たるみ毛穴対策は化粧品頼みではダメ!30代からの必須ケア

コクハク編集部
更新日:2019-07-27 06:27
投稿日:2019-07-27 06:00
 年代問わず、多くの女性の悩みである「毛穴トラブル」。その中でも、もっとも改善しにくく見た目にも気になるのが、30代から発生しがちな「たるみ毛穴」ではないでしょうか?でも、たるみ毛穴は普通の毛穴トラブルとは違って、化粧品では改善させにくいのが難点!そこで、今すぐ始めるべき必須ケアをご紹介します♪

たるみ毛穴はなぜ発生する?改善策はある?

ちゃんとケアしてるのに毛穴が目立つ…(写真:iStock)
ちゃんとケアしてるのに毛穴が目立つ… (写真:iStock)

 まずは、たるみ毛穴がなぜ発生するのか、そのメカニズムについてチェックしていきましょう。

たるみ毛穴の特徴

 たるみ毛穴は、30代以降に見られがちな毛穴トラブルです。加齢やスキンケア不足による肌の劣化によって、肌内部のコラーゲンなどの物質が減ることによって起こります。

 見た目には毛穴が縦方向に開いている状態で、おもに鼻から頬にかけて目立つ傾向にあります。しずく型に見えることから「涙形毛穴」と言われることも。

たるみ毛穴は化粧品のケアだけでは改善しにくい

 毛穴トラブル対策として、スキンケアに力を入れる方は多いでしょう。たとえば、毛穴に皮脂や角栓が詰まった詰まり毛穴や、角栓が酸化によって黒くなった黒ずみ毛穴は、正しい洗顔やピーリングを行うことで比較的改善しやすいとされています。

 しかし、たるみ毛穴の大きな原因は「加齢」。肌の土台となる脂肪や筋肉がだんだんと衰えることによって発生するため、どんなに肌外部からケアを行っても、根本的なたるみは改善されにくいのです。

【肌内部からのアプローチ】たるみ毛穴を改善させる必須ケア

プロの施術にうっとり(写真:iStock)
プロの施術にうっとり (写真:iStock)

 誰にでもやってくる加齢の波。たるみ毛穴が発生するのは、ある程度は仕方がないこととも言えますね。でも、できたからといって諦めるのはまだ早い!そこで、根本的にたるみ毛穴を改善させる肌内部からのアプローチ方法をご紹介します。

頭皮ケアを行う〜頭皮マッサージ

 どんなにたるみ毛穴対策をしても思うように改善されないという方は、頭皮に目を向けてみましょう。実は顔と頭の筋肉は皮一枚で繋がっているため、頭皮のゆるみが顔のたるみを引き起こし、結果としてたるみ毛穴の原因になっている可能性があります。

 さまざまな頭皮ケア方法がありますが、手軽にできるのが頭皮マッサージ。血行を促進させて肌の弾力をキープしてくれるため、たるみ毛穴だけではなく、小顔効果、シワやほうれい線の予防にも効果的です。そこで、隙間時間にできる、簡単な頭皮マッサージの方法をお伝えします。

頭皮マッサージ方法①:生え際

1. 人差し指・中指・薬指・小指の腹を使って、髪の生え際から頭皮を持ち上げるようにほぐしていきます。少しずつ位置を変えながら満遍なく行いましょう。
2. 全体がほぐれたら、頭頂部へと引っ張り上げて20〜30秒キープします。

頭皮マッサージ方法②:側頭部

1. 小指をもみあげあたりに、親指を耳の後ろあたりに置きます。
2. 5本の指の腹で頭頂部に向かって、側頭部をゆっくりと引き上げます。(5回程度)

 セルフケアはもちろん、時々はプロの手を借りるのもおすすめ。美容室でのヘッドスパコースを利用して、リフレッシュすると段違いの効果を感じることができます。

表情筋を鍛える〜顔トレ

 顔には、目や口などを動かす30以上もの「表情筋」があります。表情筋とはその名の通り、人の表情を作るためには欠かせないもの。しかし、表情筋は通常の生活においては、なんと30%ほどしか使われていないとも言われています。

 使われない表情筋は、加齢などの影響でやがて衰えていきます。これが、たるみやシワなどの原因になってしまうのです。

 でも、表情筋は筋トレを行うことによって、鍛えることが可能!思い切り笑ったり、口角を上げて話したりするのを意識するだけでも引き締め効果が期待できますが、今回はより効率良くたるみ毛穴にアプローチしてくれる表情筋トレーニングをご紹介します。

表情筋トレーニング①

1. 口を軽く開きます。この時、上下の歯をくっつけないように意識しましょう。
2. 思い切り「い」の口を作って、5秒キープ。ゆっくりと元に戻します。

表情筋トレーニング②

1. 頬が伸びるように、口を「お」の形に開きます。
2. そのまま、目の下の三角ゾーンまで頬筋を持ち上げるようなイメージで、口を「あ」の形にします。

【肌外部からのアプローチ】たるみ毛穴に効く化粧品

収れん化粧品をプラス(写真:iStock)
収れん化粧品をプラス (写真:iStock)

 続いて、肌外部からのアプローチ方法!たるみ毛穴を改善させる化粧品をチェックしていきましょう。

収れん化粧品を使用する

 収れん化粧品とは、肌を引き締める作用を持つ化粧品のことを言います。毛穴を引き締めて皮脂を抑える効果に優れているため、毛穴トラブルだけではなくニキビの改善にも有効。普段のスキンケアアイテムにプラスして使えるため、手軽に使えるのもメリットです。

 収れん化粧品の中にはアルコール(エタノール)が含まれていて、すっと清涼感のあるタイプも多くありますが、肌の乾燥から肌トラブルを引き起こす可能性も。そのため、できれば保湿成分が配合されているタイプのものを選ぶようにしましょう。

肌の弾力やハリをアップする化粧品を選ぶ

 上記でご紹介したように、たるみ毛穴は加齢が原因で発生している場合が多いです。そのため、肌の弾力やハリをアップすることができる成分が配合された化粧品を選ぶのが◎。

 近年、注目されているのは、肌にしっかり浸透して引き締める「ビタミンC誘導体」、肌の弾力ケアができると話題の「レチノール」。この2大成分は、エイジング対策としておすすめです。

たるみ毛穴は肌内部&肌外部からのWアプローチを♪

毛穴のリフトアップで若々しい肌をキープしよう(写真:iStock)
毛穴のリフトアップで若々しい肌をキープしよう (写真:iStock)

 たるみ毛穴は放置していると、毛穴が帯状のように連なる「帯状毛穴」へと悪化してしまいます。シワのように見えてしまうため、一気に老けを感じさせる原因に。

 たるみ毛穴だと気付いた時が勝負!化粧品頼みにせずに、ぜひ肌内部&肌外部からのWアプローチを根気良く続けて、毛穴のリフトアップを目指してくださいね♪

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...