痩せてる女性がしている6つの痩せ習慣♪ 努力嫌いさん必見!

コクハク編集部
更新日:2019-08-01 06:00
投稿日:2019-08-01 06:00
「何もせずとも痩せられたら……」というのは、多くの女性の願いではないでしょうか? きつい運動や食事制限を毎日するくらいだったら、別に痩せなくてもいいかも? という方もいます。でも、日常生活の中でちょっと意識するだけでスルスルと痩せる、そんな方法があったら試してみたいと思いませんか?

ダイエットの基本は自分の基礎代謝量を知ることから!

年齢とともに体型が変わるのは当たり前だけど(写真:iStock)
年齢とともに体型が変わるのは当たり前だけど (写真:iStock)

 若い頃は特別何もしなくても痩せていたのに、30代を過ぎると太っていく一方……。そんな悩みを抱えている方は多いです。でも、これは当たり前。若い頃と年齢を重ねた体には大きな違いがあるのですから。

「基礎代謝量」とは?

 ダイエットを試みたことがある方は、「基礎代謝量」という言葉を1度は聞いたことがあるでしょう。この基礎代謝量とは、体温を維持したり、呼吸を行ったりと、人間が生きていく時に消費されるエネルギー量のことを言います。この基礎代謝量は10代をピークにしてだんだんと低下する一方。

 エネルギー量の多くは基本的に筋肉で消費されます。そのため、一般的にダイエットと「運動」は切り離せない関係だと言われているんです。

自分の基礎代謝量をチェック!

 自分の基礎代謝量を知っていますか? まずは、ダイエットを行う前に、自分がどれくらい毎日カロリーを消費しているのか、厚生労働省のデータをもとに、チェックしていきましょう。

【10代〜50代女性の基礎代謝基準値】

・18〜29歳……1,210kcal
・30〜49歳……1,170kcal
・50〜69歳……1,110kcal

 このように、年齢が高くなるにつれて基礎代謝量は落ちていきます。だから、いつまでも若い頃の生活習慣を行っていると、何もせずとも太っていく一方なのです。

【ダイエットの極意】消費カロリー>摂取カロリーにすれば良い

 実は「痩せる」って、とても簡単なこと! 理論上では、消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ痩せるということなんですから。

 でも、「じゃあ、食べなければ痩せるんじゃ?」と思う方もいるでしょう。その通り、究極を言えば、食べなければ痩せます。でも、食事量を少なくすると、体の代謝量はさらに低下するため、さらに痩せにくい体になってしまったり、ホルモンバランスを崩して体調に支障をきたしたりということも考えられるので注意が必要です。

代謝アップで痩せ体質をget! 努力要らずの6つの痩せ習慣

体重計に乗って現実を直視する(写真:iStock)
体重計に乗って現実を直視する (写真:iStock)

 スリムな人に限って「特に何もダイエットしていない」って言うんですよね。過度な食事制限や運動をしているわけでもないのに、なぜ痩せている状態をキープできるのか? それには、もともと基礎代謝量が高いことが理由として挙げられるんです。

 そこで、少し意識をするだけで痩せられる、6つの習慣を見ていきましょう。

1. 早起きをする

 1日の中でエネルギーの代謝量が高いのは午前中。早起きをして活動を始めることで血行が促進されて、基礎代謝量がアップするのです。

 早起きが苦手な方にオススメなのが、起き上がる前に体を軽く動かすこと。仰向けになって体を伸び縮みさせたり、ゆらゆらと体を動かしたり、軽い運動でOK。硬くなった筋肉をほぐすと、血行が良くなって代謝アップに繋がります。

2. 無理して食事を摂らない

 朝・昼・晩と3食の食事を摂ることは大切なことです。でも、お腹がさほど空いていないのになんとなくの空腹感で食事をすると、摂取カロリーが多くなるのと同時に、食べたものが脂肪になりやすく、体に溜まりやすくなると言われています。

 痩せている人は満腹感や空腹感にとても敏感。適度な量を本当にお腹が空いている時にだけ食べるため、摂取したカロリーを余すことなくエネルギーに変換させることができるため、太りにくいのです。体と相談しながら無理して食事を摂りすぎないようにするのも、痩せ体質になるポイントでしょう。

3. 毎日体重計に乗る

「現実を見たくなくて、しばらく体重計に乗っていない」という人は非常に多いです。でも、実は、毎日体重計で体重を計ることによって、体重を減らすことができるという研究結果もあるのだとか。

 体重を計る時間は「朝のトイレ後」が◎。毎日の変化をきちんと記録すると、自分がどんな時に太ったのか or 痩せたのかを把握することができるため、痩せやすいタイミングを知ることができたり、体重をキープするモチベーションを維持することができます。

4. よく水を飲む

 痩せている人は、よく水を飲みます。水分の摂取は老廃物を体の外に流したり、女性に多い便秘体質を解消する効果があるため、キレイな体作りにも有効。1日に1.5〜2リットルの水を、小分けにして飲むようにしましょう。

 また、この時冷たすぎる水を飲むのは体を冷やすことになるので、あまりおすすめできません。ちなみに、朝起きてからコップ1杯の白湯を飲むと、内臓を温めて代謝アップをさせることができるそう。ぜひ、試してみてください。

5. お風呂は湯船に毎日浸かる

 入浴時、さっとシャワーで済ませてしまう方は多いと思いますが、ぜひお風呂に毎日浸かってください。入浴は手軽に全身を温めて代謝をアップさせられますし、汗をかくことでデトックス効果も生まれます。

 また、湯船に浸かって筋肉の緊張を和らげると、リラックスを促す副交感神経が優位になります。これによりダイエット中のストレスを緩和したり、その後の効率の良い睡眠に繋げることができますよ。好きな香りの入浴剤やアロマを用意して、お気に入りのリフレッシュ時間にしてみると良いでしょう。

6. ちょっとした運動を行う

 痩せている人は、わざわざジムに通ったり、ジョギングなどを行わなくてもスリムな体をキープしています。もちろん、運動を意識的に行うことは悪いことではありませんが、生活習慣の中で無理なく「ちょっとした運動」を取り入れた方が運動量が多くなるケースもあるのです。

 たとえば、エスカレーターを使わず階段を利用する、仕事の合間に軽くストレッチを行う、ショッピングで歩き回るなど、毎日無理なく体を動かすことが体型維持の秘訣なのです。

上手に体のコントロールができるのがスリムの秘訣かも

時には欲求に素直になることも必要♪(写真:iStock)
時には欲求に素直になることも必要♪ (写真:iStock)

「ダイエットをする!」と決意すると、なぜか食べたくてたまらなくなり、空腹感との闘いが始まります。でも、これがストレスになって暴飲暴食を……そして、ダイエット失敗! という悲しい結末を迎えてしまった経験がある方は多いはず。

 でも、痩せている人は、基本的にあまり「我慢」ということをしません。時には欲求に従って食べたいものを食べて、毎日の生活習慣の中で少しだけカロリーを抑えたり、少しだけよく動いたりして、太った分を上手にコントロールすることができるのです。

 つまりは、自分の体をどう保ちたいのか? を意識することが、体型キープをする大きなポイントになのかも? ぜひ、痩せ習慣を取り入れて、無理せずキレイな体を作ってくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...