つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ

コクハク編集部
更新日:2022-11-05 06:00
投稿日:2022-11-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐昇さんに、香ばしさが際立つ「納豆チャーハン」のレシピを教えていただきました。

見た目は「和風ジャンバラヤ」

合う酒=焼酎水割り、日本酒(C)コクハク
合う酒=焼酎水割り、日本酒 (C)コクハク

「納豆が好きな方からは非難を浴びそうですが、納豆をさっと水洗いして作るパラパラチャーハンです。納豆が苦手な方にも、思いのほか好評です。見た目もチャーハンというより、和風ジャンバラヤという感じでしょうか」

 “酒のつまみは炭水化物以外”という向きも、だまされたと思ってぜひ試してください。炒めた納豆の香ばしさ、ザーサイのコリコリした食感、日本人の心に訴えかける削り節の風味がお酒を呼びます。

 パラパラに仕上げるもうひとつのコツは、とにかく強火で水分をしっかり飛ばすこと。

「冷凍ご飯でも炊きたてのご飯でも構いませんが、ベチャッとならないように温度管理に気を付けてください。油は多すぎると脂っこくなってしまうので、レシピ通りの分量がいいと思います」

 調理中にモタモタしないよう、すべての材料をそろえてから、料理に取り掛かった方がいいかも。

【材料】

・ライス 200グラム
・納豆(できれば小粒) 1パック
・合いびき肉 50グラム
・ニンニク、ショウガ 各スライス1枚
・ザーサイ(なければ、たくあんでもOK) 2枚
・ゴマ油 大さじ1
・酒、みりん、醤油 各小さじ1
・削り節 ひとつまみ
・万能ネギ ひとつまみ

【レシピ】

(1)納豆はザルにあけ、水でさっと洗って粘りを取っておく。ニンニク、ショウガ、ザーサイ、万能ネギはみじん切りにする。
(2)フライパンにゴマ油をひいて、合いびき肉、ニンニク、ショウガを炒める。

(3)肉に火が通ったら、水気を切った納豆、ザーサイを投入。

(4)納豆がパラパラになってきたところでライスを加え、強火でフライパンを回す。

(5)酒、みりん、醤油を加え、水分が飛ぶまでよく炒める。

(6)仕上げに弱火にして、削り節、万能ネギを混ぜ込む。

本日のダンツマ達人…五十嵐昇さん

▽五十嵐昇(いがらし・のぼる)
 1950年、東京都生まれ。割烹を皮切りに、焼き鳥、うなぎ、中華、ロシア料理など多種多様の飲食店で料理の経験を積む。最初に独立したのは20代の頃、羊料理とウオッカの店を出店。紆余曲折を経て49歳の時、それまでよく飲んでいた新宿・歌舞伎町のゴールデン街にバーを開く。店は、花園神社に向かって一番右側の「G1通り」の真ん中辺り、2階になる。

▽papa's dream
 店名は「諸説あるけど、直接的なのは沢木耕太郎の『敗れざる者たち』。無冠の先達というイメージ」と五十嵐さん。オープン当初はジャズのレコードが200枚ほど並ぶジャズバーだったが、今はロック、プログレ、ジャズなど音楽のジャンルはさまざま。料理のおいしさには定評がある。

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10

(日刊ゲンダイ2020年8月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード
餃子の皮で再現! ロシア風餃子をアレンジした「ペリメニ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「じゃがいものシャキシャキ炒め」食感を楽しむエスニック風
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀の「串粋」の吉田正則さんに、エスニッ...