“紫陽花フェチ”の花屋が伝授 美しいアジサイを長く保つ秘訣

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-05-04 06:00
投稿日:2022-05-04 06:00

毎年のお楽しみ

母の日の定番商品になりました(C)コクハク
母の日の定番商品になりました (C)コクハク

 カーネーションに次ぐ母の日の主力商品となったアジサイ(紫陽花)。いただいた方、あるいは「あー今年もまた買っちゃった……」と振り返る方、多いのではございませんか? お花屋さんのワタクシであっても、覚え切れないほどの魅力的な品種が出没するアジサイを市場で見るたびに狂喜乱舞。これ以上、狭い店内の一体どこに並べるんだい? ってなくらいのアジサイを仕入れて、スタッフさんに叱られっぱなしでござんすよ(笑)。

 購入仕立ての美しいアジサイを長持ちさせるには、とにかく“健康な状態を長く保つ”のが大きなポイントです。健康な状態をキープさせる秘訣やいかに? 今回は「魔除けのアジサイは長く美しく」の解説でございます。

長持ちの秘訣とは…

店内がコイツの占有率が高すぎてワシのベットの置き場が消えた byさぶ店長(C)コクハク
店内がコイツの占有率が高すぎてワシのベットの置き場が消えた byさぶ店長 (C)コクハク

1. まずは水やり

 自宅にお迎えしたアジサイ。プレゼントされたものであれば、キレイにラッピングが施されていると思いますが、残念ながらすぐに取り外してくださいませ。

 すべての鉢花にいえることですが、ラッピングは蒸れの原因になり、厄介な病を引き起こす要因にもなります。もったいない気もいたしますが、すぐに取り外した方がベターでございます。

 そして、お水を飲ませてあげてくださいませ。直接花に水をかけるのではなく、鉢の縁から土へジャブジャブとたっぷり。水切れは劣化の原因にもなりますので、ご留意を。

2. 太陽は好きだけどあんまりキツいと嫌なのよ

 アジサイは太陽の光を燦々と浴びるのが実は苦手な植物。最適な置き場所は半日陰でございます。屋外ならば半日陰、室内であればカーテン越しの窓辺。絶対に控えていただきたいのは、カンカン照りの太陽光を浴びてしまう日除けのない真南でございます。

 購入後まもないアジサイは、強い日光を浴びすぎると花が弱り、アジサイ特有の花の塊が崩れてぐったりと垂れてしまう“球割れ”という現象が起きます。日が陰ればまた元気になり、暑くなるとを再び球割れを起こす……この繰り返しで、株はどんどん弱ってしまいます。

 かといってまったく日光を浴びないと、ヘソを曲げて花も色がつかないばかりか葉っぱが黄色く変色してしまう。柔らかい朝日を浴びることができる半日陰の東側が、アジサイにとっては幸せな環境です。

3. 花がキレイな間は肥料はいらないの

 お花屋さんなどで購入したばかりのアジサイは、花が咲いている間は肥料はいらないです。栽培農家さんがすでにキチンとした土壌を作ってくれた鉢植えになっているので、これ以上の肥料は逆効果でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ポロリ5秒前の“たまたま”♪ にゃんたまの演出?それとも素?
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
自律神経の乱れに!グリーンハーブ活用&簡単ブーケの作り方
 気がつけば甘くさわやかな香りが漂う季節になりました。香りのもとをたどって見渡せば、大木全体に黄金色の金木犀の花がビッチ...
秋と冬の足音が聞こえた! 2022.10.5(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
酒天国! TSUTAYA田町駅前店シェアラウンジ 2022.10.4(火)
 思えばスーパーの屋上や、モンテローザ系列の居酒屋やらお得な「飲み放題」のうわさを聞きつけては、飲み散らかしてきました。...
嗚呼20代に戻りたい…若い頃にやっておけばよかったこと3選
「20代にタイムスリップできるなら、やりたいことは何ですか?」  こんな問いに、あなたならどう答えるでしょうか。30代...
あなたは受け恋?追い恋? 10月3日~10月9日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
会いたいにゃ!恋する“たまたま”は気分も尻尾も上がっちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「マッスルスナック」潜入ルポ!推し活未経験女がまんまと…
 世間は、空前の推し活ブーム。特に女性の推し活は、リアルでもSNSでもシェアしやすい風潮も広がっていて、推しを目の前に女...
海外はもう古い!? 新婚旅行を国内にする4つの大きなメリット
 新婚旅行の定番といえば、海外のリゾート地を思い浮かべる人も多いでしょう。でも実は今、コロナ禍の影響もあり、国内での新婚...
「怒らない女」の謎メンタル その“正体”はレベチすぎた!
 あんまり怒らない人、みなさんの周りにはいますか? 8割の人間が怒るようなことが起きても、どこか涼しい顔でサラッと流す人...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【10月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノマンのほうが当たる!...
メルカリで“コピー品”を買ってしまった…? 2022.9.29(木)
 不要になった物を出品したり、探していた物を購入したり。上手に活用すれば便利で楽しく使えるメルカリですが、基本的には個人...
美少年にゃんこの品性と“たまたま”のワイルドさにキュン♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ワレモコウって漢字で書くと? “超絶短い秋”をおセンチに♡
 すっかりあやふやになった日本の四季。特に春と秋はメッチャ曖昧になってきたなぁと感じる今日この頃。極端な話、体感できる秋...
あなたは受け恋?追い恋? 9月26日~10月2日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”君の気になる恋の行方!すれ違いざまに猛アピール
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...