髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになってしまったり、絡まったりすると、本当にストレスを感じますよね。そこで今回は、髪の静電気を防ぐ対策方法&便利アイテムをご紹介します!

髪の毛に静電気が起こるのはなぜ? 2つの原因

静電気が憎い!(写真:iStock)
静電気が憎い! (写真:iStock)

 髪が静電気を帯びてしまう原因は、大きく分けて2つあります。

乾燥

 静電気が起こる大きな原因のひとつが「乾燥」。湿度が40%を下回ると、静電気が発生しやすくなると言われています。夏は暑さや日差しで体が汗をかきやすいため、静電気が発生しにくいのですが、冬は暖房で室内の湿度が下がり、汗もかかないため、髪も静電気を帯びやすいのです。

摩擦

 摩擦も、静電気を発生させる大きな原因のひとつです。洋服や肌が摩擦すると「摩擦帯電」が起こり、髪の毛が静電気でぺったんこになります。特に、ポリエステルや化学繊維などの衣類を着ている時には、摩擦帯電が起こりやすくなります。

髪の静電気がひどい人必見! バチっとならない対策方法5選

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 それでは、髪の毛がぺったんこにならないためには、どのような対策があるのでしょうか? チェックしてみましょう!

1. 部屋の湿度を40%以上に保つ

 まずは、しっかり保湿をすることです。加湿器などを使って、部屋の湿度が40%以上になるようにしましょう。加湿器がない場合には濡れたタオルを部屋に干したり、お湯を沸騰させるだけでも、湿度を上げることができますよ。

2. ヘアオイルやヘアクリームで髪の毛を保湿する

 空気と同様、髪の毛の乾燥も静電気が起こる原因になります。お風呂上がりなど髪の毛が乾燥しやすい時には、しっかりヘアクリームやヘアオイルなどを使って保湿するようにしましょう。

3. 顔周りと手をしっかり保湿する

 髪に触れやすい顔や手をしっかり保湿することも、静電気防止に有効です。こまめに保湿クリームを塗るようにしましょう。ちなみに、ハンドクリームをつけた手で軽く髪を撫でると、一時的に静電気を抑えることができますよ。

4. 洋服の素材を天然素材に変える

 乾燥する季節は、洋服の素材を変えてみるのもおすすめです。特に、ウールやポリエステル、化学繊維の素材は静電気が帯電しやすいため、綿や麻などの帯電しにくい天然素材の洋服を選ぶとよいでしょう。

5. ドライヤーは上から下に向かって乾かす

 ドライヤーで髪の毛を乾かす時には、必ず上から下に向かって風が当たるように乾かしましょう。毛先〜中心あたりからドライヤーの風を当てると、髪が広がる原因となり、乾燥して静電気が発生しやすくなります。

 可能なら、ドライヤーで乾かした後に冷風で髪の熱をとると、髪がストレートにまとまりやすくなるのでおすすめです。

髪の静電気対策におすすめのアイテム5選

ナイトキャップで髪を守る(写真:iStock)
ナイトキャップで髪を守る (写真:iStock)

 最後に、静電気対策におすすめのアイテムをご紹介しましょう。

1. ナイトキャップ

 静電気防止には、就寝時にかぶるために作られた「ナイトキャップ」がおすすめです。シルクや綿素材のナイトキャップをかぶれば、静電気が起こりにくいだけでなく、枕との摩擦を軽減し、髪にかかるダメージを減らします。

 さらに、地肌や髪を保湿し、寝癖もつきにくいなど、いいことだらけ! ぜひ試してみてくださいね。

2. 獣毛や木製のヘアブラシ

 髪をとかす場合には、静電気が起きにくいヘアブラシを使いましょう。たとえば、昔ながらのつげの櫛や、木製のブラシ、獣毛を使ったブラシなどは、髪に静電気を起こしにくいといわれています。

3. 静電気防止スプレー

 静電気防止スプレーも有効。静電気防止スプレーには、界面活性剤が含まれており、水分と対象物を馴染ませやすくします。この作用によって、摩擦を減らして静電気を発生しにくくしたり、空気中の水分を吸い寄せて水の膜を作り、電気が逃げやすい状態を作ってくれます。

【静電気防止スプレーは手作りもできる!】

 静電気防止スプレーに含まれる界面活性剤は、リンスやトリートメント、洗濯の柔軟剤にも含まれています。これら5滴ほどと、水100mlを市販のスプレーボトルに入れれば、あっという間に静電気防止スプレーの完成です。

4. 固形ワックス

 静電気対策をしているのに、外出先でもどうしてもアホ毛がふんわり立ってしまうことってありますよね。そんな時には、固形タイプのワックスが便利です。静電気でふんわりしている髪の毛につけるだけで、しっかり髪の毛をまとめてくれます。

5. 太めのヘアターバン

 どうしても髪の毛が静電気で顔周りにまとわりつく場合には、太めのヘアターバンを使うのもおすすめです。さっとつけるだけで、顔全体がすっきりして静電気を防いでくれます。いろいろなデザインがあるので、おしゃれを楽しめるという点も良いですね!

髪の静電気は保湿&便利アイテムで乗り切ろう!

 たかが髪の毛ですが、女性にとっては大切なおしゃれの一部。ぺったんこの髪や、空中を泳ぐように漂うもわもわの静電気を帯びた髪の毛なんて嫌ですよね。ぜひ、この記事で紹介した対策方法&アイテムを使って、静電気の季節を乗り切ってくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...