髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになってしまったり、絡まったりすると、本当にストレスを感じますよね。そこで今回は、髪の静電気を防ぐ対策方法&便利アイテムをご紹介します!

髪の毛に静電気が起こるのはなぜ? 2つの原因

静電気が憎い!(写真:iStock)
静電気が憎い! (写真:iStock)

 髪が静電気を帯びてしまう原因は、大きく分けて2つあります。

乾燥

 静電気が起こる大きな原因のひとつが「乾燥」。湿度が40%を下回ると、静電気が発生しやすくなると言われています。夏は暑さや日差しで体が汗をかきやすいため、静電気が発生しにくいのですが、冬は暖房で室内の湿度が下がり、汗もかかないため、髪も静電気を帯びやすいのです。

摩擦

 摩擦も、静電気を発生させる大きな原因のひとつです。洋服や肌が摩擦すると「摩擦帯電」が起こり、髪の毛が静電気でぺったんこになります。特に、ポリエステルや化学繊維などの衣類を着ている時には、摩擦帯電が起こりやすくなります。

髪の静電気がひどい人必見! バチっとならない対策方法5選

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 それでは、髪の毛がぺったんこにならないためには、どのような対策があるのでしょうか? チェックしてみましょう!

1. 部屋の湿度を40%以上に保つ

 まずは、しっかり保湿をすることです。加湿器などを使って、部屋の湿度が40%以上になるようにしましょう。加湿器がない場合には濡れたタオルを部屋に干したり、お湯を沸騰させるだけでも、湿度を上げることができますよ。

2. ヘアオイルやヘアクリームで髪の毛を保湿する

 空気と同様、髪の毛の乾燥も静電気が起こる原因になります。お風呂上がりなど髪の毛が乾燥しやすい時には、しっかりヘアクリームやヘアオイルなどを使って保湿するようにしましょう。

3. 顔周りと手をしっかり保湿する

 髪に触れやすい顔や手をしっかり保湿することも、静電気防止に有効です。こまめに保湿クリームを塗るようにしましょう。ちなみに、ハンドクリームをつけた手で軽く髪を撫でると、一時的に静電気を抑えることができますよ。

4. 洋服の素材を天然素材に変える

 乾燥する季節は、洋服の素材を変えてみるのもおすすめです。特に、ウールやポリエステル、化学繊維の素材は静電気が帯電しやすいため、綿や麻などの帯電しにくい天然素材の洋服を選ぶとよいでしょう。

5. ドライヤーは上から下に向かって乾かす

 ドライヤーで髪の毛を乾かす時には、必ず上から下に向かって風が当たるように乾かしましょう。毛先〜中心あたりからドライヤーの風を当てると、髪が広がる原因となり、乾燥して静電気が発生しやすくなります。

 可能なら、ドライヤーで乾かした後に冷風で髪の熱をとると、髪がストレートにまとまりやすくなるのでおすすめです。

髪の静電気対策におすすめのアイテム5選

ナイトキャップで髪を守る(写真:iStock)
ナイトキャップで髪を守る (写真:iStock)

 最後に、静電気対策におすすめのアイテムをご紹介しましょう。

1. ナイトキャップ

 静電気防止には、就寝時にかぶるために作られた「ナイトキャップ」がおすすめです。シルクや綿素材のナイトキャップをかぶれば、静電気が起こりにくいだけでなく、枕との摩擦を軽減し、髪にかかるダメージを減らします。

 さらに、地肌や髪を保湿し、寝癖もつきにくいなど、いいことだらけ! ぜひ試してみてくださいね。

2. 獣毛や木製のヘアブラシ

 髪をとかす場合には、静電気が起きにくいヘアブラシを使いましょう。たとえば、昔ながらのつげの櫛や、木製のブラシ、獣毛を使ったブラシなどは、髪に静電気を起こしにくいといわれています。

3. 静電気防止スプレー

 静電気防止スプレーも有効。静電気防止スプレーには、界面活性剤が含まれており、水分と対象物を馴染ませやすくします。この作用によって、摩擦を減らして静電気を発生しにくくしたり、空気中の水分を吸い寄せて水の膜を作り、電気が逃げやすい状態を作ってくれます。

【静電気防止スプレーは手作りもできる!】

 静電気防止スプレーに含まれる界面活性剤は、リンスやトリートメント、洗濯の柔軟剤にも含まれています。これら5滴ほどと、水100mlを市販のスプレーボトルに入れれば、あっという間に静電気防止スプレーの完成です。

4. 固形ワックス

 静電気対策をしているのに、外出先でもどうしてもアホ毛がふんわり立ってしまうことってありますよね。そんな時には、固形タイプのワックスが便利です。静電気でふんわりしている髪の毛につけるだけで、しっかり髪の毛をまとめてくれます。

5. 太めのヘアターバン

 どうしても髪の毛が静電気で顔周りにまとわりつく場合には、太めのヘアターバンを使うのもおすすめです。さっとつけるだけで、顔全体がすっきりして静電気を防いでくれます。いろいろなデザインがあるので、おしゃれを楽しめるという点も良いですね!

髪の静電気は保湿&便利アイテムで乗り切ろう!

 たかが髪の毛ですが、女性にとっては大切なおしゃれの一部。ぺったんこの髪や、空中を泳ぐように漂うもわもわの静電気を帯びた髪の毛なんて嫌ですよね。ぜひ、この記事で紹介した対策方法&アイテムを使って、静電気の季節を乗り切ってくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...