色黒さんが色白になるには? 透明肌を目指すスキンケアのコツ

コクハク編集部
更新日:2019-07-01 06:00
投稿日:2019-07-01 06:00
 透き通るような「色白」の女性って憧れてしまいますよね。でも、中には「もともと色黒だし、美白なんて無理……」なんて、諦めてしまっている方もいるよう。でも実は、色黒さんでも、透明感あふれる白肌を目指すことは可能なんですよ♪ そんなスキンケアのコツ、たっぷりお伝えします!

まずは「色黒」になる3大原因をチェック!

透明感のある肌を目指して(写真:iStock)
透明感のある肌を目指して (写真:iStock)

 そもそもなぜ「色黒」になってしまうのか、まずは、おもな3つの原因を見ていきましょう。

日焼け

 紫外線による日焼けが、色黒になる1番の原因でしょう。紫外線が肌へ与えるダメージは大きいため、肌を守ろうとメラノサイトがメラニン色素を大量に生成。このメラニン色素が蓄積されることで、肌が黒くなってしまうのです。また、学生時代に屋外で部活動をしていた、など、繰り返して日焼けをすることで肌が色黒になる場合もあります。

肌のくすみ

 加齢や不規則な生活習慣による血行不良や、乾燥などの外的刺激による潤い不足、また、肌のターンオーバーの乱れから「くすみ」が発生するのも、色黒に見える原因でしょう。肌全体の透明感が失われてトーンが暗くなってしまうため、どうしても顔色自体がくすんで見えてしまいます。

生まれつきの肌色

 生まれつき肌色が暗めな「地黒」の方もいます。残念ながら、遺伝による色黒の場合には、美白ケアを行っても本来の肌色以上には白くなりにくいと言われています。ただし、透明感を高めて、肌内部からみずみずしい美しい肌を作ることは可能。下記で紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

色黒を改善! 色白&透明肌になるスキンケアのコツ

肌のくすみには角質ケアが有効(写真:iStock)
肌のくすみには角質ケアが有効 (写真:iStock)

 肌のトーンを明るくする「美白ケア」はとにかく根気が必要です。でも、肌の透明感を高めることは、そう難しいことではありません。内側から光り輝くような肌になるスキンケアのコツ、しっかり押さえていきましょう。

保湿ケアをして肌内部の水分量をアップさせる

 肌を美しく保つために、もっとも重要なのが保湿ケア! 肌内部の水分量を高めることで、肌内部から光が反射して「ツヤ肌」と呼ばれる状態を作ることができるのです。美白ケアでは、いかに優れた美容液を使うかが注目されがちですが、実は「化粧水」こそが肌内部の水分量を高めるポイントになります。

 重ね付けを行う&パックを行うのも◎。以前コクハクで紹介した「ハンドプレス美容」(→ハンドプレス美容でもち肌 プチプラ化粧水でも確実に変わる)を、取り入れるのもありですね。化粧水でしっかり肌内部の水分量を高めた後には、乳液やクリームなどの油分で蓋をしてあげるようにしましょう。

角質ケアを定期的に取り入れる

 色黒に見える原因でもある「肌のくすみ」には、角質ケアが効果的。近年ポピュラーになっているのが、ピーリングや拭き取り化粧水による角質ケア。古い角質を優しく除去することによって、肌全体のトーンアップも望めますし、その後のスキンケア製品の浸透率も上がります。

 ただし、過度なピーリングには注意が必要! 古い角質だけではなく、未熟な角質までもが剥がれて肌のターンオーバー周期を乱してしまう可能性があるため、各製品の使用方法をよく読んで無理なく行うようにしましょう。

美白有効成分が入ったスキンケア製品を使用する

 優れた美白有効成分が配合されたスキンケア製品を使用するのも、美白ケアには欠かせないことでしょう。美白有効成分とは、厚生労働省が認めている「メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを抑える」成分のこと。代表的なものには、「ビタミンC誘導体」、「アルブチン」、「トラネキサム酸」、「プラセンタエキス」などがあります。

 ただし、肌がデリケートな方や、肌状態が良くない時に美白有効成分を使用すると、肌への刺激が強く、逆に肌トラブルが発生してしまうケースもあるため、現在の肌状態を確認しながら始めることが肝心です。

徹底したUVケアを行う

 今の色黒の肌をどうにかするケアだけではなく、これ以上「焼かない」ケアを行うのも大切。春〜夏にかけての季節のみUVケアを行う方が多いですが、実は冬場にでも紫外線は降り注いでいるため、1年を通したケアを心がけましょう。

 特に、真夏のUVケアは徹底的に! 日焼け止めだけでは不十分ですので、帽子や日傘、サングラス、アームカバーなどを利用して、肌を守るようにしましょう。

透明感のあるツヤ肌は作れる! トーンアップを目指そう

良質な睡眠と健康的な食事も大切(写真:iStock)
良質な睡眠と健康的な食事も大切 (写真:iStock)

「美白ケア」って、女性の永遠のテーマでもありますよね。でも、「本当の美しい肌」とは、外的刺激に負けない強さ、そして、みずみずしく透明感のあるツヤ肌ではないでしょうか。

 保湿ケアをきちんと行い、UVケアでメラニンを蓄積させないこと。そして何より日々の生活習慣が、将来の美肌を作ります。良質な睡眠・適度な運動・栄養バランスの良い食事、これら全ては健康で美しい体を作るために欠かせないことといっても過言ではありません。たとえ今、色黒肌に悩んでいたとしても、少し先の将来の美肌を作ることは十分可能! ぜひ、透明感のある美肌を目指して、コツコツとケアを続けてくださいね。

ビューティー 新着一覧


あざとい女からメイクテクだけ拝借!“全パーツ”勉強になるわ
 みなさんの周りには計算し尽くされたあざとい女性はいませんか? メイクやファッションだけでなく喋り方や振る舞いまで、あざ...
40代女の“低身長”は武器にもなる! 悩み克服コーデ鉄則5カ条
 低身長な40代女性は、「自分に自信が持てない」「似合う服がなかなか見つからない」と悩みを抱えている人が多いようです。で...
「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...