「アホのスープ」これぞ大人の味! 究極の飲むおつまみ

コクハク編集部
更新日:2022-03-08 06:00
投稿日:2022-03-08 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のシェリー専門のスタンディングバー「バル・センブラドル」の須釜伸一郎さんに、温活にもピッタリな「アホのスープ」のレシピを教えていただきました。

パン・ド・ミの食感がたまらない♡

合う酒=フィノ、軽めの赤ワイン(C)コクハク
合う酒=フィノ、軽めの赤ワイン (C)コクハク

 さて、シェリーに合うつまみ、後半戦。今回はちょっとレベルが上がって、テーマは“スープで飲(や)る”です。

「アホとはスペイン語でニンニクのこと。そのスープは冬の定番で、体が温まりますし、もちろん酒のつまみにもなります」

 レシピと作り方だけ見るとちょっと難しそうですが、「一度覚えてしまえば簡単」と須釜さん。味の決め手はやはりシェリーを入れること。ポイントは最初に入れて加熱することで、より味にコクが出ます。実はコンソメスープの完全なレシピにはシェリー、特にフィノを入れるのが決まりなのだとか。

 そしてベーコンとスモークパプリカ粉でダブルに薫香を利かせましょう。これでぐっと大人のつまみになります。

 さらにパン・ド・ミというフランスの食パンを入れると、お麩(ふ)みたいなトロトロ&フカフカな食感がたまりません♡

 いざ完成。鍋から器に注がれた時の芳醇(ほうじゅん)な香りといったら!

「これがシェリーの香りです。味もコクがあるでしょ。白ワインでは余計な酸味が出て、こうはいきません」

 シェリーのうま味成分で減塩効果も。中高年にはありがたいけど、問題はうますぎて飲みすぎること。ま、シェリーは後に残らないからいいか……って言い訳しながら飲むのは酒飲みの悪いクセですね。

【材料】

・ニンニク(スライス) 3片
・オリーブ油 30㏄
・パプリカ粉 適量
・ベーコン 適量
・コンソメスープ(市販品) 300㏄
・フィノシェリー 30㏄
・パン・ド・ミ(食パンでも可) 6分の2カット
・卵(溶き卵) 1個

【レシピ】

(1)オリーブ油をひいた片手鍋でスライスニンニクを弱火で炒め、香りが出たらパプリカ粉を入れ、さっと加熱する。
(2)コンソメスープ、シェリー、ベーコンを入れ、さっと沸かす。
(3)パン・ド・ミ、溶き卵を入れ、加熱したら器に盛り完成。

本日のダンツマ達人…須釜伸一郎さん

すがま・しんいちろう
 茨城県五霞町出身。大学時代からバーやレストランで働き、25歳で銀座のシェリー専門店の社員に。30歳の時にスペインを旅し、さらにシェリーの深みにはまる。2016年に独立、バル・センブラドルをオープン。深い知識と情熱から、人呼んで“シェリーの宣教師”。

バル・センブラドル
 シェリー専門のスタンディングバー。センブラドルとは“種まく人”という意味。食材とシェリーの相性の種をまき、多くの人が集まる店をと名付けた。辛口のマンサニーリャから極甘口のペドロ・ヒメネスまで常時約12種類のシェリーを揃える。1杯1100円~。シェリーと相性抜群のタパス(小皿料理)は500円~。東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館1F角。

(日刊ゲンダイ2020年1月18日付記事を再編集)

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...