“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)

コクハク編集部
更新日:2022-01-01 06:00
投稿日:2022-01-01 06:00
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余している方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは、“おやつバーガー”はいかがでしょうか?

ダンクバーガーとは?

左上:ダンクバーガー イタリアン生ハム、左下:ダンクバーガー アメリカンクリームチーズ 各440円(税込)/(C)コクハク
左上:ダンクバーガー イタリアン生ハム、左下:ダンクバーガー アメリカンクリームチーズ 各440円(税込)/ (C)コクハク

 忙しい現代人は、平日はゆっくりと昼食を取れなかったり、休憩する時間がなかったりすると思います。のんびり過ごせるお正月にこそ、試して欲しいハンバーガーがあるんです!

「ダンクバーガー」とは、ソースなどにダンク(つける)しながら食べるハンバーガーのこと 。フレッシュネスバーガーでは、「イタリアン生ハム」と「 アメリカンクリームチーズ」の2種類が販売されています。

さっそく食べてみたいと思います!

ローストアーモンドにダンク!(C)コクハク
ローストアーモンドにダンク! (C)コクハク

 まずは、「アメリカンクリームチーズ」。ビーフパティとクリームチーズが、パンプキンバンズに挟まれています。メープル入りシロップにたっぷりと浸してから、ローストアーモンドにダンク! カリカリのアーモンドが香ばしく、甘じょっぱいバーガーになりました。バンズが甘めなので、メープルシロップとの相性も抜群です◎

オリーブオイルに浸してから、粉チーズの海にダイブ!(C)コクハク
オリーブオイルに浸してから、粉チーズの海にダイブ! (C)コクハク

「イタリアン生ハム」は、プロシュートとグリーンカールを挟んだバーガー。エキストラバージンオリーブオイルにしっかりと浸してから、粉チーズにダンク! オリーブオイルとチーズが加わることで、香りがより豊かに。何度もダンクして、最後のひと口までリッチな味わいを堪能することができました。

まとめ

贅沢な“おやつバーガー”を楽しもう♪(C)コクハク
贅沢な“おやつバーガー”を楽しもう♪ (C)コクハク

 お店のハンバーガーは、単体で味が完成されているものだと思っていたので、自分好みに味変ができるのは新感覚の体験でした。サイズも小ぶりなので、おやつにちょうどいいです。

 お正月はお家から出たくないという方も、フレッシュネスバーガーならばウーバーイーツや出前館などで気軽に頼めます。1月11日まで期間販売なので、この機会をお見逃しなく♪(※なくなり次第終了)

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...