マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-24 06:00
投稿日:2022-01-24 06:00
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」について。爪が傷んでしまったり、剥がれかけのマニキュアを外出先では落とせなかったり……と、悩みは尽きませんよね。そこで今回は、綺麗に落ちる基本のマニキュアの落とし方や、悩み別の落とし方についてご紹介します♡

【基本編】綺麗に仕上がる♡ マニキュアの落とし方

上手にマニキュアを落とすコツは?(写真:iStock)
上手にマニキュアを落とすコツは? (写真:iStock)

 間違った方法でマニキュアを落とすと、爪が傷んでしまったり、色が残ってしまったりするリスクがあります。そこでまずは、綺麗に仕上がるマニキュアの落とし方の基本から、チェックしていきましょう!

1. 毛羽立たないコットンを用意

 綺麗にマニキュアを落とすには、除光液をつけるコットンの質も大切。繊維が毛羽立ちにくいタイプを選ぶようにしましょう。ティッシュを使っても落とせますが、除光液をたくさん使わないといけないため、コットンが最適です。

2. アセトンフリーの除光液を用意

 除光液には、マニキュアの皮膜形成剤を溶かすための「アセトン」と呼ばれる成分が入っています。でも実はこの成分、結構爪に負担がかかってしまうのが難点。

 綺麗な爪を保ちたいのであれば、ぜひ、アセトンフリーの除光液を用意してみてください。ネイルの仕上がりにも影響しますよ。

3. 数秒置いて優しく滑らせながら除去

 除光液でマニキュアを落とす時は、まずコットンに多めの除光液をつけて、爪の上に置いて軽く押さえ、数秒間じっくりキープします。

 特に、爪のサイドの窪み部分にしっかりコットンが当たるようにしましょう。その後、そっと滑らせてコットンを外せば、綺麗に落ちやすくなります。

【裏技編】こんな方法もあった! 悩み別マニキュアの落とし方

 場合によっては、急いでいたり、外出先だったりして、じっくりマニキュアを落としていられない時もありますよね。そんな悩みを解決する、悩み別マニキュアの落とし方もチェックしてみましょう!

「アルコール」で代用して落とす

 場合によっては、手元に除光液がないということもありますよね。そんな時には、アルコールが代用できるんですよ。

 コットンにたっぷりアルコールを浸したら、爪の上に10分程度置いておき、それから擦るようにして落としていきましょう。時間はかかりますが、綺麗に落とすことができますよ。

お湯で落としたいなら「事前に水のり」を使う

水のりを使う裏ワザも!(写真:iStock)
水のりを使う裏ワザも! (写真:iStock)

 除光液の匂いが苦手という人もいますよね。そんな人は、マニキュアを塗る前に爪に水のりを数回塗ってみましょう。水のりが乾いたら、いつも通りマニキュアを塗ります。

 そうすることで、お風呂などに入ってお湯につけた時に、マニキュアを簡単に剥がすことができますよ。爪に負担が少ない点もポイントです!

外出先では「スポンジリムーバー」を使う

 外出先でマニキュアを落としたいと思っても、匂いの強い除光液をコットンにつけて……なんてことはなかなかできませんよね。

 そんな時に便利なのが、あらかじめボトルに入ったスポンジに除光液が染み込んだタイプの「スポンジリムーバー」。小さなボトルなので持ち運びに便利なうえ、匂いも少なくゴミも出ず、とても便利です。

ラメが落ちない時は「アルミホイル」を併用する

ラメを落とすには(写真:iStock)
ラメを落とすには (写真:iStock)

 ラメ入りのマニキュアを使った時は、ラメだけなかなか落ちないことってありますよね。そんな時には、アルミホイルを併用するのがおすすめ。

 基本の落とし方の通り、除光液の染み込んだコットンを爪の上に置いたら、アルミホイルで包んでしばらく放置してください。アルコールが蒸発しにくくなり、ラメをするっと落ちやすくしてくれます。

マニキュアの落とし方はいろいろ! 状況に応じて変えてみて

ネイルライフを楽しもう(写真:iStock)
ネイルライフを楽しもう (写真:iStock)

 マニキュアの落とし方は、除光液だけではありません。代用できるものもありますし、外出先で使える便利なアイテムもあります。ぜひ、この記事を覚えておくことで、いざという時に役立つかもしれませんよ♪ ぜひ、役立ててくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...