髪がパサパサなのが嫌…原因&簡単にできる3つの対処法♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-02-09 06:00
投稿日:2022-02-09 06:00
 髪は女性の命といいますが、髪がパサパサで広がっていると老けて見えますし、女子力も下がってしまっている気がしますよね。そこで今回は、髪がパサパサになる原因や自宅でできる対処法をご紹介します。簡単なステップを踏むだけで驚くほど髪が見違えるので、ぜひ読んでみてください♡

「髪がパサパサ」ってどんな状態?

パサパサすぎて泣ける…(写真:iStock)
パサパサすぎて泣ける… (写真:iStock)

 髪には内部の水分や栄養分を保てるよう、うろこ状に整った「キューティクル」があり、髪を守ってくれています。しかし、キューティクルは紫外線や乾燥など、さまざまな原因で傷つきやすく、ケアをしないでいると、手触りが悪くなってゴワゴワに……。

 さらに、その状態を放置してしまうと内部までダメージが及んでしまい、いわゆる「パサパサ状態」になってしまうのです。

髪がパサパサになる4つの原因

 髪をパサパサにしてしまう原因には、どんなものがあるのでしょうか? チェックしてみましょう。

1. 熱によるダメージ

ドライヤーは髪から離して使おう(写真:iStock)
ドライヤーは髪から離して使おう (写真:iStock)

 ドライヤーやヘアアイロンの熱は、キューティクルにダメージを与える原因となります。180度以上の高温で長時間使うのは、避けるようにしましょう。

 ヘアアイロンは160度以下にして5秒以上は使わない、ドライヤーは髪から10cm以上離して使うように心がけてみると良いですよ。

2. シャンプーによるダメージ

 実は、毎日使っているシャンプーも、髪のダメージの原因となります。特に、安価なシャンプーには、「界面活性剤」という成分が多く含まれたものもあるので注意が必要。界面活性剤は髪の汚れを落とす役割を持っているとはいえ、髪だけではなく頭皮へのダメージの原因になってしまうのです。

 髪へのダメージを考えるなら、優しい洗浄力で栄養成分が含まれ、添加物が極力使われていないものを選ぶと良いでしょう。

3. ヘアカラーやパーマによるダメージ

 頻繁にヘアカラーを繰り返したり、パーマをかけるのも、キューティクルにダメージを与える原因の一つ。

ヘアカラーするなら美容院がベター(写真:iStock)
ヘアカラーするなら美容院がベター (写真:iStock)

 特にセルフカラー用の液剤には、染めやすくなるようにキューティクルを開く薬が使用されているものが多いため、傷みの原因になりやすいです。カラーを行う時には、美容室でトリートメントケアをしながら行うようにしましょう。

4. 加齢やホルモンバランスの変化によるもの

 加齢や産後のホルモンバランスの変化も、髪に大きな影響を与える要因となります。加齢によって体の老化が進むと、頭皮の毛穴がいびつな形になり、生えてくる髪がうねったりパサパサになったりすることがあります。

 また、産後は赤ちゃんに母乳で栄養を与えるため、ママの髪の栄養が不足しがち。念入りなヘアケアが大切です。

髪がパサパサになってしまった時の対処法3つ

シャンプーを変えてみて(写真:iStock)
シャンプーを変えてみて (写真:iStock)

 では、髪がパサパサになってしまった時には、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか? チェックしていきましょう!

1. シャンプーを変える

 毎日使うシャンプーを見直してみましょう。洗浄力の強い安価なものから、弱酸性やアミノ酸系の洗浄成分を使ったものへと変えるだけで、髪質が変わるのを感じられるはず。

 また、コンディショナーやトリートメントも、栄養成分がたっぷり配合されているものを選ぶようにしてみてくださいね。徐々に変化を実感できますよ。

2. トリートメントを取り入れる

 トリートメントは、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますが、どちらも使うようにしてみましょう。

 洗い流すタイプには髪に栄養を送って髪を補修し、洗い流さないタイプには外的ダメージから髪を守るという役割があります。補修しながらダメージの原因を避け、ハリのある艶やかな髪を目指すことができます。

3. 髪を完全に乾かしてから寝る

 日常で身に付けて欲しいのが、髪を必ず完全に乾かしてから寝るという習慣。実は「髪が濡れている状態=キューティクルが開いている状態」なので、濡れた状態で寝てしまえば、枕との摩擦でキューティクルが剥がれたり、乾燥したりといったトラブルが起こりやすくなります。また、しっかり乾かして寝ることで、寝癖の予防もできますね。

髪がパサパサになったら日々のケアを見直してみて

最近髪の毛、調子いいかも♡(写真:iStock)
最近髪の毛、調子いいかも♡ (写真:iStock)

 髪がパサパサしていたり傷んだりしていると、見た目年齢もぐっと高く見えてしまいます。ぜひこの機会に、毎日のヘアケアを見直してみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...