まつ毛が切れるのはどうして? 意外な原因&5つの予防方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-11 06:00
投稿日:2021-12-11 06:00
 最近、鏡を見て「まつ毛が短くなった」と感じたり、メイクの際「まつ毛が切れる」と、困っている人もいるのではないでしょうか? もしかしたらそれ、まつ毛に大きな負担がかかっているのかもしれません! そこで今回は、まつ毛が切れる原因や予防方法をご紹介します。

まつ毛が切れるのはどうして? 意外な3つの原因

ビューラーでまつ毛が切れちゃうことも(写真:iStock)
ビューラーでまつ毛が切れちゃうことも (写真:iStock)

 ちょっとしたことで、まつ毛が切れる状態が続くと、「まつ毛がなくなってしまうんじゃないか……」と、不安になるものです。そんな時は、まず原因を突き止めることが必要ですよ。

1. ビューラーによる負担

 メイクの際、毎日のようにビューラーを使っている人も多いでしょう。しかし、このビューラーは、意外とまつ毛にとって大きな負担になります。

「ちゃんとカールをさせよう」「しっかりキープさせよう」と思うと、ついつい力を入れ過ぎたり、引っ張りすぎてしまうもの。しかしこれが、まつ毛の切れる原因となってしまいます。

2. 洗顔やクレンジングによる刺激

 メイクをしている人は、毎日、洗顔やクレンジングをしているでしょう。でも、実は、洗顔やクレンジングの刺激により、まつ毛が切れる原因となることがあります。

「ちゃんと落とそう」と思うと、知らず知らずのうちに力が入ってしまい、まつ毛にダメージを与えてしまうのです。特に、ウォータープルーフのマスカラは落としにくいため、より力が入りやすく、大きな刺激となってしまいます。

3. まつ毛エクステやまつ毛パーマによる負担

 まつ毛のボリュームやカール感を出すため、エクステやパーマをかけている人もいるでしょう。これらの施術は便利ですし、メイクも楽になりますが、過度な施術はまつ毛が切れる原因になります。

 適度な施術間隔であれば問題ありませんが、頻繁に行うと負担は大きくなり、切れやすくなってしまいます。

まつ毛が切れるのを防ぐには? 5つの予防方法

ビューラーのゴムはこまめに買い替えて(写真:iStock)
ビューラーのゴムはこまめに買い替えて (写真:iStock)

 まつ毛は、3週間から4カ月程度で生え変わりますが、やはり途中で切れてしまうのは防ぎたいですよね。そんな時には、以下の方法を試してみてください!

1. ビューラーの見直し

 あなたは、ビューラーのゴムをいつ交換しましたか? 実は、ビューラーのゴムは意外と劣化しやすく、傷んでいるまま使うとまつ毛に圧力がかかり、切れやすくなります。交換のサインは、ゴムに溝ができたタイミングです。

 また、ビューラーを使う際には力の入れ過ぎ、引っ張りすぎに注意することも大切ですよ。

2. 正しい洗顔やクレンジング

 洗顔、クレンジングの際に「汚れを落とそう」とゴシゴシ擦ってしまうと、まつ毛だけでなく、肌にも大きな刺激となってしまいます。

 特に、アイメイクを落とす時には注意が必要! ウォータープルーフのメイクアイテムを使っている場合は、クレンジング前にアイメイクリムーバーを用いて、綿棒などで優しく落とすようにしましょう。

3. エクステやパーマを控える

 まつ毛の切れが気になる人で、エクステやパーマを頻繁に行っている人は、施術を控えることをおすすめします。

 エクステもパーマも便利なものではありますが、まつ毛に負担になっては意味がありません。少しお休みして、まつ毛がきちんと生えそろってから、また再開すると良いでしょう。

4. 目の周りをマッサージする

 現代では、毎日のようにパソコンやスマホを見ている人が多いです。でも、この習慣によって、意外と目の周りが疲れている人も少なくありません。

 目の周りの血行が悪くなってしまえば、それだけまつ毛を育てる栄養が届きにくくなります。時々、目の周りをマッサージしたり、温めたりすると、まつ毛に良い影響があるだけではなく、クマなどの予防にも効果的ですよ。

5. まつ毛美容液でケア

 まつ毛が切れて短くなっている人は、まつ毛美容液でのケアもおすすめです。まつ毛美容液は、まつ毛を健康な状態にし、抜け落ちにくくさせる効果があります。

 特に、エクステやパーマでダメージを受けている人にとっては、心強い味方になってくれるでしょう。

まつ毛が切れる時には日頃のケアを見直そう!

健康なまつ毛を保とう!(写真:iStock)
健康なまつ毛を保とう! (写真:iStock)

 アイメイクの際、まつ毛メイクはやっぱり欠かせないもの。まつ毛にボリュームをつけ、カールさせることで、ぱっちり目元を叶えている人も多いでしょう。
 でも、そのぶん、まつ毛には負担がかかっていることも忘れてはいけません。まつ毛が切れやすくなったら、日頃のケアを見直す合図かも? ぜひ、まつ毛を健康に保って、日々のメイクを楽しんでくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...