「めんたいパスタ風うどん」めんたいこの程よい塩気がクセに

コクハク編集部
更新日:2019-07-16 06:00
投稿日:2019-07-16 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・小岩の立ち飲み屋「カミナリ3ダー」の北岡圭介さんに、おつまみにもシメの一品にもなる「めんたいパスタ風うどん」のレシピを教えていただきました。

余ったソースでもう一品

合うお酒=ビール、サワー、白ワインなど多数(写真:iStock)
合うお酒=ビール、サワー、白ワインなど多数 (写真:iStock)

 酒が進むのは当然として、腹にたまるアテも欲しい……。そんなとき、簡単に作れるのがこのパスタ風うどんです。

 めんたいこが程よい塩加減を演出し、もちもちしたうどんの食感も楽しめます。そこで酒をちびりとやると、もう止まりません。

 さて、うどんを食べ終わると、皿には残ったソースが。飲んべえとしては、このソースも利用したいところですが……。

「それならば、キュウリのスライスはどうでしょうか。ソースと合いますよ」(北岡さん)

 なるほど、さっぱりとしてみずみずしいキュウリなら、塩っ気の強いソースとの相性は抜群です。うどんとは打って変わって、パリッとした食感もいいですね。飲んでいる酒に合わせるのもおすすめ。洋酒ならバゲットも候補に入れても。

「実はホルモン鍋と同じく、めんたいこも山口県発祥。野菜を多めに使って冷製パスタサラダ風にもできます」(北岡さん)

 うどんの食べ方も千差万別ですね。

材料

・袋入りゆでうどん 1玉
・めんたいこ 50グラム
・マヨネーズ 25グラム
・めんつゆ 10グラム
・刻み海苔、小ネギ  少々

レシピ

1. うどんを水で濡らしてから、電子レンジで2分温める(500ワット)。
2. ほぐしためんたいこ、マヨネーズ、めんつゆをボウルで混ぜ、①のうどんをあえる。刻み海苔と小ネギをかけて完成。

本日のダンツマ達人…北岡圭介さん

▽きたおか・けいすけ
 1972年、山口県下関市出身。23歳のとき、地元下関市で居酒屋「かよちゃん」を開き、その後、同じく下関市でバー「大人のドンちゃん」をオープン。現在も故郷で居酒屋「ドンちゃん」を経営する。肉と米の卸も行っており、山口県産の減農コシヒカリ、無農薬コシヒカリなどを販売している。

▼カミナリ3ダー
 オーナーの北岡さんがオープンした立ち飲み居酒屋。立ち飲みという気軽なスタイルながら、フグやクジラなどオーナーが仕入れた下関の食材が名物。鍋も1人前から提供しており、どの鍋も一律500円。JR小岩駅北口から徒歩1分。
東京都江戸川区西小岩1―27―2 箕浦ビル1F
℡050・5283・1828

(日刊ゲンダイ2018年12月28日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM