“ながら”美容ローラーちょっと待って! やってはいけない8つの美容習慣

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2023-05-20 06:00
投稿日:2023-05-20 06:00
 年齢とともに、肌や身体の変化を感じながらも「いつまでも若々しくいたい!」と抗ってしまうのが女ゴコロ。自分なりの美容習慣に励んでいる人も多いのでは?
 しかし、良かれと思ってやっている習慣の中には、逆効果になるものも……。今回は、やってはいけない美容習慣をご紹介します。

あなたはどうですか? やってはいけない8つの美容習慣

え、ダメだったの?(写真:iStock)
え、ダメだったの? (写真:iStock)

 せっかくの美容習慣も、意味がなければ続ける必要はありません。それどころか、マイナスに作用することもあるので要注意! やってはいけない美容習慣はどんなものなのか、チェックしていきましょう。

1. 肌に浸透させようとするパッティング

せっかくのケアが台無し(写真:iStock)
せっかくのケアが台無し (写真:iStock)

 洗顔後、化粧水をたっぷりと肌に与えるのは欠かせない美肌習慣。できるだけ、肌に浸透するように、時間をかけてケアしている人もいるはずです。「よ〜く浸透させよう!」と、パッティングをしている人も多いのではないでしょうか。

 実は、このパッティングがNG習慣! 手の力やコットンとの摩擦が、大きな肌刺激になってしまうんです。その結果、せっかくのケアがマイナスの効果に繋がってしまいます。

2. マッサージや美顔ローラーでのお手入れ

ローラーの刺激が負担に(写真:iStock)
ローラーの刺激が負担に (写真:iStock)

 肌のたるみやしわなどが気になってくると、自分でマッサージをしたり、美顔ローラーでケアしたくなりますよね。テレビを見ながらでもできますから、毎日の習慣になっている人も多いでしょう。

 しかし、頻繁にコロコロと顔にローラーが触れるのも肌への大きな刺激。肌や、筋肉についてよくを理解しているプロに、月に1度マッサージをお願いする方がベターです。

3. しっかりクレンジング&洗顔

洗い過ぎは禁物(写真:iStock)
洗い過ぎは禁物 (写真:iStock)

 肌に汚れが残っていると、肌トラブルの原因に繋がります。そのため、毎日クレンジングや洗顔は必要不可欠なケア。

 ただし、やり過ぎには注意してください。美肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招くことになり、しわやたるみといった肌悩みの原因を作ることになります。

4. 肌刺激を抑えるために洗顔しない

 洗顔のし過ぎは、肌にとって負担が大きいですが、逆に洗顔のしなさ過ぎも肌にとっては良くありません。

 乾燥肌だからといって、洗顔料を使わずにいると、脂汚れなどが酸化することになります。その状態のままでいると、肌トラブルの原因になるでしょう。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...