今年面白かった「誤爆LINE」5選…笑い飛ばして新しい1年を

コクハク編集部
更新日:2021-12-29 06:00
投稿日:2021-12-29 06:00
 今年も1年間、お疲れさまでした! いろいろな誤爆LINEをご紹介してきましたが、年の瀬ということで、今回はこの1年で面白かった誤爆LINEを振り返ってお届けしたいと思います! ひょっとしたら、誤送信によって自ら心に傷を負った人もいるかもしれません。ぜひ、振り返って笑い飛ばし、新しい年に向けて気持ちを整理してみてくださいね♡

誤爆で負った傷を笑って癒して♡ 今年面白かった誤爆LINE5選

1. 女装の趣味があることを妻に誤爆

 こちらの男性にとっては、世紀の大誤爆となってしまったこちらのLINE。実は、ずっと女装の趣味を隠し通しながら結婚したのに、ここにきて自らのLINE誤爆により、妻に女装癖があることがバレてしまったのです。

「終わった」と思いながらも、「きちんと話さないと!」と、本心を伝えたそうです。この後、しばらくは妻から返信がなかったそうなのですが、家に帰ってからしっかり話し合いができたそう。来年は、女装した旦那と妻で仲良くデート……とまではいかないかもしれませんが、お互いの気持ちを尊重し合えていたらいいですね!

2. 姑への本音を本人に誤爆

 こちらの女性は、旦那へ送った姑への愚痴を本人に送るという誤爆をしてしまいました。言い方もかなりきつく、しかもこれから来るという状況での誤爆……。どんな顔をして謝ったらいいのだろうと、かなり凹んでいたようです。

 そこで届いた返信LINEがこちら。「じゃあ、いちいち行かなくてもいいように二世帯住宅にしましょうか!」というもの。一枚上手で嫌味を返してくる姑に「申し訳なかった」という気持ちは吹っ飛び、一気に戦闘モードになったそうです(笑)! 誤爆によってはじまった2人のバトル。最終的には仲直りしてほしいものですね!

3. 保育園グループLINEに不倫を誤爆

 こちらの女性は、不倫をしていて、不倫相手のために離婚までしたようです。しかし、それにも関わらず、なかなか離婚してくれない男性にしびれを切らして送ったLINEだったのですが、まさか直前に開いていた保育園のグループLINEに誤爆……!

 ママ友から「消した方がいいかも……」と教えてもらった時には、本当に頭が真っ白になったそうです。うん。きっといつか笑って話せる日がくるはず! 前向きに行くしかないですね!

4. 頭髪の悩みを彼女に誤爆

 こちらは、少し変わった誤爆LINE。頭髪や男性固有の悩みを彼女に隠しているこちらの男性。男友達から誘われた旅行を、治療やカツラのメンテナンスを理由に断ったのですが、そのLINEをまさかの彼女に誤爆してしまいました。

 それに対して、「嘘つかれていたのがショック」と答えた彼女。これに対して謝って終わればよかったのですが、こちらの男性は「もっと俺をいじって! 真剣に受け止めないで、笑ってくれたほうが楽!」と心の声を暴露しました(笑)!

 真面目な彼女、結局彼をいじる勇気がなくて別れてしまったそうです。ペチペチ叩いてくれたらって……なかなか変わり者の男性ですね!

5. 会社LINEに社内恋愛してることを誤爆

 こちらの女性は、会社の部長と不倫関係にあるようです。ある日、こっそり資料室で待ち合わせをするLINEを送ったら、送り先が社内のLINEグループだったことに気づいたそう! それに目をつけたのが、神経質で昔から苦手な男性社員だったとか。

「送り間違えている。そもそも社内恋愛は禁止だし、不倫では?」と、細かく攻め立てる男性社員に対してイラっとした女性。思わず、「内密な資料を渡すという連絡で、不倫ではない」と、強気な言い訳をしたそうです(笑)。

笑える日がくるはず! 誤爆LINEでメンタルを鍛えて!

 この1年間で面白かった誤爆LINEをお届けしましたが、中にはまだ誤爆による傷が癒えていない人もいるかもしれません。ぜひ、この記事を読んで、メンタルを鍛えて、たくましく来年も前進していってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...