「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)

コクハク編集部
更新日:2022-01-15 06:00
投稿日:2022-01-15 06:00
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り切れ続出の“ウワサのパン”をゲットできたので、さっそくレポートしていきたいと思います!
これが「白トリュフの塩パン」だ!(C)コクハク
これが「白トリュフの塩パン」だ! (C)コクハク

 そもそものきっかけは、YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。同チャンネルでは、2021年12月30日に行われた「Johnny’s Festival thank you 2021 Hello 2022」の裏側に潜入し、開設者の二宮和也さんが、およそ100個のパンをジャニーズファミリーに差し入れする動画が公開されました(2022/01/02公開)。

 ジャニーズタレントたちは口々に、「トリュフの匂いがする!」「めちゃくちゃうまいパン!」と大絶賛。Twitterでは、すぐさま「トリュフ」がトレンド入りしました。

予約受付は一時停止中

ご予約ルールの変更(C)コクハク
ご予約ルールの変更 (C)コクハク

 本来は、事前にパンの予約ができるのですが、注文が殺到しているため、現在は受付を一時停止しています。「せっかく来たのに買えなかった」というお客様をなるべく少なくしたい、来店客を“第一優先”に販売したいのだそう。とはいえ、予約状況は日々更新されるので、お店に向かう際はHPをチェックするのが安心です。

 ジャにのちゃんねるといえば、「2021年の新人YouTuberランキングトップ10」で、チャンネル登録者数1位になったことでも話題になりました。今月4日には、チャンネル登録者数300万人を突破するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せています。今回の件でも、その影響力は凄まじいと感じました。

「お一人様2つまで」の個数制限アリ

トリュフミニ新橋店(C)コクハク
トリュフミニ新橋店 (C)コクハク

 現在は予約ができない状況なので、確実に「白トリュフの塩パン」を購入するためには、開店時間(8:00~)に近い時間帯にお店に行くことが大切。

 筆者が訪れたのは、日曜日の午前10時頃。ほぼ並ばずに購入できましたが、途切れることなくお客さんが並んでいました。Twitterでは、「2時間も並んだ」という人を見かけたので、朝行くのがオススメかもしれません!

上品なトリュフの香りにうっとり♡

1個194円(税込)/ パンにトリュフバターが練りこまれています(C)コクハク
1個194円(税込)/ パンにトリュフバターが練りこまれています (C)コクハク

 せっかくの焼き立てパンであっても、自宅に持ち帰るあいだに、どうしても冷めてしまいます。オーブンで温め直して食べると、よりトリュフの香りを楽しむことができました。粗めのトリュフソルトがまぶされていて、生地はもっちりとしています。トリュフは高級な食材のイメージがあるので、こうやって気軽に楽しめるのは嬉しい限りです。

まとめ

お店のビニール袋もかわいい♡(C)コクハク
お店のビニール袋もかわいい♡ (C)コクハク

 Truffle BAKERYは、店舗が複数あるのでアクセスがしやすいです(門前仲町・三軒茶屋・広尾・軽井沢・有楽町・新橋)。「白トリュフの塩パン」が一番人気ではありますが、他にも個性的なパンもたくさん販売されています。お出かけや乗り換えのついでに、お店を覗いてみてはいかがでしょうか?
 
(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...