公開ダイエット1週目…どれだけ痩せた? 体の変化も解説!

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:28
投稿日:2019-07-04 06:00
ダイエット開始から1週間後の成果は?(写真:iStock)
ダイエット開始から1週間後の成果は? (写真:iStock)

 多くの恋愛コラムを執筆していると、ふと「こんな私が恋愛コラムを書いていいの?」と思う時があります。多くの恋愛経験を積んで離婚も20代前半にし、再婚に至ったのが24歳の春。

 現在25歳の私は、これまで一通りの恋愛はしてきたと思います。でも、恋愛コラムを書いていて「これでいいのか?」という感じは払拭できないんです。

 それは私がここ半年間で激太りし、容姿が見事に崩れてしまったから……。

 自分でこうツッコミを入れたくなります。「いや、あなたに言われても説得力ないだろう」って。こんな現状、良くないに決まっている!

 ようやく重い腰(体?)を上げ、ライターという職業を生かして「公開ダイエット」を始めた私。主婦をして年子の兄弟を育てつつ、仕事にも支障がないように「−10kg」を達成したいと考えています。これは、そんな私、“東城ゆず”のリアルなダイエット記録です。

「なぜ太ったのか」と向き合った1週間

まずは太ってしまった理由と向き合った(写真:iStock)
まずは太ってしまった理由と向き合った (写真:iStock)

 私はよく食べます。一緒にレストランに行った男性から必ず言われるひと言が、「まだ食べられるの?」。でも、そんな私を「可愛い」とか「美味しそうに食べるから、見ていて楽しい」と言ってくれる男性が多かったのも事実。大食いアイドルが流行ったのも関係しているのかな?

 私を微笑ましく思ってくれていたのは、紛れもなくギャップのたまもの。私がよく食べるのに痩せていたからでしょう。独身の頃、女友達は「そんなに食べるの?」と、よく私に聞いてきました。「何か運動しているの?」とも。それも、私が痩せていたからなのでしょう。

 ところが、今や私の食べる量に驚く人は誰もいません。それは誰もが納得するほど太っているから(笑)。説得力がありすぎるのだと思います。“身をもって証明する”とは、このことです。

 そうしてこの1週間、ダイエットに再度向き合うことになりました。これまでも人生の中で何度か、人知れずダイエットをしてきました。体重変動が激しい私。ただ……半年で15kg増は当たり前ですが初めてです(笑)。

 ダイエットの厳しい現実と太ってしまった後悔。そこで、激太りした理由を自分の中で見つけることにしたのです。

私が太ってしまった2つの理由

 まず、一つ目の理由は「介護士をやめたこと」が大きいと思います。フリーライターとして独立したため、私の生活スタイルは大きく変わりました。介護士だった当時は、子育てをしながら夜勤をしていたので、エクササイズをせずとも自然と運動になっていたのでしょう。

 誰もが想像できることですが、介護士は常に動き回る仕事です。夜勤は長い時では残業を含めて18時間ほどにもおよびますが、その間の多くを寝ずに歩いていることになります。移乗させるために人を抱えることもありました。これも二の腕や足のエクササイズになっていたのでしょうね。

 二つ目の理由は、ここ数年の“ストレス”と“環境の変化”だったような気がします。

 ホテルの受付で働いたことがあります。誰もが知っている会社で、マイクパフォーマーとして働いた経験も。人目に晒され、周囲には美意識が高い人がいっぱいいました。だからこそ、「脳で食べる」ことを意識していたのです。

 それが、離婚やプライベートが慌ただしく過ぎる中で、次第に「今日くらい、いっか!」と息抜きで食べる日が増えました。食べるということは、一瞬で人を幸せにします。シングルマザー時代は、幼い子供を夜に置いて、一人で息抜きに出ることもできません。食べるということは、何よりも手軽なストレス発散法でした。

「飲みには行けなくても、お昼にランチの焼肉くらい食べてもいいよね」とか「私はこんなに頑張ってるもん」と食べてしまう。食べることをしないと、自分が頑張れない時もあったと思います。

 女性は、結婚すれば幸せもあるけど、さまざまなトラブルやストレスがありますよね。でも、ちゃんと体重をキープする人もいるので、私が甘かったのかな。とにかく自分への甘さを反省した1週間でした。

ちょっとした食事制限で野菜の美味しさに気づく

 今回のダイエット法には、「18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)」と「お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)」があり、私的に一番苦しかった「炭水化物や脂質の摂取量見直し」がありました。

 当たり前ですが、食べなければ自然と人は痩せていきます。私は特に食べ過ぎで太っているので、今回のダイエットでは食事制限は必須です。 

 もともとラーメンが好きで、焼肉が大好き。外食を一切しない生活は辛いものがありました。

 食事制限のため、カロリーを一通り見てみます。すると、味が濃いものは総じてカロリーが高いのが分かりました。食物繊維が不足するとお通じに良くないので、極限までお腹が空いた時にサラダや溶き卵(タンパク質)の味噌汁を食べていました。

 夕飯の一汁三菜を昼間に仕上げ、それを一日かけて小分けに食べるイメージです。そうすれば食事バランスは崩れないと思ったのです。結果的にお通じは改善され、コンディションも良くなりました。これまでラーメンなどの塩分を過剰に摂取していたので、薄味にしたおかげで“むくみ”も改善した気がします。

 18時以降は食事禁止にしたけれど、家族の団らんは壊したくないので食卓につきます。どうしても食べたい時はサラダのみを食べて、味噌汁を飲んでいました。味噌汁はベースの味が濃いので満足できます。出汁がきいているから、たくさん食べた後のような満足感も。最初に汁をすすることで満腹感が上がりました。

「炭水化物を一気にやめるのは良くない」と筋肉マニアな友人男性が2名ほど、連絡をくれて教えてくれました(笑)。炭水化物は体のことも考えて最低限とることに。今までお茶碗2杯は食べていたご飯を量って「70g」や、暑い日は体力も奪われるので、介護施設で標準的な白米の量「150g」にして食べました。

 梅干しは酸っぱいので、すごく味覚が刺激されます。それに塩分も適度に取れるのでよく食べました。大好きな海苔の佃煮もご飯がなければ自然にストップ。ご飯を量ることで、「ちょっと少ないかな」と追加でよそうこともなかったです。何事も明確な数字は大事ですね。

仕事中のお菓子代わりと足りない運動は

きゅうりの和え物をお菓子の代用に(写真:東城ゆず)
きゅうりの和え物をお菓子の代用に (写真:東城ゆず)

 フリーライターの仕事をしていると、自宅ということで他人の目がありません。私の場合は、仕事中もパソコンの横のスナック菓子に手が伸びがち。それをキュウリで代用しました。

 噛み応えがあるので、満足感がすごかったです。スライサーでスライスしたきゅうりとツナと梅肉を、マヨネーズと少量の塩で和えたもの。作り置きして、お腹が空いた時にお菓子の代用に食べました。お腹にたまり、梅肉がアクセントになり、自然に間食が減りましたよ。

 近所の人がトウモロコシをくれたりしたので、焼いて醤油をつけて食べました。薄味で慣れたせいか、バターをつけなくても「とうもろこしって、こんなに美味しいの?」と感動したのを覚えています。

運動もちょっとずつ取り入れた

 運動については時間の確保ができなくて、挫折するのが嫌だったので「10分ストレッチと自宅でできる10分筋トレを取り入れる」くらいにしました。朝早く起きた日に体操をしてから、愛犬と散歩に出かけて、目が覚めたところで腹筋や腕立て伏せをしていました。

 腹筋のやり方は、足を宙に浮かせて「あいうえお」と書くことを3回1セット。意外とプルプルして辛いんですよ。上半身は寝たままできるので、ベッドに横になりながらやることもできてオススメです。

妥当? 肝心の体重は「1.3kg」減!

変わったのは体重だけじゃなかった(写真:東城ゆず)
変わったのは体重だけじゃなかった (写真:東城ゆず)

 実はダイエットを開始して2日後には「−2kg」を達成したんです。これはきっと、最初の2日間に「ラーメンが食べられない」のと「太った自分と向き合う」ことで大ショックを受けたから。何もかも食べちゃいけないような気がして、ほぼ絶食でした。

 サラダ中心の生活にして、水分も体重を気にせず飲むようになって、このくらいの減量です。コンディションはすごく良くて、朝の目覚めも快適。さらに肌も綺麗になりました。

 いつも午前中にドリップコーヒーを飲みに行く喫茶店の店員さんに「雰囲気、変わりましたか?」と言われたので、食生活の改善は大きいのでしょうね。

このダイエット方法での総仕上げな1週間!

 ここからの1週間は、以下のダイエット方法の総仕上げとなります。

・炭水化物や脂質の摂取量を見直す
・10分ストレッチと自宅でできる10分筋トレを取り入れる
・お腹が空くまで食べない(無駄な食事を抜くため)
・18時以降の食事を禁止(夜の食事はカロリーが余分になりがち)

 ベースの食生活を見直して苦痛を感じなくなったら、今後に生きてくると思うので、さらに頑張りたいと思います。

 次のダイエット方法も、何かいいものを探したいしワクワクしています。ダイエットが辛くてノイローゼということもないので、今のところは順調ではないでしょうか。

 落とした体重から、さらに来週いい報告ができるように努力していきます! この夏を楽しく過ごすために頑張るライター主婦の実録ダイエット。

 次回は、「公開ダイエット半月! 体重からみる振り返りと次の目標は?」です!体重公開もお楽しみに!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...