体重を全公開! 忙しい主婦はダイエットに成功できるのか?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:28
投稿日:2019-06-27 06:00
 私は現在25歳で、2人の年子兄弟がいます。女性の皆さん、女って本当に忙しいですよね? 一度太ってしまうと、なかなか痩せられない。とにかく時間がないんですよ。自分のダイエットをやろうと思っても一筋縄にはいきません。それでも夏までに何とかして「痩せたい」と思う女性も多いのではないでしょうか。

ライターが公開ダイエット! 決意したワケは

いつのまにかデニムもきつきつ?(写真:iStock)
いつのまにかデニムもきつきつ? (写真:iStock)

 私はフリーライターをしている“東城ゆず”と申します。このたび、公開ダイエットを決意しました。どうせダイエットするのなら、「多くの人に応援してもらいたい」という下心から。決意した理由を簡単に述べさせてもらいましょう。

 私は19歳で長男を出産しています。そのあと次男を21歳で出産。いわゆる年子の兄弟を育てていまして、現在25歳です。実は離婚経験がありまして、介護職で2人を養ってきました。「実家には戻らない」という選択をしたので、2人を必死に育てました。

 皆さんが想像するように時間は全くなく、一番痩せていた頃は“157センチ・41キロ”と我ながら細すぎる体形を維持していたものの、ストレスなのか、美容にかける時間が減ったのか? ちょっとずつ“ふくよか”に。

 縁があって職場の男性と再婚。夫婦で食べ歩きが趣味も手伝って、いよいよ見過ごせないなというところまでデブ到達。副業でやっていたライターを本業として独立したのが2018年末のことです。多くのステキなご縁をいただいて半年間、順調にフリーライターとして活動しています。

 自由になったおかげで代償も大きいということに気づいたのは、つい最近のこと。現在の夫に「最近、体や顔が丸くなったよね」と言われてしまったのでした。久々に会った友達にも「太った?」と遠慮がちに聞かれるんです。いや、この時すでに毎日のように顔を合わせるご近所の人にも「また昨日より丸くなった?」と言われる始末(泣)。

 誤解がないように言いますが、私の周囲の人々は、とても私に優しいのです。それでも、つい私に容赦ない事実確認をしてしまうのは、紛れもなく【私が年末から15キロ太ったから】なのです。いくら優しくても、友人もつい本音が出てしまうのも無理はないでしょう。

痩せる快感をもう一度味わいたい!

食事制限をしてみたけれど変化ナシ(写真:iStock)
食事制限をしてみたけれど変化ナシ (写真:iStock)

 男性はよく言います。女性のことを「痩せる痩せる詐欺」って。私の夫も「ダイエットは明日から」と私に言います。ちょっと憎たらしいけど、事実です。ここまで読んでもらうと「痩せられない女の話」に思われてしまうでしょう。

 結論から述べれば、私は“体重変動が激しい女”なのです。痩せること自体は、私はこれまで15歳の時に運動や食事制限で2カ月で12キロという減量を達成していますし、22歳の時にも介護職という重労働から、1カ月で8キロのダイエットに成功。このころは離婚に向けての食欲減退もあった気もしますが……。だから痩せることは、頑張ればできるんです。

 さすがにふくよかになったタイミングで、何日間か食事制限に挑みました。体重計の数字が変化しない。「ヤバい。今までみたいに痩せない」――。確実に年を重ねているのだから、基礎代謝も落ちるでしょう。仕事が変化したことで運動量も減りました。

 しかし、女性なら、「結婚や子育てで誰もが経験する生活の変化じゃない?」と思うのも事実です。過去に類を見ないMAX体重で、とてつもない現実を見てしまった私は決意します。「もう一回痩せてやる!」。

 メラメラしてきたところで、「どうせならライターという仕事を活かし、働き盛り&子育て盛りの時間がない女性にこのダイエットを知ってほしい」と思ったのです。

 痩せたらきれいな洋服を着こなすことができる。何となく痛むヒザも改善するかな。「〇〇くんのお母さんって、いつまでも若いね」って息子の友達に言われたい。若くして子供を産んだから、45歳以降に青春リベンジしたい。

「よし、もう一度痩せよう。そして維持してみせる」−−。そう心に決意したのでした。

 後戻りできないよう、夫にダイエットの決意表明をLINEで送信。編集さんにも連絡をすぐさま入れ、ちゃっかりダイエット企画のOKをもらったのでした。

自分の体重を公開! 具体的なダイエット方法

笑いごとじゃない!(撮影:東城ゆず)
笑いごとじゃない! (撮影:東城ゆず)

 これが現在の私の体重です。ベスト体重である41キロからみると、30キロ近く太っています。もはや笑いごとではない現実を踏まえて、ここで私の標準体重を確認しましょう。

 自分の身長の標準体重は、“WHO(世界保健機構)”が定めた計算式の【[身長(m)の2乗]×22】で求めることができます。

 157センチが私の身長。センチではなく単位がメートルなので、1.57(m)の2乗は2.4649。そこに×22で求められた平均体重は54.2kg。

 BMIの数値を求める計算式は【体重(kg)]÷[身長(m)の2乗】で、私は28.52となります。“日本肥満学会”の肥満度判定基準の25~30未満に当てはまり、結果、肥満1というグループに該当。

 とりあえず−10キロを目指したいなと決意しました。

 同じダイエット法では飽きてしまうので、2週間ごとにダイエット方法をチェンジしていくつもりです。まず最初の二週間は、

・炭水化物や脂質の摂取量を見直し
・10分ストレッチと自宅でできる10分筋トレを取り入れる
・お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)
・18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)

 というダイエット方法で試していこうと思います。

途中経過報告は来週木曜に公開!

 2週間後に全体的な結果報告を発表。次回、「公開ダイエット1週目…どれだけ痩せた? 体の変化も解説!」では、体重の変化と、些細な体の変化をお届けします。ダイエットで感じた気づきや感情もお伝えするので、お楽しみに!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...