念願の減量へ!ダイエットは健康にカロリーを消費してこそ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-08 11:36
投稿日:2019-08-09 06:00
自分に合った痩せ方を模索中(写真:iStock)
自分に合った痩せ方を模索中 (写真:iStock)

 ベスト体重は157cmで41kgと、すごく痩せていました。「もうちょっと太った方が、女性としてはタイプ」と男性に言われたこともあるくらい。我ながら当時の私は「羨ましいボディ」です。ところが、そこから少しずつ、ふくよかになった私。ついには、この半年で15kg太るという大失態。体重計に表示されている数字は、目を疑った「70.3kg」……!? ふくよかでは済まされないレベルになってしまいました。

 最初の方は、うまくいってたダイエットも、大きくリバウンドしたり、安定しなかったりとダイエットの停滞期に突入。それでも「まだ20代半ばなんだから、オシャレもしたい」し、子供の友達には「可愛いママだね」って言われたい。そんな必死な思いから、ダイエットを開始しました。ダイエットでありがちな間違った知識も、仲良くなったインストラクターさんに指摘してもらいつつ、奮闘しているところです。

 これは、日々新しいダイエットに取り組みながら、自分に合った痩せ方を模索する主婦ライター“東城ゆず”のリアルなダイエット記録です。

「運動が嫌い=デブ」ではない

実はハードな弓道(写真:iStock)
実はハードな弓道 (写真:iStock)

「よく太っていると『運動ができなさそう』と言われる」と話していたのは、今の私と同じような”ぽっちゃり”な女性。5年前の当時「50kg」の私は、人ごとのように聞いていました。彼女は「動ける方のデブだけどね!」と言いました。唐突に聞かされたので「デブの中でも、カテゴライズがあるらしい」とだけ感じたのを、懐かしく思い出します。

 時が経って、5年ほど――。ようやく彼女の言っていた言葉が理解できました。今の私は、彼女の言葉を借りていうのなら「動ける方のデブ」でしょう。太っていることで、動きが鈍く見られるのでしょうか。特別、運動が嫌いではないのに「運動しないから太るんだよ」と、近所の人に叱られたりします(笑)。

 太ってみてわかったのですが、「デブになったのは、運動が嫌いだからでしょ」と、世間は言いたいようです。なるほど、それで「動ける方のデブ」と彼女は言ったのか。なぜか彼女がちょっと怒り口調だったのは、デブになると“世間の風当たりの強さ”というもので、「そうじゃないから」と否定したい感情からくるのだと悟ったのでした。

 私は運動に関しては、小さい時から習い事をしてました。スイミングスクールでは、一時間はほぼ泳ぎっぱなしなこともあったり、弓道では市大会に入賞したこともあります。「弓道って、筋肉を使う?」と、私の体型を見てツッコミを入れる人がいますが、弓を引いている時は腕にかなりの負荷がかかります。所作に関しても、中腰だったりと筋力を要するので、弓道も立派なスポーツだと思っています。

 さらに弓道場までは遠く、袴を着て自転車に跨るわけにはいかず、道場まで歩いて行っていたので、片道2kmは歩いていました。帰ってからも、腹筋にスクワットとランニングを欠かしませんでした。子供を出産してからも、介護士の仕事をした後に、寝かしつけた後に隣町まで片道3kmのジョギングをしたりと、私は決してスポーツが嫌いではありません。

 確かに食べる量が多いから“人並み以上に運動しなくてはいけない”のは否めないですが……。

運動が好きということを再確認した1週間だった

トレーニングルームは良心的価格(写真:iStock)
トレーニングルームは良心的価格 (写真:iStock)

 そこまでスポーツが好きなら、「ジム通いをすべきだった」と聞こえてきそうです。私は、子供が生まれてからも、ジムに通っては水泳やランニングマシーンを使った運動をしていました。しかし、ジムは多くの場合が月極料金です。子供が急な発熱をした時や、兼業主婦だとまとまった時間を取るのが難しく「会費がもったいないなぁ」と思い始めたのが、ジムを退会したきっかけです。

 それから夜に走るようになったのですが、天候に左右されたり夜道を走ることで怖い思いをしたりで、諦めてしまいました。女性一人で早朝や深夜に公道を走ることは防犯上、私はオススメできません。

 前回の記事「安定しない体重にイライラ! ダイエットの正しい知識とは?」で触れたように、運動をダイエットに取り入れると決めた私。ジムに行ける時間が確立していないので、月極の民間がやるジムではなく、市が健康促進のために運営しているトレーニングルームに通うことにしました。1日単位誰でも利用でき、利用料も数百円と嬉しい価格です。

 そこで1時間で5.5km走ったり、トレーニング器械を使って筋肉にアプローチをしていると、「やっぱり私は運動するのが好きなんだなぁ」と感じられました。音楽を聴きながら、アップテンポで走っていると、やはり最高に心地いいのです。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...