夕方のババ顔をマシにする「1日崩れないメイク」基本の4カ条

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-01 06:00
投稿日:2022-04-01 06:00
 毎朝、時間をかけてメイクをしているのに、夕方になるとテカリや汗で頬も目の周りがドロドロに……そんな悩みはありませんか。
 今回は1日中崩れないメイクテクニックを、あらためておさらいしていきましょう。さらにコロナ禍で欠かせなくなったマスクによる摩擦崩れ対策も、一緒にご紹介します!

汗にも皮脂にも負けない! 1日崩れないメイクテクニック4選

メイクが崩れて“お疲れ顔”に…(写真:iStock)
メイクが崩れて“お疲れ顔”に… (写真:iStock)

 まずは、メイク崩れに負けない基本のメイクテクニック4つをチェックしていきましょう。この4つを押さえれば、だいたいのメイク崩れは防げるはずですよ。

1. 皮脂吸着パウダー入りの下地を使う

 特に乾燥肌やオイリー肌の人は、皮脂の過剰分泌で夕方頃にメイクが崩れてしまいがち。そんな人にぜひマストで使ってほしいのが、皮脂吸着パウダー入りの下地です。

 TゾーンやUゾーンなど、皮脂の分泌が気になる部位に塗っておけば、1日中さらさらな肌をキープできます。ぜひ取り入れてくださいね。

2. ファンデーションは厚塗りしない

 肌の粗を隠そうとしてファンデーションを厚塗りするのも、メイク崩れの原因になります。どうしても隠したいシミやニキビ痕などはコンシーラーを使って部分的にカバーし、全体に塗るファンデーションは薄づきにするのが基本です。

 また、油分を多く含むタイプのファンデーションの場合、目の周りに厚塗りするとマスカラが落ちやすくなりパンダ目を招いてしまうので、より薄づきになるよう注意しましょう。

3. フェイスパウダーを使って仕上げる

 メイクの仕上げには、フェイスパウダーを。顔全体に透明感が出るだけでなく、さらりとした質感を保てるため、テカリやメイク崩れを防げます。

 また、小さめのフェイスパウダーを1つ持っておけば、外出先でメイク崩れしてしまった時のお直しにも使えるため、とても重宝しますよ。

4. メイクキープスプレーを使う

メイクキープスプレーで崩れ知らず(写真:iStock)
メイクキープスプレーで崩れ知らず (写真:iStock)

 ツヤ感を出したいメイクの時は、フェイスパウダーを使うと質感が変わってしまいますよね。そんな時は、メイクの最後にメイクキープスプレーを使ってみましょう。

 メイクキープスプレーには、汗や皮脂を弾いてくれるものや、肌の上に膜を作ってメイク崩れを防ぐタイプなどがあります。さっと吹きかけるだけで済むので、バッグに入れて外出先にも持ち運ぶと便利でしょう。

【マスクの摩擦対策編】1日崩れないメイクテクニック

下地&パウダーで最低限の肌作り(写真:iStock)
下地&パウダーで最低限の肌作り (写真:iStock)

 どんなにメイク崩れ対策を頑張っても、マスクとの摩擦に耐えられるかは微妙……。そこで、マスクの摩擦に負けないメイクテクニックをチェックしてみましょう!

ファンデーションをやめて下地&パウダーだけにする

 ファンデーションを使うと、どうしてもマスクの摩擦で物理的に粉が剥がれてメイクが崩れてしまいます。そんな時には「下地&フェイスパウダー」のみで、肌作りをしてみてください。

 最低限の肌作りに抑えることで肌への負担も減るため、マスク生活の間に美肌を目指せるかもしれません。

チーク&リップはティントタイプを使う

 マスクを外した時、チークやリップの赤みがマスクにうつるのが気になる人は多いでしょう。また、せっかく仕込んだ血色が消えてしまい、具合の悪そうな顔になってしまうのも困りもの。

 そんな悩みがあるなら、リップやチークは色を乗せずに染める“ティントタイプ”を使いましょう。自然になじむうえ、マスクに色移りせず、血色を長時間キープできますよ。

1日崩れないメイク作りには4つの基本を欠かさないで!

夕方でもメイク崩れなし!(写真:iStock)
夕方でもメイク崩れなし! (写真:iStock)

 汗や皮脂によるメイク崩れに加えて、マスクの摩擦という困難も乗り越えなくてはいけなくなった今、あらゆる便利なアイテムが販売されていますよね。ぜひ、この記事でご紹介した基本テクニック&マスク移りを防ぐテクニックを徹底して行ってみてください。

 夕方になってもマスクを外しても、朝のままの綺麗なメイクをキープできるようになるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...