体重を全公開! 忙しい主婦はダイエットに成功できるのか?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:28
投稿日:2019-06-27 06:00
 私は現在25歳で、2人の年子兄弟がいます。女性の皆さん、女って本当に忙しいですよね? 一度太ってしまうと、なかなか痩せられない。とにかく時間がないんですよ。自分のダイエットをやろうと思っても一筋縄にはいきません。それでも夏までに何とかして「痩せたい」と思う女性も多いのではないでしょうか。

ライターが公開ダイエット! 決意したワケは

いつのまにかデニムもきつきつ?(写真:iStock)
いつのまにかデニムもきつきつ? (写真:iStock)

 私はフリーライターをしている“東城ゆず”と申します。このたび、公開ダイエットを決意しました。どうせダイエットするのなら、「多くの人に応援してもらいたい」という下心から。決意した理由を簡単に述べさせてもらいましょう。

 私は19歳で長男を出産しています。そのあと次男を21歳で出産。いわゆる年子の兄弟を育てていまして、現在25歳です。実は離婚経験がありまして、介護職で2人を養ってきました。「実家には戻らない」という選択をしたので、2人を必死に育てました。

 皆さんが想像するように時間は全くなく、一番痩せていた頃は“157センチ・41キロ”と我ながら細すぎる体形を維持していたものの、ストレスなのか、美容にかける時間が減ったのか? ちょっとずつ“ふくよか”に。

 縁があって職場の男性と再婚。夫婦で食べ歩きが趣味も手伝って、いよいよ見過ごせないなというところまでデブ到達。副業でやっていたライターを本業として独立したのが2018年末のことです。多くのステキなご縁をいただいて半年間、順調にフリーライターとして活動しています。

 自由になったおかげで代償も大きいということに気づいたのは、つい最近のこと。現在の夫に「最近、体や顔が丸くなったよね」と言われてしまったのでした。久々に会った友達にも「太った?」と遠慮がちに聞かれるんです。いや、この時すでに毎日のように顔を合わせるご近所の人にも「また昨日より丸くなった?」と言われる始末(泣)。

 誤解がないように言いますが、私の周囲の人々は、とても私に優しいのです。それでも、つい私に容赦ない事実確認をしてしまうのは、紛れもなく【私が年末から15キロ太ったから】なのです。いくら優しくても、友人もつい本音が出てしまうのも無理はないでしょう。

痩せる快感をもう一度味わいたい!

食事制限をしてみたけれど変化ナシ(写真:iStock)
食事制限をしてみたけれど変化ナシ (写真:iStock)

 男性はよく言います。女性のことを「痩せる痩せる詐欺」って。私の夫も「ダイエットは明日から」と私に言います。ちょっと憎たらしいけど、事実です。ここまで読んでもらうと「痩せられない女の話」に思われてしまうでしょう。

 結論から述べれば、私は“体重変動が激しい女”なのです。痩せること自体は、私はこれまで15歳の時に運動や食事制限で2カ月で12キロという減量を達成していますし、22歳の時にも介護職という重労働から、1カ月で8キロのダイエットに成功。このころは離婚に向けての食欲減退もあった気もしますが……。だから痩せることは、頑張ればできるんです。

 さすがにふくよかになったタイミングで、何日間か食事制限に挑みました。体重計の数字が変化しない。「ヤバい。今までみたいに痩せない」――。確実に年を重ねているのだから、基礎代謝も落ちるでしょう。仕事が変化したことで運動量も減りました。

 しかし、女性なら、「結婚や子育てで誰もが経験する生活の変化じゃない?」と思うのも事実です。過去に類を見ないMAX体重で、とてつもない現実を見てしまった私は決意します。「もう一回痩せてやる!」。

 メラメラしてきたところで、「どうせならライターという仕事を活かし、働き盛り&子育て盛りの時間がない女性にこのダイエットを知ってほしい」と思ったのです。

 痩せたらきれいな洋服を着こなすことができる。何となく痛むヒザも改善するかな。「〇〇くんのお母さんって、いつまでも若いね」って息子の友達に言われたい。若くして子供を産んだから、45歳以降に青春リベンジしたい。

「よし、もう一度痩せよう。そして維持してみせる」−−。そう心に決意したのでした。

 後戻りできないよう、夫にダイエットの決意表明をLINEで送信。編集さんにも連絡をすぐさま入れ、ちゃっかりダイエット企画のOKをもらったのでした。

自分の体重を公開! 具体的なダイエット方法

笑いごとじゃない!(撮影:東城ゆず)
笑いごとじゃない! (撮影:東城ゆず)

 これが現在の私の体重です。ベスト体重である41キロからみると、30キロ近く太っています。もはや笑いごとではない現実を踏まえて、ここで私の標準体重を確認しましょう。

 自分の身長の標準体重は、“WHO(世界保健機構)”が定めた計算式の【[身長(m)の2乗]×22】で求めることができます。

 157センチが私の身長。センチではなく単位がメートルなので、1.57(m)の2乗は2.4649。そこに×22で求められた平均体重は54.2kg。

 BMIの数値を求める計算式は【体重(kg)]÷[身長(m)の2乗】で、私は28.52となります。“日本肥満学会”の肥満度判定基準の25~30未満に当てはまり、結果、肥満1というグループに該当。

 とりあえず−10キロを目指したいなと決意しました。

 同じダイエット法では飽きてしまうので、2週間ごとにダイエット方法をチェンジしていくつもりです。まず最初の二週間は、

・炭水化物や脂質の摂取量を見直し
・10分ストレッチと自宅でできる10分筋トレを取り入れる
・お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)
・18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)

 というダイエット方法で試していこうと思います。

途中経過報告は来週木曜に公開!

 2週間後に全体的な結果報告を発表。次回、「公開ダイエット1週目…どれだけ痩せた? 体の変化も解説!」では、体重の変化と、些細な体の変化をお届けします。ダイエットで感じた気づきや感情もお伝えするので、お楽しみに!

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...