本当に“モテる香り”って? 昼と夜の上手な使い分けを考察!

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-10-26 06:00
投稿日:2021-10-26 06:00
 雑誌やWebメディアを開けば「モテる香り」の紹介だらけ。しかし、クチコミ評価が高い「香り」を纏ったからと言って、シチュエーションによっては「モテ」につながらないこともあるので、“香り”って難しい!
 時短美容家、そして魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーでもある並木まきが、リアルに「モテる香り」を考察。数々の経験から見えてきた「本当にモテる香り」の話をします。

大前提として、昼と夜では「モテる香らせ方」が違う

昼と夜で「モテる香らせ方」は違う!(写真:iStock)
昼と夜で「モテる香らせ方」は違う! (写真:iStock)

 まず大前提として言えるのは、仕事の打ち合わせやランチ会食などの「昼間」のシーンと、パーティーや食事会などの「ナイトシーン」では、モテる香りのテイストは大きく異なるということ。これは、漠然とわかっていても、意外と実践できている人が少ない部分でもあります。

 例えば、お気に入りの香水を見つけたら、昼間でも夜でも時間を問わずにその香水をつけて出かけちゃう、なんていう人も少なくないですよね。

 けれど、大前提として、昼間と夜では「モテる香らせ方」は明らかに異なる! これは、キッパリと断言します。

 具体的には、昼間は「ふんわり清潔感のある香らせ方」をしたほうが男性ウケがよく、ナイトシーンでは「しっかり色気のある香らせ方」をするほうが、評判が良いようです。

「昼間のモテ」を狙うなら洗剤・柔軟剤やプチプラの香水

筆者私物。左のラボンは「ブルーミングブルーの香り」。ラボンは他の香りもモテを狙いやすい印象があるけれど、こちらの香りは男性目線でも爽やかでいいみたいです。右はキャンメイク系統ブランド「メイクミーハッピー」のオードトワレ。夜だと香りが物足りないくらいのライトな香り具合だから、昼間の打ち合わせシーンなどでも邪魔になりにくい。
筆者私物。左のラボンは「ブルーミングブルーの香り」。ラボンは他の香りもモテを狙いやすい印象があるけれど、こちらの香りは男性目線でも爽やかでいいみたいです。右はキャンメイク系統ブランド「メイクミーハッピー」のオードトワレ。夜だと香りが物足りないくらいのライトな香り具合だから、昼間の打ち合わせシーンなどでも邪魔になりにくい。

 具体的にいうと、昼間のモテを狙うなら、柔軟剤やプチプラのオードトワレ。これらを使っているときほど、男性から「いい香りだね」「いい匂いがしますね」などと言われることが多いです。あまりにもしつこく褒められればセクハラっぽくて気持ち悪いけれど、さらりとこんなふうに褒めてくれるとこちらも嬉しいですよね。

 洗剤や柔軟剤は、できるだけ香りが長持ちするタイプで人とかぶりにくい香りがおすすめ。動作をしたときに、ふわんと風にのって香りが一瞬だけ漂う程度の香らせ加減だと、好感度が高いようですよ。

 そして、香水を使うなら、プチプラのオードトワレやオーデコロンを推奨します。プチプラの香水は、デパコスに比べてライトな香りの製品が多く、昼間につけていてもトゥーマッチになりにくいのがおすすめの理由です。

 筆者が最近、褒められた洗剤の香りは「ラボン 「シャレボン」ブルーミングブルーの香り」。男性ウケが特に良かったプチプラオードトワレは、「メイクミーハッピー オードトワレ」でした。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...