今年面白かった「誤爆LINE」5選…笑い飛ばして新しい1年を

コクハク編集部
更新日:2021-12-29 06:00
投稿日:2021-12-29 06:00
 今年も1年間、お疲れさまでした! いろいろな誤爆LINEをご紹介してきましたが、年の瀬ということで、今回はこの1年で面白かった誤爆LINEを振り返ってお届けしたいと思います! ひょっとしたら、誤送信によって自ら心に傷を負った人もいるかもしれません。ぜひ、振り返って笑い飛ばし、新しい年に向けて気持ちを整理してみてくださいね♡

誤爆で負った傷を笑って癒して♡ 今年面白かった誤爆LINE5選

1. 女装の趣味があることを妻に誤爆

 こちらの男性にとっては、世紀の大誤爆となってしまったこちらのLINE。実は、ずっと女装の趣味を隠し通しながら結婚したのに、ここにきて自らのLINE誤爆により、妻に女装癖があることがバレてしまったのです。

「終わった」と思いながらも、「きちんと話さないと!」と、本心を伝えたそうです。この後、しばらくは妻から返信がなかったそうなのですが、家に帰ってからしっかり話し合いができたそう。来年は、女装した旦那と妻で仲良くデート……とまではいかないかもしれませんが、お互いの気持ちを尊重し合えていたらいいですね!

2. 姑への本音を本人に誤爆

 こちらの女性は、旦那へ送った姑への愚痴を本人に送るという誤爆をしてしまいました。言い方もかなりきつく、しかもこれから来るという状況での誤爆……。どんな顔をして謝ったらいいのだろうと、かなり凹んでいたようです。

 そこで届いた返信LINEがこちら。「じゃあ、いちいち行かなくてもいいように二世帯住宅にしましょうか!」というもの。一枚上手で嫌味を返してくる姑に「申し訳なかった」という気持ちは吹っ飛び、一気に戦闘モードになったそうです(笑)! 誤爆によってはじまった2人のバトル。最終的には仲直りしてほしいものですね!

3. 保育園グループLINEに不倫を誤爆

 こちらの女性は、不倫をしていて、不倫相手のために離婚までしたようです。しかし、それにも関わらず、なかなか離婚してくれない男性にしびれを切らして送ったLINEだったのですが、まさか直前に開いていた保育園のグループLINEに誤爆……!

 ママ友から「消した方がいいかも……」と教えてもらった時には、本当に頭が真っ白になったそうです。うん。きっといつか笑って話せる日がくるはず! 前向きに行くしかないですね!

4. 頭髪の悩みを彼女に誤爆

 こちらは、少し変わった誤爆LINE。頭髪や男性固有の悩みを彼女に隠しているこちらの男性。男友達から誘われた旅行を、治療やカツラのメンテナンスを理由に断ったのですが、そのLINEをまさかの彼女に誤爆してしまいました。

 それに対して、「嘘つかれていたのがショック」と答えた彼女。これに対して謝って終わればよかったのですが、こちらの男性は「もっと俺をいじって! 真剣に受け止めないで、笑ってくれたほうが楽!」と心の声を暴露しました(笑)!

 真面目な彼女、結局彼をいじる勇気がなくて別れてしまったそうです。ペチペチ叩いてくれたらって……なかなか変わり者の男性ですね!

5. 会社LINEに社内恋愛してることを誤爆

 こちらの女性は、会社の部長と不倫関係にあるようです。ある日、こっそり資料室で待ち合わせをするLINEを送ったら、送り先が社内のLINEグループだったことに気づいたそう! それに目をつけたのが、神経質で昔から苦手な男性社員だったとか。

「送り間違えている。そもそも社内恋愛は禁止だし、不倫では?」と、細かく攻め立てる男性社員に対してイラっとした女性。思わず、「内密な資料を渡すという連絡で、不倫ではない」と、強気な言い訳をしたそうです(笑)。

笑える日がくるはず! 誤爆LINEでメンタルを鍛えて!

 この1年間で面白かった誤爆LINEをお届けしましたが、中にはまだ誤爆による傷が癒えていない人もいるかもしれません。ぜひ、この記事を読んで、メンタルを鍛えて、たくましく来年も前進していってくださいね!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...