痩せてる女性がしている6つの痩せ習慣♪ 努力嫌いさん必見!

コクハク編集部
更新日:2019-08-01 06:00
投稿日:2019-08-01 06:00
「何もせずとも痩せられたら……」というのは、多くの女性の願いではないでしょうか? きつい運動や食事制限を毎日するくらいだったら、別に痩せなくてもいいかも? という方もいます。でも、日常生活の中でちょっと意識するだけでスルスルと痩せる、そんな方法があったら試してみたいと思いませんか?

ダイエットの基本は自分の基礎代謝量を知ることから!

年齢とともに体型が変わるのは当たり前だけど(写真:iStock)
年齢とともに体型が変わるのは当たり前だけど (写真:iStock)

 若い頃は特別何もしなくても痩せていたのに、30代を過ぎると太っていく一方……。そんな悩みを抱えている方は多いです。でも、これは当たり前。若い頃と年齢を重ねた体には大きな違いがあるのですから。

「基礎代謝量」とは?

 ダイエットを試みたことがある方は、「基礎代謝量」という言葉を1度は聞いたことがあるでしょう。この基礎代謝量とは、体温を維持したり、呼吸を行ったりと、人間が生きていく時に消費されるエネルギー量のことを言います。この基礎代謝量は10代をピークにしてだんだんと低下する一方。

 エネルギー量の多くは基本的に筋肉で消費されます。そのため、一般的にダイエットと「運動」は切り離せない関係だと言われているんです。

自分の基礎代謝量をチェック!

 自分の基礎代謝量を知っていますか? まずは、ダイエットを行う前に、自分がどれくらい毎日カロリーを消費しているのか、厚生労働省のデータをもとに、チェックしていきましょう。

【10代〜50代女性の基礎代謝基準値】

・18〜29歳……1,210kcal
・30〜49歳……1,170kcal
・50〜69歳……1,110kcal

 このように、年齢が高くなるにつれて基礎代謝量は落ちていきます。だから、いつまでも若い頃の生活習慣を行っていると、何もせずとも太っていく一方なのです。

【ダイエットの極意】消費カロリー>摂取カロリーにすれば良い

 実は「痩せる」って、とても簡単なこと! 理論上では、消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ痩せるということなんですから。

 でも、「じゃあ、食べなければ痩せるんじゃ?」と思う方もいるでしょう。その通り、究極を言えば、食べなければ痩せます。でも、食事量を少なくすると、体の代謝量はさらに低下するため、さらに痩せにくい体になってしまったり、ホルモンバランスを崩して体調に支障をきたしたりということも考えられるので注意が必要です。

代謝アップで痩せ体質をget! 努力要らずの6つの痩せ習慣

体重計に乗って現実を直視する(写真:iStock)
体重計に乗って現実を直視する (写真:iStock)

 スリムな人に限って「特に何もダイエットしていない」って言うんですよね。過度な食事制限や運動をしているわけでもないのに、なぜ痩せている状態をキープできるのか? それには、もともと基礎代謝量が高いことが理由として挙げられるんです。

 そこで、少し意識をするだけで痩せられる、6つの習慣を見ていきましょう。

1. 早起きをする

 1日の中でエネルギーの代謝量が高いのは午前中。早起きをして活動を始めることで血行が促進されて、基礎代謝量がアップするのです。

 早起きが苦手な方にオススメなのが、起き上がる前に体を軽く動かすこと。仰向けになって体を伸び縮みさせたり、ゆらゆらと体を動かしたり、軽い運動でOK。硬くなった筋肉をほぐすと、血行が良くなって代謝アップに繋がります。

2. 無理して食事を摂らない

 朝・昼・晩と3食の食事を摂ることは大切なことです。でも、お腹がさほど空いていないのになんとなくの空腹感で食事をすると、摂取カロリーが多くなるのと同時に、食べたものが脂肪になりやすく、体に溜まりやすくなると言われています。

 痩せている人は満腹感や空腹感にとても敏感。適度な量を本当にお腹が空いている時にだけ食べるため、摂取したカロリーを余すことなくエネルギーに変換させることができるため、太りにくいのです。体と相談しながら無理して食事を摂りすぎないようにするのも、痩せ体質になるポイントでしょう。

3. 毎日体重計に乗る

「現実を見たくなくて、しばらく体重計に乗っていない」という人は非常に多いです。でも、実は、毎日体重計で体重を計ることによって、体重を減らすことができるという研究結果もあるのだとか。

 体重を計る時間は「朝のトイレ後」が◎。毎日の変化をきちんと記録すると、自分がどんな時に太ったのか or 痩せたのかを把握することができるため、痩せやすいタイミングを知ることができたり、体重をキープするモチベーションを維持することができます。

4. よく水を飲む

 痩せている人は、よく水を飲みます。水分の摂取は老廃物を体の外に流したり、女性に多い便秘体質を解消する効果があるため、キレイな体作りにも有効。1日に1.5〜2リットルの水を、小分けにして飲むようにしましょう。

 また、この時冷たすぎる水を飲むのは体を冷やすことになるので、あまりおすすめできません。ちなみに、朝起きてからコップ1杯の白湯を飲むと、内臓を温めて代謝アップをさせることができるそう。ぜひ、試してみてください。

5. お風呂は湯船に毎日浸かる

 入浴時、さっとシャワーで済ませてしまう方は多いと思いますが、ぜひお風呂に毎日浸かってください。入浴は手軽に全身を温めて代謝をアップさせられますし、汗をかくことでデトックス効果も生まれます。

 また、湯船に浸かって筋肉の緊張を和らげると、リラックスを促す副交感神経が優位になります。これによりダイエット中のストレスを緩和したり、その後の効率の良い睡眠に繋げることができますよ。好きな香りの入浴剤やアロマを用意して、お気に入りのリフレッシュ時間にしてみると良いでしょう。

6. ちょっとした運動を行う

 痩せている人は、わざわざジムに通ったり、ジョギングなどを行わなくてもスリムな体をキープしています。もちろん、運動を意識的に行うことは悪いことではありませんが、生活習慣の中で無理なく「ちょっとした運動」を取り入れた方が運動量が多くなるケースもあるのです。

 たとえば、エスカレーターを使わず階段を利用する、仕事の合間に軽くストレッチを行う、ショッピングで歩き回るなど、毎日無理なく体を動かすことが体型維持の秘訣なのです。

上手に体のコントロールができるのがスリムの秘訣かも

時には欲求に素直になることも必要♪(写真:iStock)
時には欲求に素直になることも必要♪ (写真:iStock)

「ダイエットをする!」と決意すると、なぜか食べたくてたまらなくなり、空腹感との闘いが始まります。でも、これがストレスになって暴飲暴食を……そして、ダイエット失敗! という悲しい結末を迎えてしまった経験がある方は多いはず。

 でも、痩せている人は、基本的にあまり「我慢」ということをしません。時には欲求に従って食べたいものを食べて、毎日の生活習慣の中で少しだけカロリーを抑えたり、少しだけよく動いたりして、太った分を上手にコントロールすることができるのです。

 つまりは、自分の体をどう保ちたいのか? を意識することが、体型キープをする大きなポイントになのかも? ぜひ、痩せ習慣を取り入れて、無理せずキレイな体を作ってくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


モード系メイクでクール美人に♡ キレイに仕上げる8つのコツ
 男性ウケを狙う「フェミニン系メイク」も可愛いですが、女性なら誰もが一度はクールでかっこいい「モード系メイク」に憧れた経...
間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...