「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味

コクハク編集部
更新日:2022-01-17 06:00
投稿日:2022-01-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグロとアボカドの磯辺和え」のレシピを教えていただきました。

ハワイ料理の定番に一工夫

合うお酒=日本酒、焼酎、ビール(C)コクハク
合うお酒=日本酒、焼酎、ビール (C)コクハク

 マグロとアボカドの組み合わせは、ハワイ料理の定番。今や和食にも定着しつつある。そこは一工夫で漬けにする。

「漬けダレは、正直、醤油だけでいい」

 醤油風味をまとったマグロの食感から、漬け時間は醤油にサッとくぐらせる程度。それでいて、醤油に甘味を感じるのは?

「黄身醤油です。卵黄と醤油を同量で合わせたものをタレとして器の底に敷いています」

 なるほど、通常は、酒とみりんのアルコール分を飛ばして漬けダレに甘味をプラスするが、その手間をパスしながら、卵黄が甘味を補っているのだ。しかも、サッとでもマグロを漬けにすることでウマ味が増し、アボカドとのウマ味合戦が、より面白くなる。漬けと黄身醤油。定番食材を引き立てる2つの工夫が生きている。

「残った黄身醤油は、ほかの刺し身や納豆のタレに使うといい」

 翌朝、黄身醤油で納豆をいただくと、うまいこと、うまいこと。

 で、3つ目の仕掛けがノリだろう。とにかく、パリッとしたものを使うことに尽きる。3つの手間で、風味が何倍にも膨らみ、ありふれたツマミが極上に。阿部さんの5品の中で最も簡単な一皿ながら、箸が止まらなくなること請け合いだ。

【材料】

・マグロ 100グラム
・アボカド 1個100グラム
・卵黄 少々
・醤油 少々
・わさび 適量
・ノリ 適量

【レシピ】

(1)マグロをサッと醤油にさらしたら、サイコロ状に切る。
(2)①と一緒にサイコロ状に切ったアボカドを器に盛る。
(3)黄身と醤油を同量ずつ混ぜて黄身醤油を用意したら、②に少量回しかける。
(4)ノリを振って、わさびを添えたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…阿部学さん

▽あべ・まなぶ

 料亭わらびの里、料亭金田中などで修業した後、多に川へ。だしをベースにした和食の王道を守りつつも、ちょっとした変化を加えてファンを魅了する。

▽多に川

 薩摩おごじょがもてなす和食店。路地裏の雑居ビルにある隠れ家的なたたずまいで、夜はおまかせコースのみ。カウンター7席と4人掛けのテーブル2つながら、落ち着いて食事ができると評判に。

東京都港区赤坂2―7―5赤坂ブライトビル1階
℡03・3568・2488

(日刊ゲンダイ2019年1月11日付記事を再編集)

フード 新着一覧


衝撃!「ハッピーターンオレ」を飲んでみた 2022.5.26(木)
 ローソンで衝撃の光景を目にしました。商品棚をカラフルに彩るこちらの商品をよく見ると……。 「ハッピーターンオレ」...
ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...