おばさんくさいファッションとは?“とりあえずデニム”の罠も

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-03-23 06:00
投稿日:2022-03-23 06:00
 ファッションには、人それぞれ好みや個性が現れるもの。どんな洋服を選ぶかはもちろん自由ですが、良かれと思って選んだ服が「おばさんくさい」なんて思われていたらショックですよね。そこで今回は、おばさんくさいと思われがちなファッションの特徴と若見えテクニックをご紹介します。

あなたはどう? おばさんくさいと思われがちなNGファッション5つ

 まずは、おばさんくさいと思われがちなNGファッションをご紹介します! 手持ちの洋服を確認してみてくださいね。

1. アニマル柄&アニマルプリント

アニマル柄=おばさん(写真:iStock)
アニマル柄=おばさん (写真:iStock)

 おばさんくさいファッションの代表格が、「アニマル柄」。ヒョウ柄だけでなく、動物の顔がプリントされているようなデザインは、どうしてもおばさんくさい印象を与えてしまいます。

 もちろん、アニマル柄が好きで着るのは自由ですが、「おばさんくさい」ファッションだと思われたくないのであれば、外出時は控えたほうが無難ですね。

2. 可愛い花柄

え、花柄もダメなの?(写真:iStock)
え、花柄もダメなの? (写真:iStock)

「花柄」というと、女性らしく清楚なイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、意外にも花柄プリントはおばさんくさいファッションと思われがち。

 特に、男性にとって「花柄=おばさん」というイメージを持っている人も多いので、男ウケを気にするのであれば、注意が必要です。

3. 体型カバーできるチュニック

 お尻周りやお腹、太ももなど、気になる体型を隠したい人にとって「チュニック」は理想的なデザインです。

 しかし、チュニックもデザインによってはおばさんくさいと思われがちなアイテム。一見、おしゃれそうに見えるレースやフリルが、より若作りのようなイタい印象を与える可能性も……。ボトムスに何を選ぶかによっても変わってくるので、バランスを意識しましょう。

4. ひざ丈ストッキング

ひざ丈ストッキングは避けたほうがベター(写真:iStock)
ひざ丈ストッキングは避けたほうがベター (写真:iStock)

 年齢を重ねると、生足を出すことに抵抗を感じる人も多いでしょう。そのため、季節を問わず、ストッキングを愛用している人も多いのではないでしょうか。

 しかし、春〜夏の季節にストッキングは暑いからと、「ひざ丈ストッキング」を活用している人は要注意。ひざ下までのストッキングのゴムの部分が見えてしまうと、一気におばさん感が出てしまいます。

5. 安全と思いがちなデニム

「とりあえずデニム」の落とし穴(写真:iStock)
「とりあえずデニム」の落とし穴 (写真:iStock)

 デニムは、いつの時代も安全で便利なアイテムのひとつです。確かに、とりあえずデニムを履けば、コーデがまとまりますよね。

 しかし、デニムは年々トレンドが変わり、デザインが変化しています。膝がやぶれているダメージジーンズなど、何年も前のデニムを履いていると、おばさんくささがプラスされてしまうかもしれません。

おばさんくさいファッションに見せない3つのテクニック

 おばさんくさいファッションに見せないためには、テクニックも必要。このテクニックを知っていれば、洋服選びも楽になりますよ。

1. 若作りはしない

若作りはもうやめよう(写真:iStock)
若作りはもうやめよう (写真:iStock)

 年を重ねると、「少しでも若く見られたい」と思う人も多いでしょう。でも、年齢に合わない洋服は逆に老けて見られるリスクが高いです。たとえば、無理な肌見せや、若い世代で流行っているファッションを取り入れる時には要注意ですね。

 若作りしようとせずに、年齢相応の洋服を選ぶようにしましょう。

2. レースやフリルは避ける

可愛いけど、そろそろ卒業しませんか(写真:iStock)
可愛いけど、そろそろ卒業しませんか (写真:iStock)

 レースやフリルが若い頃から好きな人は、年を重ねても可愛らしい洋服を着たいと思っているでしょう。しかし、ある程度年を重ねた大人がフリフリの洋服を着ていると「イタい人」と思われてしまいます。

 レースやフリルはアクセントとして最小限に抑えることも、おばさんくさく見せないテクニックのひとつでしょう。

3. ダボっとしたデザインはNG

 気になる部分を隠そうとすると、どうしてもダボっとした洋服を選びがち。しかし、このダボっとしたデザインもおばさんくささを醸し出す原因になってしまいます。

 ダボっとしたボトムスを選ぶなら、トップスはタイトにするなどして、メリハリをつけるようにしましょう。

脱おばさんくさいファッション! 手持ちの服をチェックしてみよう♪

年齢にあったおしゃれを(写真:iStock)
年齢にあったおしゃれを (写真:iStock)

 おしゃれしているつもりが、周りから「おばさんくさいファッション」なんて思われていたら悔しいですよね。そうならないためには、この機会に手持ちの洋服をチェックすることがおすすめ! テクニックを取り入れて、脱おばさんくさいファッションを目指しましょう。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...