできるため、意識して乾燥を防ぐようにしてみましょう。

 加湿器を利用したり、部屋に濡らしたバスタオルを干したりするのも良いですね。また、外出先であれば、水の入ったミストスプレーを常備しておいて、洋服にさっと吹きかけるのもおすすめです。

3. クリーニング店に静電気防止加工をお願いする

 静電気が起きやすい服をクリーニング店に持っていって、「静電気防止加工」をお願いするのも良いでしょう。

 静電気防止加工は、服を特殊な樹脂で包む加工のこと。このコーティングによって表面にホコリが付着しにくくする効果や、摩擦による静電気の発生を防ぐ効果が期待できます。さらに、汚れもつきにくくなるので一石二鳥ですね。

服の静電気を防ぐ! 3つのおすすめアイテム

洗濯時には柔軟剤を(写真:iStock)
洗濯時には柔軟剤を (写真:iStock)

 静電気を防止するためのアイテムもあるので、上手に活用してみましょう!

1. 静電気防止用スプレーを使う

 静電気を防ぐための「静電気防止用スプレー」は、手軽でおすすめです。含まれている界面活性剤が周囲の水分を吸収し、電気を溜まりにくくしてくれます。出先でもさっと吹きかけられるのが便利ですね。

2. 洋服を洗う際に柔軟剤を使う

 服の摩擦による静電気の発生を軽減させるのには、柔軟剤を使うという方法もあります。生地の表面がコーティングされて滑らかになり、服がこすれ合う際の電気の発生を抑えることができますよ。自宅で洗濯をする際に、ぜひ、試してみてくださいね。

3. 静電気防止加工が施されたタイツを履く

 静電気トラブルとして、タイツにスカートがまとわりつくケースは多いでしょう。これを防ぐには、静電気防止加工が施されたタイツを選ぶのが◎。静電気が発生しにくいので、スカートがまとわりつくのを防いでくれますよ。

少しのコツで冬の服に発生する静電気は防ぐことができる♡

静電気なんて怖くない(写真:iStock)
静電気なんて怖くない (写真:iStock)

 静電気は、その発生の原因を知ることでいくらでも防ぐことができます。ぜひ、今日からほんの少しだけ服の選び方や湿度、アイテムなどを意識して静電気対策をしてみてください。

「スカートがお尻に張り付く」という、恥ずかしい思いをしなくて済むようになりますよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...