芸能界御用達のロケ弁「鳥久」実食レポ 2021.12.18(土)

コクハク編集部
更新日:2021-12-18 06:00
投稿日:2021-12-18 06:00
 大田区蒲田にお店を構える「鳥久本店」。テレビのバラエティー番組などで、度々話題に上るお弁当屋さんで、芸能界で人気のある“定番ロケ弁”としても有名です。「いつか食べてみたいな」と思っていた人も少なくないのではないでしょうか?
行列のできる鳥久(C)コクハク
行列のできる鳥久 (C)コクハク

 店頭の前は、いつも長蛇の列で賑わっています。回転率が早いので、このくらいの列であれば、あっという間に購入することができます。今回の待ち時間は5分ほどでした。

テレビでみたまんま!(C)コクハク
テレビでみたまんま! (C)コクハク

 紫色の包みの「特製弁当」と、黄色の「から揚げ弁当」を購入。さっそく中を開けてみると……。

写真左:「特製弁当」、「から揚げ弁当」(C)コクハク
写真左:「特製弁当」、「から揚げ弁当」 (C)コクハク

 えー! おいしそー!!! と、思わずテンションが上がってしまいました。おかずがぎっしりと詰まっていて、ボリューム満点な印象です。

特製弁当 800円(税込み=以下同)

【内容】から揚げ・チキンカツ・焼鳥・じゃが芋・つくね・蒲鉾(C)コクハク
【内容】から揚げ・チキンカツ・焼鳥・じゃが芋・つくね・蒲鉾 (C)コクハク

 特製弁当は、鳥久の一番人気。テンションが上がるから揚げは、げんこつ大の大きさで存在感たっぷりですが、その下には、実はチキンカツが隠れています。ダブルの鳥料理に加え、ねぎまも入っていて、こちらはごはん側まで飛び出しています(笑)。まさに全部のせ、全部盛り! チキンカツは、サクサクで衣がカリっとしていました。からしと醤油をたっぷりかけて食べると、おいしかったです。衣がたっぷりのから揚げは、食べ応えがあります。

から揚げ弁当 700円

【内容】から揚げ・シューマイ・つくね・じゃが芋・蒲鉾・筍(C)コクハク
【内容】から揚げ・シューマイ・つくね・じゃが芋・蒲鉾・筍 (C)コクハク

 から揚げ弁当は、シューマイや煮物も入っていて、バランスの良い組み合わせです。つくねや筍は甘じょっぱくて、ご飯が進みます。形が崩れる直前まで、煮込まれたじゃが芋は絶品。とてもおいしくて、食べ終わったあとにすぐ、また食べたいと思いました。

まとめ

 今年で創業95年を迎えた「鳥久」。芸能界のみならず、地元の人々から愛され続けている理由がわかりました。おかずのひとつひとつにこだわりが感じられ、丁寧に魂を込めて作られていることが伝わってきました。また、芸能人の気分が味わえるのも魅力のひとつですよね。テイクアウトして、ご家族やお友達と楽しんでみてはいかがでしょうか? 一度食べれば、虜になること間違いなしです♪

(編集S)

adress:東京都大田区蒲田1-8-12

関連キーワード

フード 新着一覧


「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...