髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになってしまったり、絡まったりすると、本当にストレスを感じますよね。そこで今回は、髪の静電気を防ぐ対策方法&便利アイテムをご紹介します!

髪の毛に静電気が起こるのはなぜ? 2つの原因

静電気が憎い!(写真:iStock)
静電気が憎い! (写真:iStock)

 髪が静電気を帯びてしまう原因は、大きく分けて2つあります。

乾燥

 静電気が起こる大きな原因のひとつが「乾燥」。湿度が40%を下回ると、静電気が発生しやすくなると言われています。夏は暑さや日差しで体が汗をかきやすいため、静電気が発生しにくいのですが、冬は暖房で室内の湿度が下がり、汗もかかないため、髪も静電気を帯びやすいのです。

摩擦

 摩擦も、静電気を発生させる大きな原因のひとつです。洋服や肌が摩擦すると「摩擦帯電」が起こり、髪の毛が静電気でぺったんこになります。特に、ポリエステルや化学繊維などの衣類を着ている時には、摩擦帯電が起こりやすくなります。

髪の静電気がひどい人必見! バチっとならない対策方法5選

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 それでは、髪の毛がぺったんこにならないためには、どのような対策があるのでしょうか? チェックしてみましょう!

1. 部屋の湿度を40%以上に保つ

 まずは、しっかり保湿をすることです。加湿器などを使って、部屋の湿度が40%以上になるようにしましょう。加湿器がない場合には濡れたタオルを部屋に干したり、お湯を沸騰させるだけでも、湿度を上げることができますよ。

2. ヘアオイルやヘアクリームで髪の毛を保湿する

 空気と同様、髪の毛の乾燥も静電気が起こる原因になります。お風呂上がりなど髪の毛が乾燥しやすい時には、しっかりヘアクリームやヘアオイルなどを使って保湿するようにしましょう。

3. 顔周りと手をしっかり保湿する

 髪に触れやすい顔や手をしっかり保湿することも、静電気防止に有効です。こまめに保湿クリームを塗るようにしましょう。ちなみに、ハンドクリームをつけた手で軽く髪を撫でると、一時的に静電気を抑えることができますよ。

4. 洋服の素材を天然素材に変える

 乾燥する季節は、洋服の素材を変えてみるのもおすすめです。特に、ウールやポリエステル、化学繊維の素材は静電気が帯電しやすいため、綿や麻などの帯電しにくい天然素材の洋服を選ぶとよいでしょう。

5. ドライヤーは上から下に向かって乾かす

 ドライヤーで髪の毛を乾かす時には、必ず上から下に向かって風が当たるように乾かしましょう。毛先〜中心あたりからドライヤーの風を当てると、髪が広がる原因となり、乾燥して静電気が発生しやすくなります。

 可能なら、ドライヤーで乾かした後に冷風で髪の熱をとると、髪がストレートにまとまりやすくなるのでおすすめです。

髪の静電気対策におすすめのアイテム5選

ナイトキャップで髪を守る(写真:iStock)
ナイトキャップで髪を守る (写真:iStock)

 最後に、静電気対策におすすめのアイテムをご紹介しましょう。

1. ナイトキャップ

 静電気防止には、就寝時にかぶるために作られた「ナイトキャップ」がおすすめです。シルクや綿素材のナイトキャップをかぶれば、静電気が起こりにくいだけでなく、枕との摩擦を軽減し、髪にかかるダメージを減らします。

 さらに、地肌や髪を保湿し、寝癖もつきにくいなど、いいことだらけ! ぜひ試してみてくださいね。

2. 獣毛や木製のヘアブラシ

 髪をとかす場合には、静電気が起きにくいヘアブラシを使いましょう。たとえば、昔ながらのつげの櫛や、木製のブラシ、獣毛を使ったブラシなどは、髪に静電気を起こしにくいといわれています。

3. 静電気防止スプレー

 静電気防止スプレーも有効。静電気防止スプレーには、界面活性剤が含まれており、水分と対象物を馴染ませやすくします。この作用によって、摩擦を減らして静電気を発生しにくくしたり、空気中の水分を吸い寄せて水の膜を作り、電気が逃げやすい状態を作ってくれます。

【静電気防止スプレーは手作りもできる!】

 静電気防止スプレーに含まれる界面活性剤は、リンスやトリートメント、洗濯の柔軟剤にも含まれています。これら5滴ほどと、水100mlを市販のスプレーボトルに入れれば、あっという間に静電気防止スプレーの完成です。

4. 固形ワックス

 静電気対策をしているのに、外出先でもどうしてもアホ毛がふんわり立ってしまうことってありますよね。そんな時には、固形タイプのワックスが便利です。静電気でふんわりしている髪の毛につけるだけで、しっかり髪の毛をまとめてくれます。

5. 太めのヘアターバン

 どうしても髪の毛が静電気で顔周りにまとわりつく場合には、太めのヘアターバンを使うのもおすすめです。さっとつけるだけで、顔全体がすっきりして静電気を防いでくれます。いろいろなデザインがあるので、おしゃれを楽しめるという点も良いですね!

髪の静電気は保湿&便利アイテムで乗り切ろう!

 たかが髪の毛ですが、女性にとっては大切なおしゃれの一部。ぺったんこの髪や、空中を泳ぐように漂うもわもわの静電気を帯びた髪の毛なんて嫌ですよね。ぜひ、この記事で紹介した対策方法&アイテムを使って、静電気の季節を乗り切ってくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...