晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)

コクハク編集部
更新日:2021-12-02 06:00
投稿日:2021-12-02 06:00
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。

稲刈り後の田んぼと山の紅葉

刈り取った稲を干していました (C)コクハク
刈り取った稲を干していました (C)コクハク

 色づいた田んぼがみたいなあ、なんて思っていたのに、いつの間にか稲刈りは終わっていました。そりゃそうだ。

 残念。来年こそは!

青空とのコントラストよ (C)コクハク
青空とのコントラストよ (C)コクハク

 それでも周囲の山々の紅葉の美しいこと。

 この日は、よく晴れていて青空に色づいた木々がとても鮮やかでした。

林の中をお散歩

ちょっとしたハイキング気分です (C)コクハク
ちょっとしたハイキング気分です (C)コクハク

 以前お邪魔したときは田んぼの周りを散策しただけでしたが、今回はちょっと足を延ばして林の中を歩いてみようと思います。

 小高い丘になっている雑木林には、このように階段がついています。

 いうても、結構な急勾配。なかなかしんどいぞ。転ばないようにしなければ!

 足元で枯葉がカサカサ鳴るのが楽しいなあ。土と葉っぱの甘い匂いもします。

ドングリの思い出

かわいいドングリたち (C)コクハク
かわいいドングリたち (C)コクハク

 かわいいドングリも拾いました。子どものころ集めたドングリからイモムシが発生した記憶が……。幸い母が虫好きだったので、そのまま水槽で飼いましたよ。

 その後、彼らは無事に小さな蛾になり巣立っていきました。この経験があるからか、筆者はイモムシにそれほど苦手意識がありません。おかん、ありがとう。

 とはいえ、ドングリには虫だけでなく、雑菌も付着している可能性もあるので、保存する際は煮沸するか、冷凍したほうがよいそうです。

里山との共存に憧れる

水車の周りもすっかり紅葉しています (C)コクハク
水車の周りもすっかり紅葉しています (C)コクハク

 雑木林を抜け、また周囲をぶらぶら。休日の午後ということもあり、犬の散歩に来ている人が多かったです。

 こんな里山感満載なのに、実は東急田園都市線からバスで10分ちょいなんですよね。近くには団地もあります。こういう場所が近くにある生活ってちょっと憧れます。夏にはホタル鑑賞もできるそうですよ。

野菜直売所でお買い物も

地元で採れたお野菜がいっぱい (C)コクハク
地元で採れたお野菜がいっぱい (C)コクハク

 野菜の直売所もありました。これはうれしい! どのお野菜もぷりっぷりなのに、とってもお安かったです。エコバック持ってきてよかったー。

 お野菜だけでなく、ここの田んぼで収穫された新米も売っていたので早速ゲット。

 夏に来た時に見た稲たちが、お米になっているのを見ると感慨深いです。そうだ! たまご街道でたまごを買ってTKGにしよっと。うーん、地産地消♡

BlueDOOR Coffeeで一休み

温かみのある建物 (C)コクハク
温かみのある建物 (C)コクハク

 散策のおしまいは、BlueDOOR Coffeeでちょっと一息。ログハウス風のこぢんまりとしたコーヒー屋さんです。

 さっきまで林の中を歩いていたと思ったら、いつの間にやらおしゃれコーヒーショップにいるなんて、不思議だなあ。

いい天気でよかったなあ (C)コクハク
いい天気でよかったなあ (C)コクハク

 外のベンチでホカホカのカフェラテをいただきます。家族連れや、ロードバイクでやって来たと思われるお兄さんたちが、思い思いに一休みしていました。

 コーヒーだけでなくちょっとしたお菓子も売ってたけど、お腹周りが不安な筆者は心を鬼にして我慢しましたよ……。トホホ……。

 今度は家から走ってこようかしらん。そしたら気兼ねなく食べられるかなあ。

 ◇  ◇  ◇

 年末に向け、なんとなくせわしない気持ちでいましたが、優しい里山の景色にすっかり癒されました。横浜の小さな秘境「寺家ふるさと村」でリフレッシュ、おすすめですよ。

(編集K)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”は知っている!おやつをくれるニンゲンの見分け方
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
加齢たるたるのあるある<1>目の下のたるみは立派な現代病
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ワイルドフラワーって何?「キングプロテア」はお値段以上♪
 そこにあるだけで気分をアゲてくれる不思議な植物がございます。ワタクシに霊感なんてものがあるわけではございませんが、あた...
「兄ちゃんはバツイチだから」ザ・塩対応!おもしろLINE3選
 世間には、いろいろな性格の人がいます。その中でも塩対応な性格の人は相手の態度に関係なく、驚くほどそっけないですよね(笑...
超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...