おばさんくさいファッションとは?“とりあえずデニム”の罠も

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-03-23 06:00
投稿日:2022-03-23 06:00
 ファッションには、人それぞれ好みや個性が現れるもの。どんな洋服を選ぶかはもちろん自由ですが、良かれと思って選んだ服が「おばさんくさい」なんて思われていたらショックですよね。そこで今回は、おばさんくさいと思われがちなファッションの特徴と若見えテクニックをご紹介します。

あなたはどう? おばさんくさいと思われがちなNGファッション5つ

 まずは、おばさんくさいと思われがちなNGファッションをご紹介します! 手持ちの洋服を確認してみてくださいね。

1. アニマル柄&アニマルプリント

アニマル柄=おばさん(写真:iStock)
アニマル柄=おばさん (写真:iStock)

 おばさんくさいファッションの代表格が、「アニマル柄」。ヒョウ柄だけでなく、動物の顔がプリントされているようなデザインは、どうしてもおばさんくさい印象を与えてしまいます。

 もちろん、アニマル柄が好きで着るのは自由ですが、「おばさんくさい」ファッションだと思われたくないのであれば、外出時は控えたほうが無難ですね。

2. 可愛い花柄

え、花柄もダメなの?(写真:iStock)
え、花柄もダメなの? (写真:iStock)

「花柄」というと、女性らしく清楚なイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、意外にも花柄プリントはおばさんくさいファッションと思われがち。

 特に、男性にとって「花柄=おばさん」というイメージを持っている人も多いので、男ウケを気にするのであれば、注意が必要です。

3. 体型カバーできるチュニック

 お尻周りやお腹、太ももなど、気になる体型を隠したい人にとって「チュニック」は理想的なデザインです。

 しかし、チュニックもデザインによってはおばさんくさいと思われがちなアイテム。一見、おしゃれそうに見えるレースやフリルが、より若作りのようなイタい印象を与える可能性も……。ボトムスに何を選ぶかによっても変わってくるので、バランスを意識しましょう。

4. ひざ丈ストッキング

ひざ丈ストッキングは避けたほうがベター(写真:iStock)
ひざ丈ストッキングは避けたほうがベター (写真:iStock)

 年齢を重ねると、生足を出すことに抵抗を感じる人も多いでしょう。そのため、季節を問わず、ストッキングを愛用している人も多いのではないでしょうか。

 しかし、春〜夏の季節にストッキングは暑いからと、「ひざ丈ストッキング」を活用している人は要注意。ひざ下までのストッキングのゴムの部分が見えてしまうと、一気におばさん感が出てしまいます。

5. 安全と思いがちなデニム

「とりあえずデニム」の落とし穴(写真:iStock)
「とりあえずデニム」の落とし穴 (写真:iStock)

 デニムは、いつの時代も安全で便利なアイテムのひとつです。確かに、とりあえずデニムを履けば、コーデがまとまりますよね。

 しかし、デニムは年々トレンドが変わり、デザインが変化しています。膝がやぶれているダメージジーンズなど、何年も前のデニムを履いていると、おばさんくささがプラスされてしまうかもしれません。

おばさんくさいファッションに見せない3つのテクニック

 おばさんくさいファッションに見せないためには、テクニックも必要。このテクニックを知っていれば、洋服選びも楽になりますよ。

1. 若作りはしない

若作りはもうやめよう(写真:iStock)
若作りはもうやめよう (写真:iStock)

 年を重ねると、「少しでも若く見られたい」と思う人も多いでしょう。でも、年齢に合わない洋服は逆に老けて見られるリスクが高いです。たとえば、無理な肌見せや、若い世代で流行っているファッションを取り入れる時には要注意ですね。

 若作りしようとせずに、年齢相応の洋服を選ぶようにしましょう。

2. レースやフリルは避ける

可愛いけど、そろそろ卒業しませんか(写真:iStock)
可愛いけど、そろそろ卒業しませんか (写真:iStock)

 レースやフリルが若い頃から好きな人は、年を重ねても可愛らしい洋服を着たいと思っているでしょう。しかし、ある程度年を重ねた大人がフリフリの洋服を着ていると「イタい人」と思われてしまいます。

 レースやフリルはアクセントとして最小限に抑えることも、おばさんくさく見せないテクニックのひとつでしょう。

3. ダボっとしたデザインはNG

 気になる部分を隠そうとすると、どうしてもダボっとした洋服を選びがち。しかし、このダボっとしたデザインもおばさんくささを醸し出す原因になってしまいます。

 ダボっとしたボトムスを選ぶなら、トップスはタイトにするなどして、メリハリをつけるようにしましょう。

脱おばさんくさいファッション! 手持ちの服をチェックしてみよう♪

年齢にあったおしゃれを(写真:iStock)
年齢にあったおしゃれを (写真:iStock)

 おしゃれしているつもりが、周りから「おばさんくさいファッション」なんて思われていたら悔しいですよね。そうならないためには、この機会に手持ちの洋服をチェックすることがおすすめ! テクニックを取り入れて、脱おばさんくさいファッションを目指しましょう。

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...