パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-21 06:00
投稿日:2021-06-21 06:00
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因として侮れないものこそ「紫外線」だったのです。そこで今回は、忙しい日々の中でも簡単にできるUV対策や、自宅でできるヘアケア方法をご紹介します。

どうしてUV(紫外線)を浴びると髪はパサパサになるの?

陽射しが気持ちい季節だけど(写真:iStock)
陽射しが気持ちい季節だけど (写真:iStock)

 私たちの髪の毛には、18-MEA(メチルエイコサン酸)と呼ばれる脂肪酸の一種が含まれていて、髪のツヤやなめらかな手触りを実現してくれています。でも、実はこの油分は紫外線や、熱などに非常に弱いという特徴があります。だから、ノーガードで紫外線を浴びてしまうと、パサパサで手触りの悪い傷んだ髪になりやすいのです。

 さらに、一度生えた髪には自己再生能力がなく、一度傷んだら修復をすることができません。だからこそ、ツヤのある美髪を保つためには、日々の髪のUV対策がとても重要なんです。

髪のパサつきを防ぐ! 毎日の髪のUV対策3つ

帽子で髪の日焼けを防ぐ(写真:iStock)
帽子で髪の日焼けを防ぐ (写真:iStock)

 毎日の髪の日焼け対策はとても大切だということがわかりましたが、具体的にはどのような対策をすれば良いのでしょうか? 一緒にチェックしていきましょう!

1. 帽子や日傘を使う

 一番簡単でてっとり早いのが、帽子や日傘を使って物理的に髪の日焼けを防ぐという方法です。帽子なら、お出かけ前にさっとかぶるだけなので簡単ですね。その日のコーディネートに合わせていろいろな帽子を用意しておくと、おしゃれも楽しめて一石二鳥です。また、日傘も常にバッグに忍ばせておけば安心ですね。

 ここでのポイントは、「UVカット対策を施されたものを選ぶ」ということ。特に、髪に深刻な影響を与える「紫外線B波をカットできるもの」がおすすめです。

2. 髪用のUVカットスプレーを使う

 帽子や日傘を使うのが難しい時には、髪用のUVカットスプレーを使うと良いでしょう。中には、同時に肌にも使えるタイプもあるので、チェックしてみると良いかもしれません。使い方は簡単。スプレーをしっかり振ってから、20cmほど離して吹きかけるだけです。

 ただし、効果の持続時間は商品によって違うので、確認が必要です。小さめのものを購入して常備し、定期的に吹きかけるようにすると良いでしょう。

3. 普段と違う髪型や分け目にする

 いつも同じ分け目や髪型をしていると、紫外線のダメージを受ける場所が決まってしまいます。そこで、日によって分け目を反対にしてみたり、ヘアアレンジを変えてみたりするのがおすすめです。

 また、プールや海など、髪が濡れるような場所に行く時には、アップスタイルにしておくと、よりダメージを軽減することができますよ。

日焼けで傷んだ髪におすすめのヘアケア方法4つ

濡れた髪は手早く乾かす(写真:iStock)
濡れた髪は手早く乾かす (写真:iStock)

 では、すでに日焼けで髪が傷んでしまった時にはどうしたら良いのでしょうか? ここでは、自宅で簡単にできるヘアケア方法をご紹介します。

1. 低刺激のシャンプーを使う

 紫外線のダメージを受けた髪に洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、余計にパサつきが進んでしまうかもしれません。すでに日焼けしてしまった髪には、低刺激のオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなどがおすすめ。普段よりも刺激を避けるようにしましょう。

2. 髪をしっかり早く乾かすことを心がける

 髪が一番傷むのは、濡れている状態です。お風呂上がりや、夏のプールや海で遊んだ後に髪を自然乾燥させると、さらにダメージを受けることになります。髪が濡れたら、できるだけ早くドライヤーで乾かしましょう。20cmくらい離して、髪の根元から乾かしていくのがコツですよ。

3. 洗い流さないトリートメントを使う

 日焼けした髪は、油分が失われて保水力が低下しているため、パサパサと乾燥しやすい状態です。自宅では、洗い流さないトリートメントを使って、潤いを補給しましょう。トリートメントを日々の習慣にすれば、ドライヤーやクーラーなどによる乾燥を防ぐ効果も期待できます。ただし、つけすぎると逆に日焼けしやすくなるので、適量を守ってくださいね。

4. 頭皮の日焼けにはクールダウンが先決

 美しい髪を生み出すには、頭皮が健康であることが欠かせません。もしも、頭皮が日焼けしてしまい、赤くなったり、ヒリヒリしたりしてしまった時は、まず最初にクールダウンすることが先決。

 冷たく濡らして絞った濡れタオルや保冷剤をタオルで包んだものを使い、頭皮をゆっくり冷やしましょう。冷やした後は、乾燥しないように化粧水や乳液を頭皮につけてケアすることも大切ですよ。

髪こそUV対策を! 自宅でのヘアケア方法を学んで健康な髪に

夏でもツヤ髪をキープ!(写真:iStock)
夏でもツヤ髪をキープ! (写真:iStock)

 髪は、日焼けをしてもあまり変化がなく実感しにくいため、肌よりもUV対策を怠ってしまいがち。でも、日々のダメージの蓄積で、気がつかない間に取り返しのつかないパサパサ状態になってしまうことも多いのです。

 ぜひ、この記事を参考にして、日々の髪のUV対策やヘアケア方法を実践してみてください。続けることで、生えてきた健康な髪を守ることにつながり、いずれツヤツヤの美しい髪を取り戻すことができるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...