パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-21 06:00
投稿日:2021-06-21 06:00
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因として侮れないものこそ「紫外線」だったのです。そこで今回は、忙しい日々の中でも簡単にできるUV対策や、自宅でできるヘアケア方法をご紹介します。

どうしてUV(紫外線)を浴びると髪はパサパサになるの?

陽射しが気持ちい季節だけど(写真:iStock)
陽射しが気持ちい季節だけど (写真:iStock)

 私たちの髪の毛には、18-MEA(メチルエイコサン酸)と呼ばれる脂肪酸の一種が含まれていて、髪のツヤやなめらかな手触りを実現してくれています。でも、実はこの油分は紫外線や、熱などに非常に弱いという特徴があります。だから、ノーガードで紫外線を浴びてしまうと、パサパサで手触りの悪い傷んだ髪になりやすいのです。

 さらに、一度生えた髪には自己再生能力がなく、一度傷んだら修復をすることができません。だからこそ、ツヤのある美髪を保つためには、日々の髪のUV対策がとても重要なんです。

髪のパサつきを防ぐ! 毎日の髪のUV対策3つ

帽子で髪の日焼けを防ぐ(写真:iStock)
帽子で髪の日焼けを防ぐ (写真:iStock)

 毎日の髪の日焼け対策はとても大切だということがわかりましたが、具体的にはどのような対策をすれば良いのでしょうか? 一緒にチェックしていきましょう!

1. 帽子や日傘を使う

 一番簡単でてっとり早いのが、帽子や日傘を使って物理的に髪の日焼けを防ぐという方法です。帽子なら、お出かけ前にさっとかぶるだけなので簡単ですね。その日のコーディネートに合わせていろいろな帽子を用意しておくと、おしゃれも楽しめて一石二鳥です。また、日傘も常にバッグに忍ばせておけば安心ですね。

 ここでのポイントは、「UVカット対策を施されたものを選ぶ」ということ。特に、髪に深刻な影響を与える「紫外線B波をカットできるもの」がおすすめです。

2. 髪用のUVカットスプレーを使う

 帽子や日傘を使うのが難しい時には、髪用のUVカットスプレーを使うと良いでしょう。中には、同時に肌にも使えるタイプもあるので、チェックしてみると良いかもしれません。使い方は簡単。スプレーをしっかり振ってから、20cmほど離して吹きかけるだけです。

 ただし、効果の持続時間は商品によって違うので、確認が必要です。小さめのものを購入して常備し、定期的に吹きかけるようにすると良いでしょう。

3. 普段と違う髪型や分け目にする

 いつも同じ分け目や髪型をしていると、紫外線のダメージを受ける場所が決まってしまいます。そこで、日によって分け目を反対にしてみたり、ヘアアレンジを変えてみたりするのがおすすめです。

 また、プールや海など、髪が濡れるような場所に行く時には、アップスタイルにしておくと、よりダメージを軽減することができますよ。

日焼けで傷んだ髪におすすめのヘアケア方法4つ

濡れた髪は手早く乾かす(写真:iStock)
濡れた髪は手早く乾かす (写真:iStock)

 では、すでに日焼けで髪が傷んでしまった時にはどうしたら良いのでしょうか? ここでは、自宅で簡単にできるヘアケア方法をご紹介します。

1. 低刺激のシャンプーを使う

 紫外線のダメージを受けた髪に洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、余計にパサつきが進んでしまうかもしれません。すでに日焼けしてしまった髪には、低刺激のオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなどがおすすめ。普段よりも刺激を避けるようにしましょう。

2. 髪をしっかり早く乾かすことを心がける

 髪が一番傷むのは、濡れている状態です。お風呂上がりや、夏のプールや海で遊んだ後に髪を自然乾燥させると、さらにダメージを受けることになります。髪が濡れたら、できるだけ早くドライヤーで乾かしましょう。20cmくらい離して、髪の根元から乾かしていくのがコツですよ。

3. 洗い流さないトリートメントを使う

 日焼けした髪は、油分が失われて保水力が低下しているため、パサパサと乾燥しやすい状態です。自宅では、洗い流さないトリートメントを使って、潤いを補給しましょう。トリートメントを日々の習慣にすれば、ドライヤーやクーラーなどによる乾燥を防ぐ効果も期待できます。ただし、つけすぎると逆に日焼けしやすくなるので、適量を守ってくださいね。

4. 頭皮の日焼けにはクールダウンが先決

 美しい髪を生み出すには、頭皮が健康であることが欠かせません。もしも、頭皮が日焼けしてしまい、赤くなったり、ヒリヒリしたりしてしまった時は、まず最初にクールダウンすることが先決。

 冷たく濡らして絞った濡れタオルや保冷剤をタオルで包んだものを使い、頭皮をゆっくり冷やしましょう。冷やした後は、乾燥しないように化粧水や乳液を頭皮につけてケアすることも大切ですよ。

髪こそUV対策を! 自宅でのヘアケア方法を学んで健康な髪に

夏でもツヤ髪をキープ!(写真:iStock)
夏でもツヤ髪をキープ! (写真:iStock)

 髪は、日焼けをしてもあまり変化がなく実感しにくいため、肌よりもUV対策を怠ってしまいがち。でも、日々のダメージの蓄積で、気がつかない間に取り返しのつかないパサパサ状態になってしまうことも多いのです。

 ぜひ、この記事を参考にして、日々の髪のUV対策やヘアケア方法を実践してみてください。続けることで、生えてきた健康な髪を守ることにつながり、いずれツヤツヤの美しい髪を取り戻すことができるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ツヤ肌は誰でも作れる♡ メイク&スキンケアの6つの秘訣
 赤ちゃんのようにみずみずしいツヤ肌は、女性なら誰もが憧れるものでしょう♡ でも現実には、加齢や乾燥など、さまざまな原因...
外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...
デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった
「デリケートゾーンがなんだか臭う……」「周りにバレないかな……」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。デリケート...
私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女...
ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッション...
紗栄子風"ふんわりいい香りがしそう”な女を目指す3アイテム
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...