あーイライラ!“鉄板”漢方でプレ更年期と戦う【薬剤師監修】

コクハク編集部
更新日:2023-02-02 06:00
投稿日:2023-02-02 06:00
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、ちょっとした有名人。でもって、タヌキか妖怪の噂も囁かれるなか、健康に関する知識はズバ抜けている――。
 そんなえりのボスのもとにはウワサを聞きつけ、今日も悩みを抱えた女性が、ふらりと立ち寄ったようですよ。

カンフー着&シューズの完全装備!(漫画:腹肉ツヤ子)
カンフー着&シューズの完全装備! (漫画:腹肉ツヤ子)

1. プレ更年期突入。漢方を使ってみたいけどよくわからない

 今日のご相談は由里さん(41歳女性・仮名)から。

「30代後半ごろから、イライラや疲れやすさが気になりはじめて。生理周期が乱れることもあるんですよね……」

 少しだるそうな様子の由里さんに、えりのボスは相づちを打って答えます。

「いわゆる、『プレ更年期』の症状かもしれないわね。本格的な更年期に入る前の30代後半から40代前半には、女性ホルモンの分泌が減りはじめて不調が出る女性が多くなるのよ」

 由里さんは、納得したようにうなずきました。

「はい……。私も本やネットでプレ更年期のことを知っていたので、自分の症状もプレ更年期なのかな、と感じていました。それでえりのさんに質問なんですけれど……」

 前のめりの姿勢になって、由里さんは言いました。

「私、漢方薬を試してみたいんです。でも、いろいろな種類があるみたいだから、どれが自分に合っているのか全然わからなくて……」

「すばらしい質問ね!」

 えりのボスは、とっても嬉しそうです。

プレ更年期・更年期の不調に効果を発揮する漢方薬はたくさんあるけれど、自分の症状や体質との相性を見極めることが重要なの」

 えりのボスの話に、由里さんは真剣に聞き入っています。

「それじゃあ、今日はプレ更年期に処方されることの多いテッパン漢方をお伝えするわね」

「お願いします!」

 積極的な姿勢でメモを取りはじめた由里さん。これは放っておけません!

2. 更年期症状には漢方薬という選択肢も!

プレ更年期・更年期の不調は漢方薬で治療できる(写真:iStock)
プレ更年期・更年期の不調は漢方薬で治療できる (写真:iStock)

「プレ更年期や更年期には、女性ホルモンの分泌が減少するわ。女性ホルモンは月経だけではなく、肌や血管、自律神経などにも働きかけているの。だから、女性ホルモンが減少するとからだや心の状態に変化が起こりやすくなるのよ」

「なるほど。だからプレ更年期や更年期になると、肌荒れや冷えのような不調が出やすくなるんですね」

「えぇ。イライラや不眠などのメンタル不調が出る女性も多いのよ」

 えりのボスは説明を続けます。

「プレ更年期・更年期の不調には、漢方薬による治療が向いているといわれているわ。漢方薬は水分の循環を整えたり、血流をよくしたり、自律神経に働きかけたりして、プレ更年期・更年期の不調に効果を発揮するの」

「へぇ……。でも、漢方薬ってたくさんの種類がありますよね。プレ更年期におすすめの漢方薬って、あるんですか?」

 えりのボスは、にっこりとうなずきました。

「プレ更年期に処方されることの多い漢方薬は何種類もあるから、順番に説明するわね。実際に服用するときは自己判断ではなく、専門家に相談してから選ぶことをおすすめするけれど。予備知識をおさえておくと、相談するときにも役立つはずよ」

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...