“紫陽花フェチ”の花屋が伝授 美しいアジサイを長く保つ秘訣

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-05-04 06:00
投稿日:2022-05-04 06:00

毎年のお楽しみ

母の日の定番商品になりました(C)コクハク
母の日の定番商品になりました (C)コクハク

 カーネーションに次ぐ母の日の主力商品となったアジサイ(紫陽花)。いただいた方、あるいは「あー今年もまた買っちゃった……」と振り返る方、多いのではございませんか? お花屋さんのワタクシであっても、覚え切れないほどの魅力的な品種が出没するアジサイを市場で見るたびに狂喜乱舞。これ以上、狭い店内の一体どこに並べるんだい? ってなくらいのアジサイを仕入れて、スタッフさんに叱られっぱなしでござんすよ(笑)。

 購入仕立ての美しいアジサイを長持ちさせるには、とにかく“健康な状態を長く保つ”のが大きなポイントです。健康な状態をキープさせる秘訣やいかに? 今回は「魔除けのアジサイは長く美しく」の解説でございます。

長持ちの秘訣とは…

店内がコイツの占有率が高すぎてワシのベットの置き場が消えた byさぶ店長(C)コクハク
店内がコイツの占有率が高すぎてワシのベットの置き場が消えた byさぶ店長 (C)コクハク

1. まずは水やり

 自宅にお迎えしたアジサイ。プレゼントされたものであれば、キレイにラッピングが施されていると思いますが、残念ながらすぐに取り外してくださいませ。

 すべての鉢花にいえることですが、ラッピングは蒸れの原因になり、厄介な病を引き起こす要因にもなります。もったいない気もいたしますが、すぐに取り外した方がベターでございます。

 そして、お水を飲ませてあげてくださいませ。直接花に水をかけるのではなく、鉢の縁から土へジャブジャブとたっぷり。水切れは劣化の原因にもなりますので、ご留意を。

2. 太陽は好きだけどあんまりキツいと嫌なのよ

 アジサイは太陽の光を燦々と浴びるのが実は苦手な植物。最適な置き場所は半日陰でございます。屋外ならば半日陰、室内であればカーテン越しの窓辺。絶対に控えていただきたいのは、カンカン照りの太陽光を浴びてしまう日除けのない真南でございます。

 購入後まもないアジサイは、強い日光を浴びすぎると花が弱り、アジサイ特有の花の塊が崩れてぐったりと垂れてしまう“球割れ”という現象が起きます。日が陰ればまた元気になり、暑くなるとを再び球割れを起こす……この繰り返しで、株はどんどん弱ってしまいます。

 かといってまったく日光を浴びないと、ヘソを曲げて花も色がつかないばかりか葉っぱが黄色く変色してしまう。柔らかい朝日を浴びることができる半日陰の東側が、アジサイにとっては幸せな環境です。

3. 花がキレイな間は肥料はいらないの

 お花屋さんなどで購入したばかりのアジサイは、花が咲いている間は肥料はいらないです。栽培農家さんがすでにキチンとした土壌を作ってくれた鉢植えになっているので、これ以上の肥料は逆効果でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...