オールインワン化粧品の正しい使い方!効果upのマル秘テク♪

コクハク編集部
更新日:2019-07-19 06:00
投稿日:2019-07-19 06:00
 忙しい女性に大人気の「オールインワン化粧品」。スキンケアにかかる時間をぐっと減らすことができるので、時短アイテムとしても優秀ですよね。でも実は、オールインワン化粧品には手軽な反面、デメリットもあるんです。最大限に効果を出すために、正しい使い方をマスターしましょう!

オールインワン化粧品とは?メリット&デメリットをチェック!

オールインワン化粧品で時短ケア(写真:iStock)
オールインワン化粧品で時短ケア (写真:iStock)

 まずは、オールインワン化粧品の基礎知識をおさらい!特徴や、メリット&デメリットを見てみましょう。

オールインワン化粧品の特徴

 オールインワン化粧品とは、化粧水・美容液・乳液・クリームなどの基礎化粧品の機能が1まとめになった化粧品です。

 ジェル状やゲル状のものが多いのが特徴で、時間がかかるスキンケアを1度で終わらせることができるのが最大の魅力。美白成分やアンチエイジング成分が配合されているタイプもあり、バリエーションも豊富です。

オールインワン化粧品のメリット&デメリット

 次に、オールインワン化粧品のメリット&デメリットをチェックしましょう。

【オールインワン化粧品のメリット】

・時短ができる

 オールインワン化粧品の1番のメリットはやはり、時短ができることにあります。ラインでスキンケアを行う時間の半分以下で済ませることができるため、仕事やプライベートで忙しい女性や育児中のママにも重宝されています。

・コスパが良い

 基礎化粧品をラインで揃えるとなると費用がかなりかかりますが、オールインワン化粧品であれば、1つ購入するだけで全ての機能が一度で手に入ります。コスパ的にも優秀です。

・肌への負担が減らせる

 スキンケアはどんなに丁寧に行っても、手が肌に触れることで摩擦が起こり、少なからず肌への負担が起こってしまいます。その点、オールインワン化粧品はシンプルケア!肌に触れる時間をカットすることができるのも、メリットの1つでしょう。

【オールインワン化粧品のデメリット】

・個々の基礎化粧品の効果には劣る

 オールインワン化粧品は、化粧水・美容液・乳液などの機能を兼ね備えているとはいえ、やはり個々の基礎化粧品が持つ効果には劣ると言われています。保湿不足だけではなく、シミやシワなどの肌悩みを改善するのは難しいのが現実。対策をすることが肝心です。

・肌のコンディションに合わせにくい

 基礎化粧品を使ったスキンケアの場合には、肌のコンディションに合わせて化粧水を重ね付けしたり、季節によってテクスチャを選ぶなどのアレンジを行うことができます。

 しかし、オールインワン化粧品の場合には、その時々の肌状態に合わせられないというデメリットがあります。無理をして使い続けると、肌トラブルの原因になることもあるため、注意が必要です。

オールインワン化粧品の正しい使い方!効果UPのマル秘テク

美容液でカバー(写真:iStock)
美容液でカバー (写真:iStock)

 オールインワン化粧品を「手軽だから」という理由で使う方は多いと思いますが、せっかくなので、最大限の効果を得られる使い方をマスターしましょう。デメリットを解消する効果UPのテクニック、要チェックです!

重ね付けで保湿不足を解消する

 オールインワン化粧品は肌に等しく伸ばすため、どうしても乾燥しやすい部分が出てきてしまうのが難点。

 顔は、頬や目元、顎などの乾燥しやすい部分と、おでこやTゾーンなどのべたつきやすい部分に分かれています。そのため、乾燥しやすい部分にはオールインワン化粧品を重ね付けして対処するようにしましょう。

 また、秋〜冬など外気が乾燥しやすい季節には、敏感肌用タイプや高保湿タイプに切り替えるなど工夫することで、肌トラブルを予防することができます。

肌悩みがあるなら、美容液でカバー

 オールインワン化粧品の中には「美白」や「エイジング」など、肌悩みに特化している製品もあります。ただし、上記で紹介したように、やはり個々の基礎化粧品が持つパワーには敵いません。

 おすすめは、肌悩みに合わせた美容液でカバーすること!例えば、シミが気になるなら美白美容液を、シワやたるみが気になるのであればエイジングケア美容液を補足することで、肌悩みをケアすることができます。

 ちなみに、他の基礎化粧品と組み合わせて使う場合には、軽いテクスチャのものから使用するのが鉄則。「化粧水→美容液→オールインワン化粧品→クリーム→オイル」と、“水性から油性”を意識して使うようにしましょう。

朝と夜で付け方を変える

 オールインワン化粧品のタイプにもよりますが、保湿重視のものを選ぶとどうしても肌がべたつきがちになります。肌の上でダマができてしまうこともあるため、メイク前に使うと仕上がりが悪くなるという声も。

 このようなメイクのヨレや崩れを予防するためには、朝と夜で付け方を変えることがポイント!

 朝は薄く伸ばすくらいにして、少し時間を置いて成分を浸透させてからメイクを始めるようにしましょう。そして、夜は少し多めの量を塗り、丁寧に重ね付けを行うと潤い不足を予防できますよ。

オールインワン化粧品のメリットを上手に活かすのが◎

メリットを生かして美肌をゲット(写真:iStock)
メリットを生かして美肌をゲット (写真:iStock)

 オールインワン化粧品は、手軽でコスパが良い優秀なアイテム!デメリットはあるものの、工夫して使うことで効果を格段にアップさせることができるんです。

 ちなみに、オールインワン化粧品はジェルやゲルが肌をしっかりラップしてくれるため、パックとして使うこともできます。乾燥がひどい時などには、洗顔後にたっぷりとオールインワン化粧品を塗ってしばらく放置すると、ぷるぷるの肌になるのを感じられるはず。入浴中のスペシャルケアとして、取り入れてみるのも良いですね。

 ぜひ、オールインワン化粧品のメリットを上手に活かして、美肌を目指しましょう♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...