猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-11 06:08
投稿日:2021-06-11 06:00
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出ない」「スタイリングしてもすぐにペタッとしてしまう」と、猫っ毛の人はなにかとヘアトラブルが多いようです。
 そこで今回は、そんな猫っ毛の人の悩みを解消するべく、似合う髪型やヘアアレンジ、ヘアケア方法をご紹介します!

そもそも「猫っ毛」ってどんな特徴があるの?

猫っ毛にはもううんざり!(写真:iStock)
猫っ毛にはもううんざり! (写真:iStock)

「猫っ毛」とは、“髪の毛が猫の毛のように細くて、柔らかい髪質”のこと。髪が細いため、ボリュームが出にくく、髪が痩せて老けて見えたり、スタイリングをしてもすぐにペタッとなったりしてしまうのも特徴です。

 デメリットがある一方、「エアリー感」を出しやすく女性らしいというメリットも。ヘアスタイルやアレンジを選ぶ時には、メリットを生かしながら、悩みを上手にカバーできるものを選ぶようにすると良いでしょう。

猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型&ヘアアレンジ5選

 猫っ毛の人は、自分の髪質を活かせる髪型やヘアアレンジを選ぶことが大切です。そこで、猫っ毛におすすめのヘアスタイルをチェックしていきましょう!

1. ゆるパーマのロング

ゆるパーマでボリュームアップ(写真:iStock)
ゆるパーマでボリュームアップ (写真:iStock)

 髪のボリュームを出すのに苦労してしまう猫っ毛には、ゆるめのパーマが相性抜群です。ロングの人は、全体にゆるくパーマをかけてみてください。パーマで髪が広がることで、ボリュームの少なさをカバーすることができます。

 また、髪の重さでトップがペタンコになってしまう場合は、ドライヤーで髪の根元を立ち上げるように乾かし、分け目をいつもと変えてみるとボリュームを出すことができますよ。

2. Cカールのボブ

 剛毛の人では重たくなりがちなボブも、猫っ毛の人にはとてもよく似合います。顎あたりのラインで髪が収まるようなCカールにすれば、トップのボリュームが少なくてもヘアスタイルが決まりやすいので、セットも楽ですよ。

 また、毎朝コテで巻くのが面倒という人は、デジタルパーマなどをかけておくと、朝のスタイリングを時短で終わらせることができます。

3. レイヤーカット多めのマッシュショートヘア

 ショートヘアにするなら、レイヤーカットでマッシュショートにするのがおすすめです。マッシュルームのようにトップにボリュームのあるふんわりしたシルエットで、立体感を出すことができます。

 まとまりすぎるのが気になる人は、ワックスなどを使って全体に束感を出すようにすると、とてもおしゃれに決まりますよ。

4. ルーズポニーテール

ルーズで柔らかなポニーテールもおすすめ(写真:iStock)
ルーズで柔らかなポニーテールもおすすめ (写真:iStock)

 剛毛の人だと、かっちりとした髪型になりがちなポニーテールも、猫っ毛の人ならルーズに柔らかく仕上げることができます。ポイントは、顔周りにしっかり後れ毛を残して、ルーズに崩すこと。

 後れ毛を垂らす位置は、耳の前、耳の後ろ、首の横あたりの3箇所に分けるとバランス◎。程よい色気も、演出することができますよ。

5. ハーフアップお団子

 アレンジするなら、ハーフアップお団子もおすすめ。猫っ毛の魅力でもある、ふんわり揺れる柔らかい後れ毛の魅力を活かせる髪型です。

 また、毛量が少ない人でも、お団子にすることで、ゴムから髪をルーズに引き出してボリュームを出すことができます。ワックスなどを使って、程よい束感とルーズなカールを出すと良いでしょう。

猫っ毛に欠かせない! ボリュームとツヤを保つヘアケア方法

髪はなるべく早く乾かして(写真:iStock)
髪はなるべく早く乾かして (写真:iStock)

 猫っ毛はボリュームのなさや髪の傷みやすさから、老けて見えやすいのも難点。だからこそ、普段からのヘアケアが特に重要です。最後に、詳しいヘアケア方法をご紹介します。

髪の毛はなるべく早く乾かす

 髪の毛が濡れている時は、キューティクルが開いて不安定な状態になっているため、普段よりも傷みやすくなっています。

 そのため、お風呂上がりには、できるだけ早く髪の毛を乾かすことが肝心。キューティクルが閉じ、しっかりうるおいが守られた状態をキープすることができますよ。

ケラチン配合のシャンプーを使う

 髪が細く傷みやすい猫っ毛の人は、ケラチン配合のシャンプーを使うのがおすすめです。ケラチンとは、髪の主成分であるタンパク質のこと。毎日のシャンプーの際、ケラチンを補給し続けることで髪にハリやコシが出やすくなり、ボリュームを出すことができます。

流さないトリートメントを使う

 猫っ毛の細くて柔らかい髪が傷むと、パサパサして老けた印象になってしまいます。傷みが気になる時には、流さないタイプのトリートメントを使うと、髪の潤いやツヤをアップさせることができますよ。

 猫っ毛のヘアケアは、毎日の積み重ねが大きな変化につながります。毎朝つけることで、より効果を実感できるはずです。

猫っ毛の悩みは日々のヘアケアと髪型で解消できる!

あなたらしい魅力を(写真:iStock)
あなたらしい魅力を (写真:iStock)

 猫っ毛のように、ボリュームが出にくい髪質の人は、毎日のスタイリングに悩むことが多いでしょう。でも、毎日正しいヘアケアをして、猫っ毛に似合う髪型を選ぶことで、「エアリー感」や「女性らしい柔らかさ」を活かすことができるんです。

 ぜひ、猫っ毛にしかない魅力を活かして、あなたが一番素敵に見える髪型を楽しんでくださいね!

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...